カードローン審査を徹底解説!

審査に通るカードローンキャッシングカードローンキャッシングを徹底比較!!即日融資、多重債務のおまとめ、高金利でつらい…など、あなたのお悩みを即座に解決!

どこもお金借りれない!?カードローン審査の内容とは?

カードローン 審査 内容

カードローンを利用しようとして申し込みをするがなかなか審査に通る事が出来ずお金を借りる事が出来ないといった事でなやんでいるといった方はたくさんいるのではないでしょうか。

カードローンの審査に落ちてしまうというのには何か原因があるという事ですが審査に落ちた際その理由というのは教えてもらう事は出来ません。

ですので自分がなぜ審査に落ちてしまったのかといった事がわからないといった方はたくさんいるのではないでしょうか。

またカードローン審査では各カードローン会社が審査の基準というものは公表してはいませんが各カードローン会社によって審査の厳しさだったり甘さというのは変わってくるようです。

もちろん絶対に審査に通るなどといったカードローンはありませんがそういった審査が甘めだと言われているカードローンをチョイスする事でカードローン審査に通る確率を上げるといった事は出来るのではないでしょうか。

適当にカードローンを選んで申し込んでしまっても後々後悔する事になる可能性はとても高いです。

カードローン審査では申込数だったり契約件数というのも審査のないように関わってきますので申し込みをする前にカードローンの商品情報を調べ慎重に申し込みをするカードローンを選ぶといった事が重要となります。

今回は今までカードローン審査になかなか通る事が出来ないといった方達の為にカードローン審査に落ちてしまった時に考えられる要因やカードローン審査とはどのような内容なのかといった事を解説していきたいと思います。

目次
  1. カードローン審査とは
    1. ─カードローン審査の目的
    2. ─何を見られるのか
  2. カードローン審査に通らない理由
    1. ─属性
    2. ─信用
  3. 審査が甘いカードローンはあるのか
    1. ─カードローンの種類
    2. ─審査に通りやすいのは

カードローン審査とは?

カードローン 審査とは?

それではまずカードローン審査とは何なのかといった事を紹介していきたいと思います。

初めてカードローンに申し込みをするといった方の中にはそもそもカードローン審査とは何の為に行われるものなのかといった事がわからないといった方もいるのではないでしょうか。

カードローン審査ってなぜ行われるの?

まずはカードローン審査とは何の為に行われるのかといった事を説明していきたいと思います。

カードローン審査とはカードローンに申し込みをした際カードローン会社が申込者に本当にお金を貸しても大丈夫なのかといった事を調べるといった事です。

カードローン会社としても返済能力のない人にお金を融資するわけにもいかないのでカードローン審査をするといった事はとても大事なことだという事になります。

ですので審査なしでキャッシングが可能などといった業者があったらそれは危険な業者ですので気をつけましょう。

カードローン審査ってどんな事を見られるの?

カードローン審査では大きく分けて2つの項目によって審査が行われるようです。

その2つとは「属性による審査」「信用度による審査」の2つです。

「属性による審査」とは申込者の本人情報だったり、勤務先の情報(雇用形態や役職、職種など)、住居の情報(住居が持家か否か、家賃の支払いがあるのか、居住年数など)といった項目の審査が行われます。

「信用度による審査」というのは申込者が過去にカードローンやクレジットカードなどを利用していて返済の際に延滞や滞納などをしていないかといった事や現在申込者は他のカードローンから借入をしているのか(借入金額や借入件数)といった事を調べる審査でございます。

カードローン審査では大きく分けてこの2つの項目で審査が行われるようです。

カードローン審査に通らない理由って?

カードローン審査 通らない 理由

今までカードローンに申し込みをしていきたがなかなか審査に通る事が出来ず、カードローン審査に落ち続けているといった方もいるのではないでしょうか。

ここではカードローン審査に落ちてしまったといった際にどのような事が原因として考えられるのかといった事を解説していきたいと思います。

属性による審査で落ちてしまった場合に考えられる理由

まず最初に属性による審査で落ちてしまったといった時に考えられる要因について説明していきたいと思います。

●収入がない

まずカードローンに申し込みをする際に大前提として「継続した安定した収入」がある事といった条件があります。

これはどこのカードローンでも共通して言えることで現在無職であるといった方やフリーランスの仕事などをしていて毎月安定した収入があるといった訳ではないといった方はカードローン審査に通るといった事は非常に難しいと言う事が出来ます。

ですので年収が低かったとしても安定した継続的な収入があれば審査に通る事も出来るようです。

●勤続年数が短い

勤続年数が短か過ぎるといった場合審査に通るのは難しいという事が出来ます。

一般的に言われているのが勤続年数が1年未満だといった場合審査に通らない可能性が高いようです。

勤続年数は長い方が有利になっており短いとすぐに辞めてしまう可能性がある為審査に落ちやすくなるようです。

ただこれは短いからといって絶対に落ちてしまうといった訳ではありません。

勤務期間が短いといった場合には審査に通りやすいと言われているカードローンに申し込みをするようにしましょう。

●勤続年数が短い

属性による審査では住居の情報や居住年数も審査に関わってくるようです。

住居形態では公営住宅<賃貸<官舎・社宅<家族名義の持ち家<本人名義の持ち家の順で審査の際の有利さが変わってきます。

こちらの住居形態は申込者の経済状況をある程度知る事が出来るのとあとは夜逃げされる危険性がないかといった事も調べる事が出来ます。

また居住年数は勤務期間と同じで長ければ長いほど審査に有利となるようです。

ですので公営住宅にお住まいで居住年数が1年未満などであるといった場合審査に落ちてしまう可能性があるという事が言えるようです。

●雇用形態

カードローン審査では雇用形態によっても審査の通りやすさというのは変わってくるようです。

雇用形態はアルバイト<派遣社員<契約社員<正社員といった順番で審査の通りやすさが変わってきます。

ですがアルバイトでもキャッシングをする事が出来るカードローンもたくさんあります。

ですのでアルバイトだからといった理由だけでカードローンの審査に落ちてしまうといった事はないようです。

アルバイトだと多額の融資が難しくなったり審査に不利になってしまうといった事があるようです。

信用による審査で落ちてしまった場合に考えられる理由

次に信用による審査で落ちてしまったといった場合に考えられる要因を解説していきたいと思います。

●過去に滞納・延滞や金融事故を起こしたことがある

過去に他のカードローンやクレジットカードなどの返済で滞納や延滞 をした事があるといった場合や踏み倒しや夜逃げなどといった金融事故 を起こした履歴が残っているといった場合カードローン審査に通るのはほぼ不可能だという事が出来ます。

こういった信用情報は信用情報機関によって各カードローン会社と共有されていますのでカードローン審査の際にカードローン会社は調べる事が出来てしまいます。

●現在他社からの借入が多い場合

カードローン申し込みをした際、申し込み者の他社からの借入額が多いといった場合審査に落ちる可能性が高くなるようです。

それは他社からの借入額が多くさらに申し込みをしたといった事は相当お金に困っている多重債務者である可能性が高いと判断されてしまうからだという事のようです。

またカードローンには総量規制といった法律があり消費者金融などの金融業者は申込者に対して年収の3分の1以上の融資をしてはいけないといった法律があります。

ですので消費者金融などの貸金業者に申し込みをした場合すでに他社から年収の3分の1以上 の融資を受けているといった場合審査に通る事はないという事が出来るようです。

●他社からの借入件数が多すぎるといった場合

カードローン審査の際他社からの借入件数が多いといった場合審査に通る可能性が低くなるようです。

借入件数が多いというのは多重債務者であるという事が出来ますのでカードローン審査に通るのが難しくなるという事のようです。

また借入件数が多いといった場合カードローンの限度額をアップする事が出来ずに別のカードローンに申し込みをしているといった事になりますので信用度が低いと判断されてしまうといった事になるようです。

●短期間のうちに何社ものカードローンに申し込みをしているといった場合

カードローン審査では申込ブラックという言葉が良く使われています。

申込ブラックとは短期間の間にたくさんの申し込みをしていると審査に通らなくなるといった事の事です。

短期間にたくさんの申し込みをしているという事は他社のカードローンの審査に落ち続けているという事を意味しますので申込者に何か問題があると思われてしまうという事です。

カードローン審査ではそういった申し込み情報などもわかってしまいますのでカードローンに申し込みをする際はしっかと申し込みをするカードローンを選ぶといった事が大事になるようです。

カードローン審査で審査に落ちてしまうといった場合これらのような原因が考えられるようです。

申し込みをする前にこのような条件に該当していないかをチェックしてもし該当している場合対処できるものは対処してからカードローンに申し込みをする事でカードローン審査に通る確率をアップさせてからカードローンに申し込みをするというのも一つの手段かもしれません。

カードローン審査が甘いカードローンってあるの?

カードローン 審査 甘い

ここではカードローン審査になかなか通る事が出来ないといった方でどのカードローンなら審査に通りやすいのかといった事を知りたいといった方は多いと思いますのでそういった方達の為にカードローン審査が甘いカードローンはあるのかといった事を解説していきたいと思います。

まずカードローンにはどんな種類があるの?

まずはカードローンにはどのような種類があるのかといった事を解説していきたいと思います。

カードローンは大きく分けて3つのタイプに分類する事が出来ます。

それはこの3つです。

・銀行カードローン

・消費者金融カードローン

・信販系カードローン

大きく分けるとこの3つに分類する事が出来ます。

銀行カードローンはその名の通り銀行が手がけるカードローン商品の事を指します。

消費者金融カードローンはアコムやプロミスなどといった個人への貸し付けを専門として行っている貸金業者の事を指します。

信販系カードローンはクレジットカード会社などの信販系の会社が手がけるカードローンのことを指します。

それぞれのタイプでざっくりですが特徴が異なるようです。

審査に通りやすいのは消費者金融カードローン!

カードローンの中で比較的審査に通りやすく審査が甘めだと言われているのが消費者金融カードローンです。

銀行カードローンは審査は厳しめですが金利は低いと言われていて、消費者金融カードローンは審査は甘めですが金利が高いです。

ですのでとにかく金利の低いカードローンを探しているといった方には消費者金融カードローンはおすすめ出来ませんがカードローン審査になかなか通る事が出来ずとにかく審査の通りやすさを重視するといった方には消費者金融カードローンがおすすめ出来ます。

ですのでカードローンへの申し込みを検討中でとにかく審査に通りやすいカードローンをお探しだといった方は消費者金融カードローンへの申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事