カードローン審査を徹底解説!

審査に通るカードローンキャッシングカードローンキャッシングを徹底比較!!即日融資、多重債務のおまとめ、高金利でつらい…など、あなたのお悩みを即座に解決!

お金借りれるのは何歳から?カードローンの申し込み資格とは

お金を借りたいと思うのは、何も大人だけではありません。

子供でも未成年でもお金を欲しいと考える人ははたくさんいるでしょう。

ですが、未成年がカードローンを使った…なんて話はあまり耳にしないような気がしませんか?

カードローンをはじめとしたお金を借りる方法や申し込み資格について、今回は「年齢」も重視しながら紹介していきたいと思います。

カードローンには年齢制限があるのか?

お金を借りる際、誰でも知人から借りられる訳ではありませんよね。

むしろ知人にお金を借りるのは、「今後の付きあい・人間関係」を考えると意外とハードルが高いと感じる人も多くいらっしゃるでしょう。

そこで便利なのがカードローンです。

一般的にお金を借りる=カードローンを利用する、という概念もずいぶん根付いてきました。

私たちの生活の中でも非常に身近となったカードローンですが、明確な年齢制限はあるのでしょうか?

カードローン各社の年齢制限をチェック

まずはカードローンを取り扱って金融業者の中から、明確な年齢表示があるものをいくつかピックアップしてみました。

カードローン年齢制限に関する記載
プロミス年齢20~69歳
アコム20歳以上
アイフル満20歳以上69歳まで
SMBCモビット年齢満20歳以上69歳以下
三井住友銀行カードローン満20歳以上満69歳以下
みずほ銀行カードローンカードローン契約時の年齢が満20歳以上66歳未満

※各社ホームページ等に記載されている通りの表示

大手消費者金融、また銀行カードローンもそれぞれ複数チェックしましたが、チェックしたところはすべて「年齢制限」に関する記載が明示されていました。

上限については差がありますが、各社とも下は「20歳以上」であることが条件。 基本的にカードローンの利用について、未成年は不可と考えて良いでしょう。

もちろん規模の小さな金融業者では未成年への融資を認めるところもあるかもしれません。

しかし、信頼性と安心度が高い大手金融業者以外からの借入は、利息や契約内容に思わぬ落とし穴が潜んでいるケースも少なくないのです。

悪質なキャッシング業者につかまってしまうと、金銭的にも精神的にも大きなリスクを背負う可能性があることを覚えておいてください。

総合的に判断して、未成年のうちはカードローン利用を諦めるのが賢明な判断だと考えて良いと思います。

20歳以下にカードローン制限がかけられる理由

ではなぜ、各社20歳以下のカードローン利用を認めていないのか?

まず大前提としてこれは、「法定代理人である親の同意を得ないで未成年者は借金を出来ない」という取り決めがあるからです。

それでも万が一未成年者が親の同意なく借金をした場合…

親もしくは本人である未成年者は、後からその借金を取り消すことが出来ると決まっています。

そう。貸す側からすれば、「未成年者への貸し付けはハイリスクすぎる」為、カードローン各社は20歳以上という年齢制限を設けているのです。

そもそも未成年、つまり19歳以下の年齢と言えば学生や親の扶養を受けている者が大半。

「計画的な利用」が大前提となるカードローンにおいて、未成年者は自分でお金を管理するだけの能力が低い存在であるとも言えるでしょう。

たとえ働いて収入を得ていたとしても、まだまだ「自分のお金を管理する歴が浅い」未成年者にキャッシングを認めないのは当然と言えるかもしれません。

貸したお金を確実に返す、いわゆる返済能力を十分に有した者だけにキャッシングは認められることを大前提として覚えておきましょう。

カードローンの申し込み資格や必要な書類をチェック

ではカードローンの年齢制限ついて触れたところで、このまま申し込み資格や必要なものについての紹介も行いたいと思います。

キャッシングを利用するには大前提として申し込み資格を有していること。

更には審査を通過して初めて利用が可能となりますので、ぜひここでチェックしておいてください。

申し込み資格について

年齢と同じく、カードローンでは「収入」が原則申し込み資格に含まれています。

ここでも先ほどと同じく、収入に関する各カードローン業者の記載を一覧で見ていきましょう。

カードローン収入に関する記載
プロミス安定した収入のある方
アコム安定した収入と返済能力を有する方
アイフル定期的な収入と返済能力を有する「給与所得者、自営業者、パート・アルバイト、派遣・出向・嘱託社員、主婦(専業主婦除く)、学生」の方
SMBCモビット安定した定期収入のある方
三井住友銀行カードローン原則安定したご収入のある方
みずほ銀行カードローン安定かつ継続した収入の見込める方

※各社ホームページ等に記載されている通りの表示

見て分かる通り、ただ単に収入を得ているかだけでなく、「安定」や「定期的」という文言が必ず盛り込まれています。

これはつまり、「継続的に返済を続けられるだけの収入があるか」を基準にしていると捉えて良いでしょう。

要するに、日雇い労働などにより単発の収入を得ても、それは申し込み資格を有しているとはみなされないのです。

※日雇い労働でも定期的に収入を得ている場合は異なる。

とはいえ、働いたお金で毎月の生計を立てている人なら基本的に申し込み資格アリとみなされるはずですから、それほど心配する必要ありません。

申し込み時に必要な書類

基本的にどんなカードローンでも本人確認書類は必ず必要になります。

ちなみにその中でも、「運転免許証」と「パスポート」は単独で本人確認書類と認められやすい書類になります。

どちらとも必要になる個人情報が記載されているだけでなく、「顔写真」がついているからです。

なり済ましによる借入を防ぐためにも、近年カードローンでは顔写真付きの身分証明証が本人確認書類として重宝される傾向がありますので、上記を所持している方はどちらかを用意するようにしましょう。

もちろん両方とも所持していない方でも、各社の定める本人確認書類を用意すれば問題ありません。

※例:プロミスの本人確認書類

プロミス 申し込み 本人確認書類

ご覧の通り、写真がついていない身分証明書では複数の提示を求められるケースが多いので、事前にチェックしておくようにしましょう。

また、他社からの借入金額次第では、収入証明書類の提示が必要になるケースもありますのでこちらも併せてチェックしておくことをおすすめします。

審査基準を元に信用情報を事前に確認しておこう

さて、申し込みの準備が整ったとなると、いよいよ申し込んでから審査に…

といきたいところですが、焦りは禁物です。

審査は受けてみないと分からない

そのように考えている方も少なくないように思いますが、実は最低限のセルフチェックは可能です。

つまり事前に「審査に不利な情報はないか」チェックすることが可能な訳ですね。

カードローン審査では何を見られるのか?

当然ながらあらゆる情報を基に審査は行われることになりますが、それでも「重要視される判断材料」は存在します。

ずばり、信用情報です。

極端な話、この信用情報が元で審査に落ちるケースも沢山あります。

ではまず肝心の信用情報について、以下の記載に目を通してください。

“信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。

近年、クレジットカードを利用して買い物をしたり、ローンを利用して自動車を購入するなど現金を使わずに支払をすることが増えてきています。 このように現金を使わずに「個人の信用(期日までにお金を支払うという約束)」にもとづく取引を「信用取引」といいます。

そして「個人の信用」を客観的に表した情報が「信用情報(※)」です。

信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。 信用情報は、皆さまの「信用力」を表す唯一の情報であり、「個人の信用」にもとづくサービスの提供を希望する際に大切な情報です。

※思想・信条・趣味などのセンシティブ(機微)な個人情報は、信用情報に含まれません。 ”

※一部抜粋 引用元:JICC(日本信用情報機構)

上記は信用情報を管理する第三者機関、JICCのサイト内にある記述です。 信用情報とはつまり、「個人のお金に関する経歴が詰まった情報」だと考えてください。

そしてこの信用情報は各企業が個々で管理するのではなく、JICC含めた日本に3つ存在する「信用情報機関」が管理しています。

カードローン審査時には、この信用情報機関に申込者の情報照会を行い、審査の判断材料とするのです。

信用情報の重要性

ではなぜ信用情報が審査において大きな意味を持つのか?

仕組みは何も難しくありません。

カードローンの審査とは要するに、「借りたお金を返す人、返せる人であるか」を見極める行為。

となると、過去にそれこそ借金を踏み倒した等の事実があれば、「借りたお金を返さない人」とみなされ審査を通過することも難しくなります。

ですから信用情報の中に、

借入金の長期滞納

返済の遅延を何度も行っている

債務整理している

複数他社からの借入件数が多すぎる(主に3件以上)

などの情報が認められた場合は、審査通過が非常に困難になってしまうのです。

ただ、この時点で疑問に感じた人もいるかもしれません。

「信用情報が重要なのはわかったが、どうやってセルフチェックするのか?」と。

実はこの信用情報、本人であれば開示が可能なのです。

窓口、郵送、インターネットなどの方法により、自分の信用情報に問題がないかをチェックできます。

ですから、「以前に支払いを滞納したな…」などと心当たりのある方は特に、事前に自己の信用情報を確認しておくと良いでしょう。

過去に支払い延滞などを行っていても、一定期間たてば信用情報は随時消えていく仕様になっていますので、「なんとなく」で考えるよりかはしっかり自分の目でチェックしておくのがより確実です。

未成年でもお金を借りる方法はある?

では最後に、カードローン以外に未成年がお金を借りる方法はあるのか?

こちらをテーマにしてもう少し深く掘り下げていくとしましょう。

未成年でも意外と多い借入手段

実は考え方と方法次第で、未成年であってもお金を借りることは可能です。

ひとつずつ順に紹介していきますのでチェックしてみてください。

クレジットカード

意外にもクレジットカードの「キャッシング枠」は未成年でも認められる場合が少なくないようです。

クレジットカード会社により基準は異なりますが、既婚者であったり、収入が安定していたりと、一定の条件を満たしていれば未成年でもキャッシング枠の利用が可能になります。

とはいえもちろんクレジットカード審査に通らなかった場合はキャッシングも利用出来ません。

ローン

これは主に、学生ローン(例:国の教育ローン)など「親の同意を得て組むローン」になります。

当然学生ローンですから、あくまで「学ぶために必要なお金」というくくりはあるものの、必要しているお金の種類が該当するのであれば、大いに役立てられる方法だと言えるでしょう。

ただ、この場合はもちろん「後になってキャンセル」という取り決めは適用されませんので、保護者と相談しながら計画的な利用を行うことが鍵になってきます。

マイカーローン

こちらも保護者など、連帯保証人をつけることで未成年者でも利用が可能になります。

18,19と言えば、車を持ち始める人も多い年齢ですから、「マイカーローンで初めてお金を借りる」人も少なくないでしょう。

いかがですか?

このように、特に「明白な目的」などがある場合はたとえ未成年者であっても、お金を借りる(ローンも現金での支払いをしていないので同じ扱い)ことは可能であるのが分かるかと思います。

逆に未成年者が「お金そのもの」を手にしようとする場合は、借りるのではなく働いたり物を売ったりして現金収入を得るのが一番現実的だと言えるでしょう。

お金を借りる際の年齢制限まとめ

未成年者は原則カードローンを利用できませんが、20歳を超えてカードローンの利用が認められるということはそれだけ「責任」が発生することも意味します。

借りたものは返す

当然の話ではありますが、キャッシングする際はしっかりと自分の支払い能力と出費の概要を把握した上で利用するようにしましょう。

借り過ぎはまわりまわって自分が苦しむことにもなりかねませんので、カードローンの賢い使い方について一度考えてみてください。

関連記事