カードローン審査を徹底解説!

審査に通るカードローンキャッシングカードローンキャッシングを徹底比較!!即日融資、多重債務のおまとめ、高金利でつらい…など、あなたのお悩みを即座に解決!

SMBCモビットの店舗はどこ?営業時間や申し込み方法なども確認

SMBCモビット 申込方法


カードローンも時代の流れと共に利便性が向上し、今ではネットを使った申し込みやサービスも充実するようになってきました。

しかしカードローンの利用は、基本的にあまり人に知られたくないと考える人が多いのも事実。

その為、顔を合わせずに申し込みや契約を行える店舗でのやり取りを選択する人も、未だにかなりの数が存在することでしょう。

そこで今回は、消費者金融大手のSMBCモビットに関して、店舗情報、また同時に申し込み方法なども紹介していきたいと思います。

公式サイトはこちら

SMBCモビットの基本情報をおさらい

店舗に関する情報を紹介する前に、まずはSMBCモビットの商品情報や特徴を整理しておきましょう。

審査情報や金利など、総合的にまとめましたのでぜひチェックしてみてください。

  • SMBCモビットの商品情報

    SMBCモビット
    実質年率最高限度額審査時間最短融資
    3.0%~18.0%800万円審査時間:10秒簡易審査※①最短即日も可能※②
    保証人収入証明書不要事前診断在籍確認
    なし簡単お借入診断あり

    最短で即日の融資も可能という、スピーディな対応が人気のSMBCモビット。

    事前診断機能や10秒簡易審査機能も用意されていますので、審査に不安のある方でも気軽に申し込みを行えるでしょう。

    また、何よりSMBCモビットはノンバンクカードローンにて、オリコン日本顧客満足度調査で1位を獲得していますので、幅広く人気を集めているカードローンであることが良く分かります。

    公式サイトはこちら
    • SMBCモビット ※①申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
    • SMBCモビット ※②14:50までの振込手続完了が必要です。審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

SMBCモビットの店舗について

SMBCモビットの場合、対面式の店舗という形ではなく、ローン申込機(無人)もしくは提携ATMにてカードローンの申し込みや借入・返済などが可能なシステムとなっています。

と言っても、人に合わなくて済む方が好ましいと考える人も多いでしょうし、店舗でなく無人機の方がメリットは大きいと言えるかもしれません。

ここからはローン申込機・提携ATMの2つに絞って、詳細情報をご紹介していきましょう。

ローン申込機

まず、SMBCモビットのローン申込機とは以下のような特徴を持った機械になります。

申し込み、契約、書類の提出など、用途に合わせて様々なサービスを利用できますので、自分の状況に合わせて便利に利用すると良いでしょう。

設置場所により営業時間は異なるものの、平日はもちろん土日祝日も営業

基本的には夜9時まで利用可能な場合が多いため、様々な環境の方が幅広く利用できるでしょう。

ちなみにSMBCモビットのローン申込機は全国約400台!!

※2017年8月18日時点

公式サイトでは、お近くのローン申込機検索も利用できますので、申し込みを考えている方は事前にチェックしておくとよいでしょう。

提携ATM

SMBCモビットの提携ATMでは、手軽に借入や返済を行うことが出来ます。

しかもその数何と、全国約130,000台※(2017年6月現在)

※2017年8月18日時点

上記はあくまで一部ですが、銀行だけでなくコンビニなどでも数多く提携ATMが設置されているため、急な出費の際にも便利に利用できるでしょう。

ちなみに三井住友銀行ならATM手数料が無料。SMBCモビットは三井住友銀行グループに属する会社ですから、うまくこのサービスを利用したいところです。 公式サイトはこちら

SMBCモビットのお申し込み方法について

ローン申込機、提携ATMの紹介を行いましたので、ここは同時にSMBCモビットのお申し込みについても具体的に紹介することにしましょう。

SMBCモビットでキャッシングするには申し込みを行い、カードローン審査に通る必要がありますので申し込みの概要はチェックしておいた方が良いかと思います。

お申し込み資格

申し込みを行い審査に通過してこそキャッシングは利用できますが、そもそも申し込み自体に条件が設けられていることをご存知でしょうか。

SMBCモビットの場合、公式サイト内の「お申込いただける方」にてその詳細が記載されていますので、そのまま紹介することにします。

■年齢満20歳以上69歳以下の安定した定期収入のある方

※保証人・担保・印鑑は不要です。ただし、口座振替依頼の手続きには印鑑が必要です。

※インターネットからのお申込にはメールアドレスが必要です。

上記がSMBCモビットのお申込条件になります。

単純に、年齢の条件を満たしており、安定して毎月収入を得ていれば概ね問題はないと考えてください。

収入に関して、例えば成果報酬型で毎月の収入量や入ってくる時期がバラバラ、などといった場合は、安定した収入とみなされないかもしれません。

不安を感じる方は事前にSMBCモビットへ相談し、判断を仰ぐと良いでしょう。

必要書類

お申し込み資格と併せて確認 しておきたいのが必要書類です。

本人確認のためや審査時に用いるためなど、カードローンではいくつかの書類が必要となるのですが、指示されたものを用意できるかどうかは事前に確認しておくのが賢明でしょう。

では早速、SMBCモビットでの必要書類を順に紹介していきます。

本人確認書類

・運転免許証(変更事項がある方は裏面コピーも必要)

・健康保険証(本人の氏名・生年月日・住所のページ。カード型保険証の場合は裏面コピーも必要)

・パスポート(顔写真及び住所のページ)

SMBCモビットでは本人確認書類の提出は必須、そして上記が提出できる書類の種類になります。

当然ながら、いずれであっても有効期限内、もしくは現在有効なものを用意してください。

収入証明書類

・源泉徴収票の写し

・税額通知書の写し

・所得証明書の写し

・確定申告書の写し

・給与明細書の写し(直近2カ月分。賞与支給のある方は年間の賞与額(夏・冬各々)が確認できる賞与明細書も必要)

収入証明書類についてですが、必ずしも全員が提出を求められるとは限りません。

ただ、融資限度額や審査状況によっては提出を求められる場合もありますので、そうなった際を考慮すると事前に準備しておくのが良いでしょう。

お申し込み方法一覧

SMBCモビットでのお申し込み方法は複数用意されており、好みに合わせて好きな申し込み方法を選択することが出来ます。

①パソコン

②ケータイ

③スマートフォン

④郵便

⑤電話

⑥ローン申込機

それぞれ申し込みの流れは異なりますが、やはり一番手軽なのはネットを使ったお申し込みでしょうか。

希望次第で、カード発行なしのWEB完結(WEBで申し込みから利用までを行える)も選択できますので、郵送やローン申込機へ出向くためを省きたい人にはおすすめの方法と言えるでしょう。

ちなみに最近人気のスマートフォンを使った申し込みの場合ですと、以下の流れで進みます。

公式サイトはこちら

SMBCモビットの審査について

カードローンで一番重要なのは「審査」と考える人はきっと多くいらっしゃるかと思います。

事実、審査を通ることが出来なければキャッシングは利用できない為、重要視するのも当然の話と言えるでしょう。

ではSMBCモビットの審査はどのようなものなのでしょうか。

即日審査、即日融資を希望する人も多いでしょうから、ここからはSMBCモビットの審査に関する情報をまとめていきたいと思います。

SMBCモビット審査のポイント

SMBCモビットのカードローン審査を考えた時、いくつかのポイントに分けて分析することが出来ます。

まずはSMBCモビットが消費者金融である点

消費者金融には貸金業法という法律が課されており、この中の「総量規制」にて、申込者の年収の3分の1を超える貸し付けは制限する旨の取り決めが定められています

その為、SMBCモビットで年収の1/3を超える借入は基本的に出来ません(総量規制の対象外になるケースもある)。

またSMBCモビット単独でなく、他社からの借入も合算されますので、すでに他社から年収の3分の1に迫る借入を行っていない場合、審査そのものを通過出来ない可能性が高くなることも覚えておきましょう。

では次。キャッシング審査の柱とも言われるほど重要になるのが、信用情報です。

信用情報とは「個人のお金に関する経歴」のようなもの。

といって、クレジット・ローンなどの信用取引に関する情報であり、カードローン会社内ではなく、独立した第三者機関に保存されています。

今後注目してみると分かるでしょうが、クレジット・ローン関連の申し込みを行う際などには信用情報機関へ情報を提供する旨の記述が申込者に明示されており、その際の情報がいくつも蓄積されていると考えてください。SMBCモビットをはじめとして、カードローンに申し込んだ際はこの信用情報機関へとカードローン会社が情報の照会を求めて審査の判断材料とする訳です。

その中で主にチェックされる項目が以下のようなもの。

■支払い状況(遅延、滞納、代位弁済の有無など)
■申し込み履歴
■契約内容
■利用残高
■債務整理・自己破産の有無
■申込者の原因による強制解約の有無

上記のような情報を考慮し、総合的にカードローン会社は申込者の信用性を判断することになります。

当然ながら過去に自己破産していたり、支払いを滞納しているような人物は信用が低いと見なされ、審査にもよくない影響を与えるでしょう。

信用情報は本人であればその内容の開示を求めることが出来ますので、気になる方は事前に信用情報の中身をチェックしてみてください。(信用情報機関は日本で3つ。それぞれに登録されている情報が異なる)

SMBCモビットの審査における主だったポイントとして上記2点を紹介しましたが、その他にも収入や勤務先など審査では様々な情報がチェックされることも忘れてはいけません。

客観的に見て、信用が低いと見なされる情報はやはり良い評価を受けにくくなりますので、自分自身でひとつひとつ考察してみると審査の難易度を把握する参考にもなるでしょう。

そうは言っても顧客満足度の高いSMBCモビット。 初めてのカードローン利用者にもおすすめのカードローンですから、選択肢のひとつに入れてみてはいかがでしょうか。 公式サイトはこちら

関連記事