カードローン審査を徹底解説!

審査に通るカードローンキャッシングカードローンキャッシングを徹底比較!!即日融資、多重債務のおまとめ、高金利でつらい…など、あなたのお悩みを即座に解決!

転職したてで在籍確認が気まずい!カードローン審査の対処法

カードローンの利用を考える時というのは、急なタイミングの方が多いかと思います。

予想外の出費や、突然まとまったお金を用意しなければならなくなった時。

こういったタイミングでこそ、カードローンは役立ってくれるとも言えるでしょう。

しかし、タイミングが急ゆえに転職した直後にカードローンを利用したい…なんてケースもあるはずです。

その場合、会社にカードローンの在籍確認に関する電話がかかってくるのは少し気まずく感じる人もいるはずです。

では転職や入社した直後の在籍確認をうまく乗り切る方法はあるのでしょうか?

目次
  1. 電話による在籍確認なしでキャッシングできる?
    1. ─電話での在籍確認の基本
    2. ─電話での在籍確認は回避できるのか
  2. 転職したてでも在籍確認をうまく乗り切るコツ

転職先への電話による在籍確認なしでキャッシングは利用できるのか?

まずは「乗り切る」や「うまく進める」という考え方ではなく、「在籍確認の電話そのものを回避する点」について解説していきましょう。

在籍確認とはそもそも、申込者が自ら申告した勤め先で本当に働いているかを確認する作業になりますが、基本的には電話で行われます。

転職直後などの場合は、この電話を気まずいと感じる人もいるでしょうから、最もその心配をカバーできる「電話での在籍確認回避」についてここでは紹介していきたいと思います。

電話での在籍確認の基本を抑えておこう

では「電話での在籍確認回避」の紹介へはいる前に、まず具体的な在籍確認の流れを整理しておきましょう。

在籍確認は勤務先の電話番号にカードローン会社の担当者が電話をかけるところから始まります。

その後カードローン会社の担当者は、「私○○(個人名)と申しますが、そちらに○○(申込者の名前)さんはいらっしゃいますか?」と聞きます。

後は在籍していることが確認できれば、それで電話は切られます。

本人が出た場合は「私です。」と答えれば終わり。他の人が出て「席をはずしています。」「外出しています。」などとの返答が来れば、それだけで在籍している確認はとれますので電話は終わりです。

ただ、「お休みをいただいております。」などと返答した場合は、いったいいつまで休みなのか?次の出社日はいつごろなのか?ぐらいは聞かれるかもしれません。

「休んでいる」だけでは、その日が休みなだけなのか、それとも何か月も休んでいるのかが分からないからです。

それこそ休職状態などであれば、収入がないと見なされ審査通過が難しくなってしまう可能性も考えられるでしょう。

そういった判断を下すためにも、「在籍していて、今現在働いているか」までの確認はカードローン会社としても取ってきておかしくありません。

電話での在籍確認は回避できるのか?

さて、基本的な電話での在籍確認の流れをチェックしたところで、いよいよ本題です。 キャッシング申し込み時に、電話での在籍確認は回避できるのか?

その疑問に答える為、以下の表を用意しました。

これは大手消費者金融の在籍確認に関する情報をまとめた表になります。

サービス名在籍確認の有無
プロミス原則、電話での在籍確認があります。
アコム社員証や社会保険証を持っている、もしくは持っていなくてもアルバイトの方であれば収入証明書や給与明細書などの書類提出により、電話での在籍確認がなしになる可能性があります。
アイフル基本的に電話での在籍確認が行われますが、書類による在籍確認を認めてくれる場合もあります。
SMBCモビットカードレスのWEB完結申込であれば、お勤め先(もしくは勤務先)への電話連絡はありません。

意外にも、相談すれば人によっては電話での在籍確認をなしにすることもできるのです。 有名どころのアコムや アイフルでの在籍確認に関しても、相談することで柔軟な対応をしてくれるのは流石と言ったところでしょうか。

ただ、相談次第…というのはちょっと不安かもしれません。

そんな方にはSMBCモビットがおすすめ。

SMBCモビットは公式サイトにて「WEB完結」での申し込みであれば、「勤め先への電話連絡をしない」と明記しているからです。

もちろん申し込み方法が限定されていますので、条件さえ満たせる人であればお勤め先(もしくは勤務先)への電話連絡はありませんから安心です。

転職したてでも在籍確認をうまく乗り切るコツ

ここからは先ほどと方向性が異なります。

電話での在籍確認を回避するのではなく、うまく乗り切るポイントについての説明に入りましょう。

というのも、「転職直後に在籍確認が気まずい…」と考える方の多くは「キャッシングの利用がバレると変な目で見られそう…」「印象が悪くなりそう…」などと感じているからこそ在籍確認に不安を覚えるのではないでしょうか?

確かに借金していることを他人になるべくバラしたくないのはごくごく自然な発想です。

それが転職直後ともなれば尚更でしょう。

しかし、在籍確認の電話だけで「キャッシング審査を受けている」と断定するのは至難の業です。

せあれだけ簡素な電話の内容でそこまで予測するのは、経験者(カードローンの申し込み・利用をしたことがある人)でないと難しいでしょう。

ですからその仕組みを逆手にとり、「クレジットカードを申し込んだから在籍確認の電話が来る」と先に告げておくのが一つの対処法かと思います。

クレジットカード申し込み時に在籍確認があるのは一般的に認知されていますし、あえて自分から先に言っておけばそうそう変には勘繰られないでしょう。

逆に変に隠そうとする方が怪しまれるかもしれません。

もちろん在籍確認の電話そのものを回避するか、それとも在籍確認の電話をうまく乗り切る方法をとるか。

選択肢は個人の自由ですので、自分に合ったスタイルを選ぶと良いでしょう。

関連記事