カードローン審査を徹底解説!

審査に通るカードローンキャッシングカードローンキャッシングを徹底比較!!即日融資、多重債務のおまとめ、高金利でつらい…など、あなたのお悩みを即座に解決!

消費者金融は即日審査?在籍確認のタイミングもあわせて確認!

お金に困っているとき、キャッシングしたい時、そんな時は誰しも一刻も早く審査結果が知りたいはずです。

カードローンキャッシングには大きく分けて消費者金融カードローンと銀行カードローンの2つがあります。

それぞれに特徴と違ったメリットがありますが、早くキャッシングをしたい、審査結果が知りたいという方には消費者金融がおすすめです。

それは、銀行カードローンと違い、口座開設の必要がなく、最短1時間で融資してもらえるスピードを売りにしているためです。大手消費者金融の商品情報を確認してみましょう。

大手消費者金融のカードローン内容を解説

では早速大手消費者金融の概要、そして特徴を順番に紹介したいと思います。

それぞれの特徴とスペックを、まずはざっくり頭に入れておきましょう。

  • SMBCモビットの審査

    SMBCモビット
    実質年率最高限度額審査時間最短融資
    3.0%~18.0%800万円審査時間:10秒簡易審査※①最短即日も可能※②
    保証人収入証明書不要事前診断在籍確認
    なし簡単お借入診断あり

    SMBCモビットのWEB完結申し込みなら電話確認、郵送などが一切なく、メールで審査結果を通知してくれます。

    身分証明書はWEBアップロードだけなので簡単にお手続きができます。

    お急ぎでのキャッシングを希望であれば、14:50までに振込手続きが完了できるように午前中にはお申し込みしましょう。

    安定収入さえあればパートやアルバイト、派遣社員や自営業の方でも申込みできます。

    14:50までに手続きが完了すれば、当日振込みにも対応してくれます。

    公式サイトはこちら
    • SMBCモビット ※①申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
    • SMBCモビット ※②14:50までの振込手続完了が必要です。審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
  • プロミスの審査

    プロミス
    実質年率最高限度額審査時間最短融資
    年4.5%~年17.8%500万円最短30分最短1時間
    保証人収入証明書不要事前診断在籍確認
    なし―※②簡単3秒診断あり

    プロミスは融資までのスピードが早いので非常に人気があるカードローンです。

    平日の即日対応時間帯に申し込めば申し込んだその日に融資を受ける事が可能です。

    審査にかかる時間も最短30分と短く、お急ぎで融資の必要な方にも重宝されています。

    特に三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座を持っている方なら、融資依頼から最短10秒で指定口座に振り込んでもらえるスピード振込を受ける事も可能です。

    公式サイトはこちら
    • プロミス ※②限度額50万円以内なら身分証明書のみで借入可能です。
  • アコムの審査

    アコム
    実質年率最高限度額審査時間最短融資
    年3.0%~年18.0%800万円最短30分最短1時間
    保証人収入証明書不要事前診断在籍確認
    なし簡単3秒診断あり

    テレビCMでも有名なアコムは、とにかく審査が早いことで有名です。

    申し込みはインターネット、電話、無人契約機、店頭窓口などで出来ますが、カードローン審査は最短で30分で終了します。

    また、本人確認書類を平日14:00までに提出、確認されれば、当日中に指定の振込み口座に入金してくれます。

    無人契約機自動契約機でカード発行をすれば、それ以降の時間帯でも即日融資(即日キャッシング)につながる場合もあるでしょう。

    公式サイトはこちら
  • アイフルの審査

    アイフル バナー
    実質年率最高限度額審査時間最短融資
    3.0%~18.0%800万円最短30分最短1時間融資
    保証人収入証明書不要事前診断在籍確認
    なし50万円まで※①簡単1秒診断あり

    アイフルのキャッシング審査は、一般的な消費者金融カードローンのキャッシング審査と同じぐらいの基準です。

    安定した収入があり過去に債務整理や延滞などをしていない人であれば、カードローン審査に通る可能性はあるでしょう。

    アイフルでは急ぎで借りたい人のために、カードローン審査を早めるサービスを行っています。

    ネット申込み後に、「カード申込・受付完了メール」が届いたらフリーダイヤルに電話をして「急いでいるのでカードローン審査を早めて欲しい」ことを伝えましょう。

    9:00~21:00が融資を早めたい人の電話の受付時間です。

    公式サイトはこちら
    • アイフル ※①アイフルの利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額100万円以下の場合。

消費者金融と銀行カードローンの審査基準比較

消費者金融の一番のメリットは審査スピードの早さと言えるでしょう。

銀行カードローンの場合は、自社でカードローン審査を行わず、保証会社に委託するケースがほとんどなため、キャッシング審査に時間がかかることが多くなっています。

消費者金融であれば、銀行の営業時間内に申し込み・審査を終えることができれば、即日でキャッシングできる可能性が高くなります。

銀行の場合は、該当する口座を持っている場合は即日キャッシングに対応しているケースはありますが、それでも審査時間の関係で即日キャッシングができないケースも多々あります。

急な物入りで、急いでキャッシングしたい方は消費者金融の方が審査スピードも早く、素早くお金を用立てることができるでしょう。

銀行カードローンの方が審査は厳しい?

借入をしようとしている方が一番気になるのが、カードローン審査に通るのかという不安ではないでしょうか。

イメージだと、銀行カードローンの方が、消費者金融に比べてキャッシング審査が厳しいと思いますが、実は、大手の銀行では、保証会社に消費者金融が入り、キャッシング審査は消費者金融に任せているため、消費者金融だからカードローン審査に通りやすいということは別段ありません。

しかし、実際にカードローン口コミを見てみると、「銀行カードローンの審査は落ちたけど消費者金融のカードローン審査は通過した」という口コミが散見してます。

消費者金融に申し込みをしても「SMBCモビットのカードローン審査は落ちたけど他の消費者金融でカードローン審査に通過した」など、会社によって審査結果が変わることが多いので、どうしてもお金が必要な方は順番に色々な業者に申し込みをすると良いでしょう。

1点注意が必要なのは、同時に複数社に借入申し込みをすると、一度に多額の借入をしようとしていると判断されて、信用情報に記録され、キャッシング審査に不利になると言われています。

カードローンキャッシングの審査基準

キャッシング審査は年収以外にも重要な項目は多くあります。その項目ひとつひとつを数値化して点数をつけて、その合計点数によってキャッシング審査の判断をしています。

このシステムが「与信スコアリングシステム」で、返済能力を判断する指標になっています。

審査項目には職業や年齢など「属性」と借入状況や返済実績などの「信用情報」があります。

与信スコアリングシステム

職業公務員>大手企業>中小企業>自営業
雇用形態正社員>契約社員>派遣社員>アルバイト
年収400万円以上>200万円~400万円未満>200万円未満
健康保険証公務員の共済保険>大手企業の組合保険>中小企業の社会保険>国民健康保険
勤続年数10年以上>5年~10年未満>1年~5年未満>6ヶ月~1年未満>6ヶ月未満
住居形態本人名義の持ち家>家族名義の持ち家>官舎・社宅>賃貸>公営住宅
居住年数10年以上>5年~10年未満>3年~5年未満>3年~1年未満>1年未満
家族構成独身・家族同居>既婚・家族同居・子なし>既婚・家族同居・子あり>既婚・同居なし>独身・ひとり暮らし

カードローンの即日審査の注意点とは

平日の昼間であれば、多くのキャッシングカードローンでも即日融資できる可能性があります。

審査時間は申込者によって違いますが、遅くとも数時間で終わりますので、ネット申込みを行い14時までにカードローン審査が終われば、銀行振込で借りることができます。

プロミスやアコムなどの大手消費者金融であれば、ネット申込み後に本人確認の電話を受け、本人確認書類を提出するとネット上で契約することができます。借入も銀行振込が利用できますので、店舗や自動契約機へ行かずに借りることもできます。

銀行振込の場合

銀行振込を利用する場合は、使っている銀行によって振込可能時間が変わってきます。

プロミスの場合、三井住友銀行かジャパンネット銀行であれば、24時間土日でも振込可能で、アコムの場合、楽天銀行であれば24時間土日でも振込可能です。

他の銀行を使っている場合は、平日の14時や14時50分までに振込依頼しないと、その日のうちに振り込んでもらうことはできません。

カードローン審査に時間がかかり振込可能時間を過ぎると、振込での借入は翌営業日の9時以降に回されます。申込み時間的に審査結果が14時以降になりそうな時は、ネット申込み後に自動契約機でカードを発行し、ATMで引き出すようにしましょう。

もしくは、24時間振込可能な銀行口座を用意しておけば、審査結果が15時以降になっても、即日ネットキャッシングが可能です。

自動契約機の場合

自動契約機は22時頃までやっていますので、夕方までに行けば時間的には余裕があります。

キャッシング審査は最短30分ですが、借入までに1時間以上かかる場合もありますので、営業時間ギリギリに行くと即日融資できないこともあります。

カードローン審査の際に、勤め先への在籍確認が行われますので、確認が取れないと時間がかかる可能性があります。在籍確認は、必ず行われるわけではありませんが、行われると思った方が良いでしょう。

カードローン審査に通りカードが発行されれば、ATMで24時間お金が引き出せます。提携している銀行やコンビニのATMも利用できます。

ネット申込み後に審査に通り契約をネット上で済ませて、カード発行のみを自動契約機で行うこともできます。

夜間や土日に即日キャッシングしたい場合

夜間や土日でも自動契約機は営業していますので、22時までであれば自動契約機でカードローン審査を受けられる可能性があります。

ただ、夜間や土日で在籍確認が入ると会社が営業していないと思いますので、確認が取れずに審査結果が後日になったり、借入限度額が10万円などの低い金額になることがあります。

22時以降に即時審査で即日融資可能なキャッシング、カードローンというのはありません。

22時を過ぎてしまったら即日キャッシングは諦めたほうがよいでしょう。

なお、土日でも自動契約機は開いていますが、21時か22時を過ぎると閉まってしまいます。自動契約機が閉まるとキャッシング審査を受けることができませんので、即日融資はできなくなります。

インターネット申込みは24時間受け付けていますが、その後の確認電話や審査の関係で、夜間や早朝の申込みは、審査結果の報告や借入は朝9時以降になります。

即日審査だと在籍確認はいつくるの?

在籍確認とは、カードローンやキャッシングの申込みの際に、自宅や勤務先に電話連絡をして、本当に本人がそこに住んでいるのか、そこの会社に在籍して仕事をしているのかを確認する行為の事です。

「在籍確認」において、会社に確認の電話をする前に、その電話番号が本当にその会社のものなのかを確認する必要があります。

本人の申告だけでは、正しい会社の電話番号かどうかは分からないからです。

消費者金融は、その番号が電話帳や会社のホームページに載っているのか、信用情報照会の内容と一致しているかを確認します。

直通番号である場合、代表番号と似ていれば信憑性はありますが、全く違う番号だとその会社の電話番号では無い可能性もあります。

その場合は、まず申込者に確認をし、代表番号から繋いでもらったり、直通番号を確認してもらったりします。

その他にも、勤め人では無い自営業の場合、会社として成り立っているかを確認する為、ホームページはあるのか、取引先がきちんとした会社であるのか、本人の自営なのか等の確認をします。

在籍確認のタイミングはいつ?

受付をしながら、担当者が並行して信用情報を取得し、受付内容をスコアリングシートに入力し終わると、ほぼ金額まで出ています。

後は、本人確認書類で確認が取れれば、最終的に勤務先の在籍確認となります。

在籍確認が最後になるのは、申込者の立場を考えているからです。

仮に了承を得ていたとしても、勤務先の在籍確認をした後に審査が通らなかったとなれば申し込み者は嫌な気持ちになるでしょう。

「勤務先にバレるかもしれない」という不安やリスクを侵したにもかかわらず、審査にパスしなければ、とてもやるせない気持ちになるのではないでしょうか。

信用情報で引っ掛かった場合、基本的には在籍確認はありません。

関連記事