カードローン審査を徹底解説!

審査に通るカードローンキャッシングカードローンキャッシングを徹底比較!!即日融資、多重債務のおまとめ、高金利でつらい…など、あなたのお悩みを即座に解決!

カードローンの審査が通らない!原因と対策を徹底解説!


お金に悩んでいる時にカードローンを利用したいという方は多いはずです。

しかし、その時に多くの方が抱える悩みは、カードローンの審査に通らないのではないかということではないでしょうか。

「お金を借りたいけど審査が通らない・・・」と残念がる人は少なくありません。

審査基準は、金融機関によって独自の基準があり、それぞれ異なります。

しかし、審査に通らない理由は、多くの金融機関で共通する部分もあります。

せっかく、カードローンでキャッシングしたいと思ってるのですから、できるだけ審査落ちは避けたいはずです。

それでは、どんな理由があってカードローン審査に落ちてしまうのでしょうか。

目次
  1. カードローン審査に通らない代表的な理由
    1. ─審査に落ちないための対策
    2. ─審査に落ちた方の特徴
    3. ─返済能力を超えている
    4. ─支払いの延滞や滞納の記録がある
    5. ─年収や職業に問題がある
    6. ─申込書に記載した内容に誤りがある

カードローン審査に通らない代表的な理由

借り過ぎ

年収の1/3以上の借入をすると審査通過は難しくなります。

4社以上の借入の場合も、審査に通らないと考えておきましょう。

申込み過ぎ(申し込みブラック)

1ヶ月以内の短期間に何社も申込むと、

審査では不利になります。

3社以上の申込みは、審査では申し込みブラックになります。

高い利用限度額

利用限度額が高いと審査に通りづらいです。

収入に見合った利用限度額でなければなりません。

ブラックリスト

過去3ヶ月以内に、支払遅延や滞納がある場合は、審査通過はほぼ不可能です。

スーパーホワイト

過去にカードローンを持ったことがなく、利用履歴がない人は審査に通りづらいです。

勤務年数(勤続年数)が短過ぎる

審査では、せめて1年くらいの勤務年数が必要です。

転職後1ヶ月での申込みでは、審査通過は厳しいです。

勤務年数で偽りの申告をして借入をする人がいます。

審査でウソがバレれば、審査落ちになります。

記入ミスや書類不備

申込書の記入ミスや書類の不備があると

審査を通過することはできません。

カードローン審査に落ちないための対策とは

カードローンの審査に落ちないために何を気をつけていけばいいのでしょうか。

カードローン審査に臨む場合には次のようなことに気をつけましょう。

借入を減らし返済実績を作る

現在ある借入を少しでも返済して、借入を減らしてからお申し込みしましょう。

借りたお金をしっかり返すことで、返済実績を作っていくことが重要です。

短期間で複数の申込みはしない

カードローンの申込みは、何社も申し込まないようにしましょう。

即日融資を受けたいからと言って、1度にたくさんの申込みをしてしまうとキャッシング審査に悪影響です。

利用限度額を高くしない

収入に見合った利用限度額で申込みをした方が良いでしょう。

申込み後に、返済実績を積んでから増額申請をだしましょう。

返済実績を作る

最低でも3ヶ月は、延滞や滞納がない状態で返済を行います。

返済実績を作ることが重要です。

利用履歴を作る

個人情報に何も記載されていないスーパーホワイトの方は、商品を購入する際に、分割払いで購入すれば利用履歴を作ることができます。

時間を空けて申込み

勤務年数が短過ぎる時は、1年程勤務してから申し込みしましょう。

カードローン審査に落ちた方の特徴

『カードローンの審査に落ちた』という方の特徴をさらに詳しく解説してみましょう。

返済能力を超えてしまっている

年収に対して借入額や返済比率が高い場合はまずカードローン審査に通過しません。

特に消費者金融カードローンや信販系カードローンの場合、総量規制の対象なので年収の1/3以上の金額の借入は借入はできません。

銀行カードローンであれば年収の1/3を超えても借入は可能なのかというと、法律上では問題ありませんが、近年は銀行でも総量規制と同じようなルールを設け始めていることから、やはりキャッシング審査に通過できる可能性は低いと言えます。

支払いの延滞や滞納の記録がある

個人信用情報機関には、クレジットヒストリーと呼ばれる利用履歴や、個人の属性に関連する情報が記録されています。

カードローンの審査に落ちるということは、個人信用情報に問題があるという可能性が高いです。

たとえば他社から借入していた場合、支払いの遅延や滞納がある場合はカードローン審査に落ちる可能性が高くなります。

また近年はスマホを購入した際に、スマホ本体を分割で支払うケースが増えていますが、スマホの支払いに遅れてしまうと遅延した記録が個人信用情報に記録されてしまうので、一見関係無いように見えますが、注意しておきましょう。

年収や職業に問題がある

年収に関しては、『安定した収入が継続的に見込めること』が重要視されていることから、年収が高ければ良いわけではありません。

ただし、銀行カードローンなどでは、年収制限を設けていることがあります。

アルバイトやパートの方でも利用できるカードローン会社であれば、そこまでシビアに年収を気にする必要はありませんが、『収入が不安定』な方は審査に落ちてしまう可能性があります。

また職業に関してですが、水商売や歩合制の職業に就いている方は、収入が不安定だと判断されやすいことから審査に落ちてしまうこともあるようです。

それ以外で職業起因によるキャッシング審査落ちは、自営業を除きそれほど多くはないでしょう。

申込書に記載した内容に誤りがある

虚偽の申告は、キャッシング審査の段階で必ずバレます。

当然、カードローンの審査落ちとなることは言うまでもありません。

それよりも気をつけたいのが、記載ミスで審査に落ちてしまうことです。

うっかりミスで申込書に記載してしまった場合でも、カードローン会社側では『自分の個人情報を正確に申告できない人』と判断し、審査に落とすことがあります。

特に他社からの借入総額や借入件数に関して適当に返答してしまうと、『現在の借金を正確に把握していない人』と考えられ、カードローンの審査落ちにつながるのです。

記載ミスは、審査落ちの原因の中でも非常に多いといわれています。後から訂正すれば良いとは考えずに、すべての情報を正確に申告するように注意しましょう。

関連記事