カードローン審査を徹底解説!

審査に通るカードローンキャッシングカードローンキャッシングを徹底比較!!即日融資、多重債務のおまとめ、高金利でつらい…など、あなたのお悩みを即座に解決!

カードローンの審査が通らないのはなぜ?個人信用情報について徹底解説!

カードローンでのキャッシングを行う際、多くの人にとって不安の種になるのが「審査」です。

当然ながら審査に通らなければ融資を受けることは出来ませんし、審査に落ちた場合でもその原因が分からず困っている方も少なくないでしょう。

そこで今回は、カードローン審査の基準や審査に通らない場合の対処法など、分かりやすく紹介していきたいと思います。

目次
  1. カードローン審査が通らない理由
    1. ─審査における重要な要素
    2. ─収入
    3. ─個人信用情報
    4. ─その他の審査基準
  2. 他に借入がある場合
    1. ─他社からの借入とは
    2. ─審査に通るかどうかの基準
  3. 審査基準の違いについて
    1. ─審査通過率
    2. ─大手消費者金融の審査通過率比較
  4. 審査に通らない原因と対処法
    1. ─審査に落ちる例
    2. ─個人信用情報を確認
    3. ─カードローン審査のまとめ

カードローン審査が通らない理由って?

キャッシングした場合、利用者には当然「借りたお金を返す義務」が生じます。

となれば、貸す側も当然「この人に貸して本当に大丈夫か?返済するだけの能力はあるのか?」などと返済能力について見極めようとします。

これがいわゆる、「カードローン審査」と言われるものです。

ではまず、基本的な審査の基準についてみていくことにしましょう。

カードローン審査における重要な要素

金融業者ごとの審査基準は確かに異なります。

あくまで「自社基準」であり、それでいて具体的な基準を一般人は知ることは出来ません。

たとえ審査に落ちたとしても、その理由を具体的に告げられることもないのです。

しかし、金融業者ごとの審査基準に違いはあれど、「審査材料・審査に用いられる情報」に関してはほぼ同じだと言えるでしょう。

ではどういった材料や情報をもとにキャッシング審査は行われているか、ここから具体的に紹介していきたいと思います。

申し込み者の収入

キャッシングする=借りたお金を返すということ。

ですから当事者の収入状況は当然カードローン審査において重要な判断材料となります。

返済するだけの収入に満たない場合は言わずもがな審査に通るのも難しくなってしまいます。

年収はもちろんのこと、正社員やアルバイトなどの勤務形態、在籍期間なども審査の基準に入ります。

また、消費者金融の場合は貸金業法による「年収の1/3までしか借入は出来ない」という総量規制もありますので、予め自分の中で目安にしておくと良いでしょう。

ちなみにこの「収入状況の確認」においては、申込書類に記入した勤務先には在籍確認が入る場合がほとんどです。

在籍確認とは、「勤務先として申告された会社で本当に働いているかどうかの確認」と考えてください。

虚偽の申告をしたところで在籍確認が取れなければ審査に通ることは難しくなりますのであくまで正直に、そして正確に記入することを心がけましょう。

なお、この在籍確認について、ほとんどの金融業者では電話での確認を行いますが、その際「会社名を名乗ってかけてくること」はありません。

職場の人にはバレたくないな…などと心配する方もこの点は安心かと思います。 ※在籍確認を書面で行ってくれる金融業者も存在します。

申し込み者の個人信用情報

この信用情報もカードローン審査においては重要な材料となります。

信用情報とはシンプルに言えば「その人のお金に関する利用記録」のようなもの。

■クレジットカード・ローンなどの申し込み

■クレジットカード・ローンなどの契約、支払い

■クレジット・ローン会社などが情報確認を行った時

こういったタイミングで記録として残されていく情報で、その人のお金に関わる情報がびっちり詰まっている訳です。

ちなみにこの情報は「信用情報機関」という信用情報を管理する専門の機関が管理しています。

現時点で日本にある信用情報機関は3つ。

■CIC(シー・アイ・シー)

■JICC(日本信用情報機構)

■全国銀行個人信用情報センター 

金融機関はこの三つの信用情報機関のどれかに必ず加盟しており、審査の際に申込者の信用情報の確認を行っているのです。

では審査に通らない場合というのは、信用情報にどういった記録が残っているのでしょうか?

・ローンの支払いを長期に渡り延滞

・債務整理を行った

・強制解約処理をされた

このようにいわゆる「事故」を起こしている場合、まずカードローン審査に通るのは難しいと言えるでしょう。

しかも事故情報は「5年間」消えませんので、該当期間中の方はキャッシングは難しいと言わざるを得ません。

また、上記のような事故とは別に信用情報を基にした重要な審査基準が存在します。

・借入件数が多い(複数他社からの借入など)

・借入額が多い

これらはつまり、「すでに借りていて追加での返済が困難」と判断される要因ですが、この点については後ほど詳しく解説することにしましょう。

その他の審査基準

カードローン審査の基準はもちろんその他にもたくさん存在しています。

■居住状況

住んでいる家が賃貸なのか、持家なのか。また、誰と一緒に住んでいて、誰が家の契約者になっているのかなど。

■家族構成

配偶者の有無、養っている家族がいるかどうかなど。

■利用の目的・用途

キャッシングの目的(旅行、冠婚葬祭、ギャンブル)など。

当然「ギャンブル」や「他社の借金の返済」などという目的だと、審査も通りにくくなる可能性が高まる。

これら全てを通して、経済力や信用度を図る基準となりますので、カードローン審査においても欠かせない判断材料となります。

たとえば、

「独身で賃貸アパート住まい・ギャンブル目的でキャッシング希望」

「家族5人を養っていて自分の持ち家がある・急な冠婚葬祭でキャッシング希望」

この二つを考えた時、後者のほうが信用度も経済力も高いと判断されそうなのは普通の人でもイメージしやすいでしょう。

直接的な収入状況や信用情報だけでなく、数多くの情報を基にカードローン審査は行われているのです。

他に借入があるとお金借りられない?

簡単に前述しましたが、他社からの借入があるとカードローン審査に通らないケースがあります。

では「借入件数何件まで」といった具体的な基準や、他社からの借入金額の上限などはあるのでしょうか?

他社からの借入とはどこまでを指すのか?

まず、消費者金融、カードローンなどによる借入は基本的に「他社からの借入」に入ります。

更に、クレジットカードによる「キャッシングについても含まれる場合が多くありますので、基本的にはこの3つを「他社からの借入」と考えれば良いでしょう。

※カードは持っているが借入はしていない、もしくは返済が完了しているなどの場合は「他社からの借入」には含まれません。

ちなみに、住宅ローンや奨学金の返済などもある意味「借金」ではありますが、他社からの借入には含まれないケースが増えてきています。

カードローン審査に通るかどうかの基準は?

他社からの借入があるからといってカードローン審査に通らないとは限りません。

当たり前かもしれませんが、

「何件借入があるか?」

「いくら借りているか?」

これらが、カードローン審査においては重要な基準になってきています。

といっても、借入件数については「何件以下ならOK」という明確な基準はありません

そもそも審査基準は他社からの借入だけではありませんし、借入額自体も人それぞれですので、明確な基準を設け辛くなるのはもっともな話です。

では全く判断する材料はないのか?と気になるところでしょうが、ここで前述した「総量規制」を思い出してみてください。

年収の1/3までしか借入は出来ない」取り決めのことです。

というのも実は、年収が300万円前後の人には初回融資時の限度額として30万~50万が設定されやすいため、3件目の融資時に「総量規制」に達することが多いのです。

つまり、他社からの借入は2件までなら問題がない可能性は高い、と言えるかもしれません。

当然ながらその他の要素や金融業者ごとの審査基準も異なりますので、あくまで参考程度とするようにしましょう。

審査基準が違う?お金を借りられるカードローンはどこ

カードローン審査の基準が各金融業者ごとに異なるのはすでに説明しました。

その上でまず最初に言っておくべきことは、「審査が甘いなどということはない」という点です。

審査基準がそれぞれ違うといっても、「借りたお金を返せるか?」が審査の根本的基準である以上、それこそ収入がないのにキャッシング審査が通るほど甘くはありません。

では各金融業者ごとのカードローン審査の基準について、具体的にどのような点が異なるのでしょうか?

審査通過率

まず、カードローン審査の基準における違いは、各金融業者ごとの「審査通過率」を目安にすることができます。

例えば大手消費者金融で比較してみましょう。

大手消費者金融の審査通過率比較
カードローン審査通過率
プロミス42~45%
アコム45~49%
アイフル44~49%

有名どころのこれら三社を見ても、審査に通過する割合に開きがあるわけです。

ただ、その差は見ての通り小さなもの。

審査通過率だけでなく金利や限度額など、借入た後のことまで考えてカードローン会社を選ぶようにしましょう。

ちなみに銀行系カードローンの審査基準は消費社金融に比べて厳しいと一般的に言われていますので、カードローン審査に不安がある場合は消費者金融の中から選ぶことをおすすめします。

どこからも借りられない審査が通らない方は

大手消費者金融のカードローン審査通過率を見ても分かる通り、およそ半分の人は審査を通ることが出来ません

ではカードローン審査に通らなかった場合はどうすれば良いのでしょうか?

審査に落ちる例

キャッシング審査に落ちてしまった場合、当然その理由がありますので自分なりにチェックすることをおすすめします。

具体的に審査に落ちてしまう原因をいくつか紹介しておきますので参考にしてみてください。

他社からの借入が3社以上

他社からの借入が多ければ多いほど、「根本的に自分でお金の管理が出来ない」人とみなされてしまいます。

また、少額の借入しかできないために複数他社から借入を行っていると判断されますので、借入件数は少しでも減らしてから改めてカードローンへ申し込むことをおすすめします。

クレジットカードの多重申し込み、返済の滞納等

クレジットカードを大量に作る行為はそもそも警戒視されやすい行為です。キャッシュバックなどに惹かれて複数の申し込みを行うと、信用情報機関に多重申し込み者として登録されてしまうことがあるので注意しましょう。

ちなみに登録された場合の登録期間は半年となりますので、カードローンの申し込みも半年後以降に行うことをおすすめします。

また、返済や遅延について。

残高不足により期日に払うべき額を返済できなかった…。

こういった行為を何度も繰り返した場合でも信用情報には遅延・延滞状況が登録されます。

しかも登録期間は長いもので5年に及ぶこともありますので覚えておきましょう。

勤続年数が短い

勤続年数が短い人の場合は当然ながら、信用度も比例して低くなってしまいます。

具体的な目安として、勤続年数が1年未満だとキャッシング審査に落ちる可能性も高くなりますので参考にすると良いでしょう。

個人信用情報を確認

カードローン審査において金融業者が審査時に利用してる個人信用情報。

実はこれ、自分自身でその内容を確認することができます。

審査に落ちた理由を自分なりにイメージするだけでなく、個人信用情報を確認すれば審査に落ちた理由もより明確に見えてくるかもしれません。

インターネット・郵送・窓口と様々な開示方法がありますので、キャッシング審査に落ちた方は今後の為にも一度自分の信用情報を確認しておくと良いでしょう。

※開示手続きに必要な手数料は500円~1,000円程度

カードローン審査のまとめ

カードローン審査は様々な判断材料を元に行われることが分かったでしょうか?

金融業者によって細かな審査基準の違いはあれど、大まかな基準は変わりませんので事前にポイントを抑えて自己チェックしておくのも審査に通りやすくするポイントと言えるでしょう。

審査基準だけでなく、各金融業者ごとの金利の違い、審査のスピードなども比較しながら自分にとって最も合ったカードローンを選択するようにしてください。

関連記事