カードローン審査を徹底解説!

審査に通るカードローンキャッシングカードローンキャッシングを徹底比較!!即日融資、多重債務のおまとめ、高金利でつらい…など、あなたのお悩みを即座に解決!

即日審査通過のコツ!審査時間を比較して早いカードローンを紹介

「友達の結婚式に参加する事になったけど御祝儀代が足りない」「給料日前で今日の飲み会のお金がちょっと足りない」「病気や怪我で入院する事になってしまったが入院費が足りない」などといった急な出費でカードローンに申し込もうとしている方もいるのではないでしょうか。

カードローンの中には即日審査に対応しているカードローンとそうでないカードローンがあります。

つまり、お急ぎでのキャッシングにはカードローン選びが非常に重要となります。

即日審査で結果が知りたい方におすすめなカードローンや審査のポイントを解説していきたいと思います。

カードローン審査が早いのは消費者金融

即日審査を希望していてカードローンを探している場合、おすすめ出来るのは消費者金融カードローンです。

なぜなら消費者金融カードローンは銀行カードローンに比べて審査や融資がとてもスピーディーな所が多く利便性の多いカードローンが多いのです。

また銀行カードローンと比較をすれば即日融資を受けることのできる可能性は高いと言えるでしょう。

銀行カードローンの方が金利が低くお得に融資を受けることができると思ってしまいますが、短期間の融資を受けることが目的でしたらかえって消費者金融カードローンの方がお得に融資を受けることが出来ることがあります。

それは消費者金融カードローンでは初めての申し込みだと30日間無利息などといったサービスをやっている所が多いからです。

ちょっとしたお金が必要になって1ヶ月後には全額返済できるといった場合、無利息で融資を受けることができるという事になりますのでそういった方には非常におすすめです。

それでは実際に消費者金融カードローンを何社か紹介していきたいと思います。

  • SMBCモビット

    SMBCモビット
    実質年率最高限度額
    3.0%~18.0%800万円
    アルバイト保証人
    可能※③不要

    SMBCモビットは竹中直人さんのCMなどでとても知名度が高く人気の高い消費者金融カードローンです。

    SMBCモビットは三井住友銀行グループの会社で顧客満足度調査でも1位を獲得していてサービス面でもとても評判の高いカードローンです。

    SMBCモビットのカードローンの一番の特徴はWEB完結申込なら電話連絡なしといった事です。

    また郵送物も自宅に届くといった事がないので家族にも知られることが無く融資を受けることが出来ます。

    審査スピードも早いのでお急ぎの方にもおすすめ出来るカードローンだと思います。

    公式サイトはこちら
    • SMBCモビット ※①申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • プロミス

    プロミス
    実質年率最高限度額
    年4.5%~年17.8%500万円
    アルバイト保証人
    可能※①不要

    プロミスは消費者金融カードローンの中でもとても知名度が高く20代から30代の方達にとても人気な消費者金融カードローンです。

    即日融資も可能で業界でもトップクラスの審査スピードを誇っています

    申し込み間口も広くアルバイト・パートの方でも申し込む事が出来ます。

    利便性もとても高く初めてといった方でも安心して申し込む事が出来るカードローンだと思います。

    審査は最短30分で最短1時間で融資が可能となっており即日融資ご希望の方にはもってこいなカードローンとなっております。

    プロミスには30日間無利息※③がありますのでちょっとした短期間での申し込みを希望の時にはとてもおすすめ出来ます。

    またプロミスには女性専用のフリーコールもあり必ず女性オペレーターが対応してくれますので女性でも安心して申し込みをすることが出来ます。

    このようにスピーディーな融資はもちろん利便性もとても高いカードローンですので即日審査をご希望の方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

    公式サイトはこちら
    プロミス ※②限度額50万円以内なら身分証明書のみで借入可能です。
  • アコム

    アコム
    実質年率最高限度額
    年3.0%~年18.0%800万円
    アルバイト保証人
    可能※①不要

    アコムは日本三大メガバンクのうちの1つである三菱UFJ銀行銀行グループが手がけるカードローンでカードローンが初めてといった方でも手軽に申し込む事の出来るカードローンです。

    アコムはCMや街中の広告などでも目にする機会がたくさんあり大手の安心感もあるカードローンだと思います。

    カードローン審査も最短30分で終わります。

    また、アコムはマスターカードのライセンスが与えられており、消費者金融カードローンでは唯一のクレジットカード機能の付いたカードローンです。

    Eメールサービスや24時間返済可能なインターネット返済などといったサポートもしっかりとしていてとても利便性の良いカードローンだという事が出来ます。

    アコムも初めての申し込みの方は30日間無利息といったサービスがあります。

    ですので急いでいて短期間の借入が目的といった方にとてもおすすめ出来るカードローンだと思います。

    50万円までは収入証明書の提出は不要で本人確認書類の提出だけで済みますので申し込みも手軽にする事が出来ます。

    とても利便性が高くスピーディーな融資も可能となっておりますので即日審査カードローンをお探しの方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

    公式サイトはこちら
    • アコム ※①20歳以上で安定した収入がある方であればご利用可能。
  • アイフル

    アイフル バナー
    実質年率最高限度額
    3.0%~18.0%800万円
    アルバイト保証人
    可能不要

    アイフルは即日審査も可能でプライバシーの配慮などといったサービス面でも非常に評価の高い消費者金融カードローンです。

    プロミスやアコムは大手銀行の傘下に入っていますがアイフルは傘下に入る事もなく独自路線を貫き、独自のスコアリングシステムを確立し全国に店舗を展開しています。

    審査スピードもとても早く即日融資も可能となっております。

    またカードローンを利用するときに家族に知られるのが嫌だなといった方はとても多いと思いますがアイフルはカードの受け取りなどの配慮もしっかりとしていてそういったサービス面でも評価が高くそこも人気の理由となっているようです。

    アイフルも30日間は無利息期間として設けられていますので短期間の融資をご希望の方にはおすすめ出来るカードローンです。

    急な出費などで急ぎでお金が必要になったといった方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

    公式サイトはこちら
    • アイフル ※①アイフルの利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額100万円以下の場合。

簡単に借入できるカードローンなんてあるの?

カードローンには様々な種類があり審査基準もそれぞれのカードローンによって異なります。

まずカードローンは大きく3つの種類に分ける事が出来ます。

●銀行カードローン

これは銀行が出しているカードローンの商品です。

比較的金利が低いですが審査は厳しめのカードローンが多いと言われています。

●消費者金融カードローン

これはアコムやプロミスなどの消費者金融が用意しているカードローンです。

現在ではCM等の影響もありとても知名度は高く初めての方でも安心して融資を受ける事が出来るようになっています。

金利は高めですが利便性の良いカードローンが多いです。

●信販系カードローン

こちらはクレジットカード会社などが用意しているカードローンです。

クレジットカードのキャッシングもこの一部に含まれます。

こちらはそれぞれ金利や審査基準は様々です。

カードローン選びのコツ

上記のようにカードローンには種類がありそれぞれの種類で大まかな特徴があります。

即日審査のカードローンは銀行カードローンでも消費者金融カードローンでもありますが即日融資を受ける事の出来る可能性を高くするのであれば消費者金融カードローンがおすすめです。

大手の消費者金融カードローンはほとんどのカードローンが即日融資に対応していてスピーディーな融資が可能ですし、銀行カードローンなどと比較をすると審査に落ちて結局融資が受ける事が、出来なかったといったリスクを軽減する事が出来ます。

また、消費者金融カードローンには30日間無利息サービスなどの特典が付いているカードローンもいくつかありますので、短期間で返済できるといった方などはかえって銀行カードローンよりもお得に融資を受ける事が出来るといった場合もあります。

お急ぎで簡単に申し込みが出来るカードローンをお探しの方は消費者金融カードローンを検討してはいかがでしょうか。

カードローン審査が通るかどうか分からない人が抑えておくべきポイント

カードローン審査というのはそれぞれのカードローン会社に審査基準があり、その審査基準というのは公表されていません。

ですので審査に通るのかが明確にわかるといった事はありません。

ですが一般的なカードローンでの審査基準といった物はありますので審査に通る可能性が高いのか低いのかといった事は大まかに知るといった事は出来ます。

事前に知っておく事で審査に落ちるリスクを減らす事が出来ますし審査に通りやすくなる対策を事前に打つ事も出来ます。

ここではカードローン審査ではどのような事を見られるのかといったポイントを説明していきたいと思います。

●一定の安定した継続的な収入がある事

これはどのカードローンでも共通して言える事で安定した継続的な収入がないとカードローン審査に通る可能性は低くなります。

カードローンにもよりますが安定した継続的な収入があればアルバイト・パートでも申し込む事が出来るカードローンはたくさんあります。

●信用情報に金融事故などの記録がない事

過去に他社のカードローンやクレジットカードの返済などで滞納や延滞や債務整理をしたなどといったいわゆる事故情報があった場合

カードローン審査に通るのは非常に難しくなります。

カードローン会社は信用情報機関に照合をとればそういった情報は入手する事が出来ますのでそういった情報があった場合は審査に通るのは非常に難しいと思った方がいいかもしれません。

ただ信用情報機関の事故情報だったりは5年間で消えるようです。

過去に債務整理をした事があるといった方が審査に通ったといった口コミも多々見受けられますので確実に審査に落ちるといった事はないようです。

●携帯料金の滞納や延滞がないかどうか

意外に盲点になっている事が多い項目で携帯料金の未納や滞納といった事があります。

カードローンやクレジットカードの料金の滞納や延滞がないから大丈夫だと思っていても携帯の料金の滞納や延滞でカードローン審査に落ちてしまうといった方もいます。

携帯料金の滞納などといった情報も信用情報機関には登録されますのでそこも気を付ける必要があるようです。

●属性による審査

カードローン審査は大まかに分けて属性審査と信用度審査の2点から審査が行われます。

属性審査とは年齢や年収、勤務先や雇用形態、家族情報などといった申込者の情報の事です。

カードローン審査でとても重要なのが年収です。

年収に応じて限度額が決まると言っても良い位です。

他にも雇用形態などが審査の際に関わってきます。

●他社からの借入件数や借入金額

カードローン審査の際に申込者が現在どこからどれだけの借入をしているのかといった事が重要視されます。

カードローン会社はそういった情報を調べることが出来ますので他社からの借入件数や借入金額が多いと審査に通りにくくなるようです。

借入総額が同じ場合借入件数が少ない方が少ない方が審査に有利だと言われています。

それは限度額が少ない複数社から融資を受けているよりも一社なり少ない業者から多額の融資を受けている方が

実績を積んで限度額が上がっているという事になりますので信用度が高くなるようです。

●在籍確認が取れるかどうか

どのカードローンでも基本的に行われるのが在籍確認です。

これは申込時に記入した勤務先に実際に在籍しているかどうかといった事を確認する作業の事です。

在籍確認の方法は基本的に電話による確認ですがカードローン会社によっては書類による在籍確認にしてくれたりと融通を利かせてくれるカードローン会社もあるようです。

ほとんどのカードローン会社では在籍確認の際に会社名やカードローンの在籍確認であるといった事などは伏せて個人名で電話をしてきてくれるようです。

また職場に電話が来るのは厳しいといった方もたくさんいるとは思いますが相談する事で融通を利かせてくれるカードローンもあるようです。

申し込む際に電話でオペレーターに相談してみてはいかがでしょうか。

この在籍確認が取れないとカードローン審査に通る事は難しいようです。

カードローン審査ポイントまとめ

どのカードローン審査でもこのような事を見て審査を行うようです。

他にも審査で見る点はありますが基本的にはこのような事が重要な審査のポイントとなっております。

それぞれのカードローンで審査をするポイントは一緒でもその基準というのは異なってきます。

またカードローン審査をする上でもう1つ大事になってきますのは申し込んだカードローンの保証会社はどこなのかといった事です。

カードローン審査は保証会社が行いますので例えば保証会社がアコムの会社に申し込みをしたらアコムの審査になりますので過去にアコムで延滞や滞納などの記録があると審査に通ることが難しくなります。

ですのでカードローンに申し込みをする際はそのカードローン会社の保証会社やどこのグループのカードローンなのかといった事を調べる事も大事かもしれません。

ここに掲載しているのは即日審査を希望している方におすすめのカードローンです。

ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事