カードローン審査を徹底解説!

審査に通るカードローンキャッシングカードローンキャッシングを徹底比較!!即日融資、多重債務のおまとめ、高金利でつらい…など、あなたのお悩みを即座に解決!

65歳以上や年金だけで借りれるカードローンは?審査基準も解説

65歳以上や年金だけで借りれるカードローンは?審査

老若男女を問わず、幅広く活用されているカードローンですが、「希望すれば誰でも借りれられるものではない」のが現実です。

中でも「年齢」に関してはすべてのカードローンで制限が設けられており、未成年はもちろん高齢になりすぎると申し込めないカードローンも多々存在します。

そこで今回は、「カードローンの年齢制限」をテーマに

65歳以上でも借りれるカードローンはあるのか?

収入が年金だけでも利用できるカードローンはあるのか?

などを詳しく解説しながら、おすすめのカードローン情報を合わせてご紹介することにしましょう。

65歳以上でも申し込める!おすすめカードローンを厳選

数あるカードローンの中から「65歳以上でも申し込み可能なカードローン」をピックアップし、更にその中でもおすすめのものを厳選しました。

それぞれの特徴を見ながら、自分の希望する条件と相性の良いサービスを探しましょう。

  • 人工知能を活用した画期的な融資サービス!「AIスコア・レンディング」

    AIスコア・レンディング
    実質年率 最高限度額 審査時間 最短融資
    年0.8%~12.0%※① 1,000万円 仮審査最短30秒 最短30分
    アルバイト 収入証明書不要 事前診断 無利息期間
    可能※② ―※③ あり

    みずほ銀行とソフトバンクが手を結んで発足したJ.Scoreは、AI(人工知能)を活用した画期的な融資サービスを提供しています。

    「人工知能を活用」と言っても仕組みはいたってシンプル。

    提示される質問や項目に返答するだけで、AIがスコア診断を行い、最終的に導き出されたAIスコアに応じて融資条件が設定されます。

    しかも従来あまり重視されなかった趣味や性格などの情報もAIスコアには反映されますので、より有利な条件で借りられる可能性がすべての人に広がりました。

    それでいて金利は業界トップクラスの低金利、スピードも最短30分で融資可能と、あらゆる面でバランスの取れたカードローンです。

    AIスコア・レンディングの申し込み資格

    ■以下のすべての条件を満たす個人のお客さま

    ・ご契約時の年齢が満20歳以上、満70歳以下の国内に居住するお客さま

    ・安定かつ継続した収入の見込める方

    (学生・留学生で、アルバイトなど安定収入がある方もお申込みいただけます。また永住権のない外国人の方もお申込み可能です)

    (※)審査の結果によってはご利用不可の場合がございます。

    公式サイトはこちら
    • J.Score ※①(※)みずほ銀行、ソフトバンクまたはYahoo!JAPANとの情報連携により貸付利率(実質年率)を0.1%引下げいたします(最大0.3%引下げ)。 (※)貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクおよびYahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。 なお、Yahoo! JAPANとの情報連携で金利引下げとなるのは、以下のいずれかを満たす場合です(金利引下げのタイミングはそれぞれの場合で異なります)。 ・情報連携に同意された日の前月末から過去1年以内に「Yahoo!ショッピング」の購買履歴がある ・情報連携に同意された日の前月末から過去1年以内に「ヤフオク!」の落札(支払)履歴がある ・情報連携同意時点で「Yahoo!プレミアム」会員である
    • J.Score ※②満20歳以上、満70歳以下で安定した収入がある方
    • J.Score ※③ジェイスコアの契約極度額が50万円以下かつ他社を含めた借入総額100万円以下の場合
  • スピーディかつ親切で分かりやすい対応に定評あり!「プロミス」

    プロミス
    実質年率 最高限度額 審査時間 最短融資
    年4.5%~年17.8% 500万円 最短30分 最短1時間
    アルバイト 収入証明書不要 事前診断 無利息期間
    可能※① ―※② 簡単3秒診断 30日間無利息※③

    審査が最短30分、融資まで最短1時間とスピーディな対応が魅力のプロミスは、サービスの品質にも高い評価がよく聞かれるカードローンです。

    例えば多くの人が不安を感じる在籍確認でも、出来る限りプライバシーに配慮しつつ、事情によっては会社への電話連絡以外の対応方法を取ってくれることも。

    更に初めての利用なら「30日間利息0円」の特典サービス付きなので、利息を抑えたい人にもピッタリです。

    プロミスの申し込み資格

    ・お申込みいただける方の条件は、年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方です。

    主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方はご審査のうえご利用が可能です。

    公式サイトはこちら
    • プロミス ※①主婦・学生:安定した収入がある方に限る。
    • プロミス ※②限度額50万円以内なら身分証明書のみで借入可能です。
    • プロミス ※③30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
  • 独自の審査システムで審査通過率も高い!「アイフル」

    アイフル バナー
    実質年率 最高限度額 審査時間 最短融資
    3.0%~18.0% 800万円 最短30分 最短1時間融資
    アルバイト 収入証明書不要 事前診断 無利息期間
    可能 50万円まで※① 簡単1秒診断 初回限定30日間

    メガバンク傘下に入らず独自路線を貫いてきたアイフルは、独自のスコアリングシステムを持ち、高い新規貸付率を出しているのが特徴です。

    また「お急ぎの方専用ダイヤル」が設置されているので、急いでキャッシングしたい人にも相性の良いカードローンでしょう。

    申し込みから借り入れまで「申し込み」⇒「審査」⇒「ATMや振り込みで借入」の分かりやすい3ステップで完了する点も初めての方におすすめできるポイントです。

    アイフルの申し込み資格

    ・満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

    ※なお、お取引中に満70歳になられた時点で新たなご融資を停止させていただきます。

    公式サイトはこちら
    • アイフル ※①アイフルの利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額100万円以下の場合。
  • 在籍確認に特徴あり!「SMBCモビット」

    SMBCモビット
    実質年率 最高限度額 審査時間 最短融資
    3.0%~18.0% 800万円 審査時間:10秒簡易審査※① 最短即日も可能※②
    アルバイト 収入証明書不要 事前診断 無利息期間
    可能※③ 簡単お借入診断

    オリコン 日本顧客満足度ランキング ノンバンクカードローン第1位」を獲得するなど、実際にSMBCモビットを使っている人の満足が高く、安心して申し込みやすいのがまず一番のメリットです。

    また、不安になりがちな審査の進行状況や審査結果、入会手続き完了までの状況について、「審査結果照会」サービスを提供し、逐一進行状況が確認できる点も特徴的。

    そして何と言ってもカードローンの中では珍しい、「WEB完結申込なら電話連絡なし」と明示しているところが、職場への電話を避けてキャッシングしたい人から好評を得ています。

    電話連絡なしにするには?

    WEB完結申し込みを行うための以下条件を満たしている必要があります。

    ・三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている(本人名義の口座に限る)

    ・全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険証をお持ちの方

    SMBCモビットの申し込み資格

    ・満年齢20才~69才の安定した収入のある方(当社基準を満たす方)

    アルバイト、パート、自営業の方も利用可能です。

    公式サイトはこちら
    • SMBCモビット ※①申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
    • SMBCモビット ※②14:50までの振込手続完了が必要です。審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
    • SMBCモビット ※③アルバイト・パートを含む安定した収入がある方。

収入が年金だけでも申し込めるおすすめカードローンは?

60歳、もしくは65歳を超えると、「収入が年金のみ」という方も多くいらっしゃるでしょう。

そこで今回「収入が年金のみでも申し込めるカードローン」を選出して、更に比較を重ねたところ・・・

一番のおすすめは「レイクALSA」です!

商品やカードローンとしての特徴もまとめて紹介しますので、一通り目を通してみてください。

  • スピードと2種類の無利息サービスが魅力!「レイクALSA」

    レイクALSA
    実質年率 最高限度額 審査時間 最短融資
    4.5%~18.0% 500万円 申込み完了画面に表示 公式サイト参照
    アルバイト 収入証明書不要 事前診断 無利息期間
    可能 簡単お借入れ診断 30日間無利息

    「レイク」ブランドは長い間人気カードローンとして提供が続けられてきましたが、以前の「新生銀行カードローン レイク」から新たに生まれ変わった新ブランドが「レイクALSA」です。

    これまでの実績を活かし、申し込み後の画面に審査結果を表示するなど、独自のサービスで審査や申し込み時の不安を大きく解消してくれる点が大きな特徴です。

    更に独自のサービスとして「選べる2種類の無利息サービス」を提供しており、返済負担を軽減する上で非常に大きなメリットを兼ね備えています。

    無利息サービス詳細

    1.契約額1?200万円で初めての方なら、借入額のうち5万円まで180日間利息0円

    (5万円以上のお借入れも可能で、5万円超分は通常金利適用)

    2.契約額1万円?500万円で初めての方なら、借入額全額30日間利息0円

    ※「1」「2」いずれかを利用者の意思で選択可能。

    対象者

    レイクALSAを初めて契約した方

    無利息開始日

    ご契約日の翌日から開始

    AIスコア・レンディングの申し込み資格

    ・満20歳~70歳(国内居住の方)

    ・収入が年金のみの方でもお申込みいただけます。ご契約には所定の審査がございます。

    年金の受給金額が確認できる、年金証書・年金振込(支払い)通知書・公的年金等の源泉徴収票のいずれか一点をご用意ください。

    ※ご本人さま名義のものに限ります。

    公式サイトはこちら

何歳まで申し込める?カードローンの年齢制限について

何歳まで申し込める?カードローンの年齢制限について

カードローンでは会社や商品が違えど、基本的にほぼすべてのものに「年齢制限」が設けられています。

ただしこの年齢制限については、各社が公表しており、申し込む前に確認できますので「審査を受けてみると、実は年齢制限に引っかかっていた」などということはありません。

要は申し込み前に「何歳~何歳まで申し込めるのか?」をチェックしておけば良いだけ。難しく考える必要はないんですね。

では具体的な年齢制限の幅や基準について、ここから詳しく解説していきたいと思います。

大手カードローンの年齢制限を比較

カードローンの中でも特に利用者が多く、人気の高いものをピックアップし、それぞれの年齢制限(申し込める)を一覧表にまとめました。

まずは以下をご覧ください。

カードローン 申し込み可能年齢
プロミス 年齢20~69歳
アコム 20歳~69歳
アイフル 満20歳以上69歳まで
SMBCモビット 満20歳以上69歳以下
レイクARSA 満20歳~70歳
三菱UFJ銀行カードローン 満20歳以上65歳未満
みずほ銀行カードローン 満20歳以上満66歳未満
りそな銀行カードローン 満20歳以上満66歳未満

上から5つは消費者金融、下3つは銀行カードローンになります。

それぞれを見てみると、消費者金融では年齢上限が69歳もしくは70歳となっていますが、銀行カードローンの多くは65歳前後の年齢上限に設定されているのが分かります。

ちなみにもし年齢制限の範囲内で審査に通ったとしても、ある一定(70歳など)の年齢に達すると新しく融資を受けられないカードローンも多く存在しますので、注意しましょう。

年齢に関する注意例

A社:申し込みの年齢制限=65歳まで

   新規貸し付けの年齢制限=69歳まで

A社に67歳の時申し込み、審査に通ったとすると・・・

年齢が70歳を超えた後は、新たに借り入れは行えない。

(実質的に67~69歳の間のみ借り入れが可能)

カードローンの年齢制限は何が基準になっている?

前述した複数のカードローンにおける年齢制限では、全体的に65歳を超えると申し込みが厳しくなる傾向にあるのがよく分かるかと思います。

では年齢が60台中盤~後半に入ると、なぜ申し込みの受け入れが厳しくなるのでしょうか?

1.健康的なリスク

2.仕事からリタイアしやすくなる世代

3.年金暮らしに移るタイミング

要因としては、主に上記3つが考えられます。

というのもカードローンは利用者からすれば「お金を貸してくれるサービス」だと思いがちですが、「借りた後には返済の必要がある」からこそ、貸す側からすれば「返済できなくなるリスク」を考慮しなければなりません。

従って、ある程度高齢になると以下のようなリスクが考えられるようになります。

1.健康を損ねると働けなくなったり、医療費がかさみ返済に回す余裕がなくなる

2.仕事からリタイアすると、収入が減り返済に回す余裕がなくなる

3.年金暮らしだと収入そのものが少ない

以上の点から、日本の定年の平均値となっている60~65歳前後を超えると、カードローンの申し込みが難しくなってしまうわけですね。

ただし、前述の通り年齢の上限については各社一律でなく、カードローンごとにばらつきがありますので、賢く選べば高齢の方でも申し込むことは可能です。

年金受給者はカードローンで借りれる?

年金受給者はカードローンで借りれる?

結論から先に申し上げておくと、「年金受給者でも申し込めるカードローンはたくさんある」のが現状です。

ただし、ほとんどのカードローンで「条件が設けられているので注意」しましょう。

年金受給者でも申し込めるか?大手カードローンを比較

年齢制限と同じように、ここでも大手カードローンを比較してみましょう。

一覧表にまとめましたので参考にしてみてください。

カードローン 年金受給者の申し込み 申し込みの条件
プロミス 年金以外に働いて収入を得ていること
アコム 年金以外に働いて収入を得ていること
アイフル 年金以外に働いて収入を得ていること
SMBCモビット 年金以外に働いて収入を得ていること
レイクARSA 収入が年金のみでも申し込み可能

どこもほとんど同じなので割愛しましたが、ほとんどのカードローンで「年金+働いて得た収入」がないと申し込みできないシステムとなっています。

この理由は「年金」や「生活保護」など、働いて得た以外のものを「安定した収入」と認めていない場合が多いからです。

一覧表で示したものの中では、唯一「レイクARSA」だけが年金収入だけでも申し込み可能となっていますので、ここはうまく活用したいところですね。

↓↓レイクALSA公式サイト↓↓ 公式サイトはこちら

65歳以上だと審査が厳しい?高齢者のカードローン審査について

65歳以上だと審査が厳しい?高齢者のカードローン審査について

申し込みできるかどうかももちろん大事ですが、カードローンは審査に通らない限り利用できませんので、審査基準もやはり気になるところです。

カードローン審査にて高齢者がどのような評価を受けるのか?

分かりやすく解説しました。

カードローン審査では何が重視される?

カードローン審査は年齢や収入額だけでなく、あらゆる情報を元に総合的な判断の元で結果が下されます。

イメージとしてはテストの採点のようなもので、「満点でなく、減点があったとしても審査に通ることはある」わけですね。

ただし、数ある審査項目の中でもより重要視される要素というものも存在します。

一定の収入額(年収)

信用情報

他社借入額

これら3つの材料はどんなカードローンでも非常に重視されやすい項目で、「重大な問題が一つでも見つかると、それだけで審査に通過できないこともあります」

例えば収入を毎月得ていたとしても、月に数万円程度の収入では「返済能力とみなされる」ケースも少なくありません

年金のみでは申し込めないカードローンが多いのも、この収入額が少なからず関係しているでしょう。

また、「個人のお金に関する履歴書」のような役割を持つ信用情報内に、以下のような事故情報がひとつでも見つかると、審査通過は非常に厳しくなります。

事故情報の代表例

・長期の支払い延滞

・代位弁済記録(利用者が支払わず、保証会社などが支払いを肩代わり)

・自己破産履歴

・債務整理履歴

・契約の強制解約(利用者が重大な問題を起こした挙句の強制解約)

・申し込みブラック(短期間(3か月など)に複数のクレジット・ローンに申し込んでいる)

自分の信用情報は、「信用情報機関(日本には現在3つ)」に問い合わせることで照会が可能なため、気になる方は自分の目で確認するのもアリでしょう。

⇒カードローンの審査に通らない理由は?個人信用情報について徹底解説

そしてもう一点。

他社借り入れ状況は、「借り過ぎている場合」審査で大きくマイナス査定を食らってしまうので注意が必要です。

以下が主な目安となりますので、参考にしてみてください。

他社借入件数がすでに3件以上ある

他社ですでに年収の1/3を超える借り入れを行っている

①の借入件数については、件数が多すぎる=お金の管理が下手で、継続的に借金を繰り返しているとみなされやすいため、マイナス査定の確率がアップします。

更に他社借入額自体も注意が必要です。

特に消費者金融の場合、貸金業法内の総量規制にて「年収の1/3を超える融資を制限する旨」が記載されていますので、消費者金融では申し込み前にすでに年収の1/3を超える借り入れがある場合は基本的に審査に通過できません。

ちなみに銀行カードローンであっても、目安として年収の半分以上の借り入れがあると審査通過は厳しくなります。

高齢者は審査が厳しい?

やはりカードローン審査の傾向として、年齢が高くなればなるほど審査は厳しくなりやすいと考えて良いでしょう。

理由はシンプルです。

カードローンは借りたお金をほとんどの人が分割して毎月支払う方法を取っているからです。

例えば以下2パターンを比較してみましょう。

Aさん30歳:正社員(年収400万円)

■50万円をM社から借入:毎月15,000円ずつ返済

5年をめどに完済予定(約51回支払うと完済)

Bさん68歳:年金+アルバイト(年金と合わせて年収200万円)】

■50万円をM社から借入:毎月15,000円ずつ返済

5年をめどに完済予定(約51回支払うと完済)

両者はともに同じ金額を借り入れ、毎月同じ額を返済する設定にしています。

ところが客観的に見てみると、AさんはBさんの2倍の年収を得ており、更にまだ30歳であるため今後も安定して働きながら収入を得る可能性は高いと判断できます。

いっぽうBさんは契約当時68歳と、70歳を目前にしており健康面の不安だけでなく、収入額も十分とは言えない場合があるでしょう。

このように年齢が高くなればなるほど、貸す側からすれば「貸し倒れのリスク」が高いと判断せざるを得なくなるのです。

従って、高齢者というだけで審査では厳しく見られると言えるかもしれません。

もちろん高齢者が全員審査に落ちるわけではありませんので、申し込み資格や利用条件を満たしているのであれば融資契約を結べる場合も大いにあります。

65歳以上や年金受給者のカードローン審査まとめ

ここまで65歳以上の方や年金受給者の方にとってのカードローンについて詳しく解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

高齢者は審査が厳しくなりがちとはいえ、各社審査基準や年齢制限が異なりますので、65歳以上であっても、更に収入が年金だけでも申し込めるカードローンは存在します

審査基準はもちろん、商品そのもの特徴やサービス内容も踏まえて、自分にぴったりのカードローンを見つけてください。

↓↓カードローンのおすすめ参考情報↓↓

⇒審査に通るおすすめカードローンランキング!審査通過率などを比較

⇒借りられるか心配な方のために!消費者金融の審査基準を徹底解説!

⇒即日審査・審査簡易なカードローンキャッシングは?審査基準も解説

関連記事