カードローン審査を徹底解説!

審査に通るカードローンキャッシングカードローンキャッシングを徹底比較!!即日融資、多重債務のおまとめ、高金利でつらい…など、あなたのお悩みを即座に解決!

アパートの賃貸契約のためにお金借りれるの?

20歳以上など、最低限の規定はあるものの、老若男女問わず幅広く利用できるカードローン。

急な出費が必要な時に助けてくれることも多いカードローンですが、アパートやマンションを借りる際に利用することは可能なのでしょうか?

カードローンの基礎知識と共に、タメになる具体的な情報を分かりやすく解説することにしましょう。

アパート借りたい時におすすめのカードローン

ではまず最初に、アパートやマンションを借りたい時におすすめのカードローンをいくつかご紹介したいと思います。

それぞれの特徴をとらえながら、自分に見合ったカードローン選びの参考にしてみてください。

  • SMBCモビット

    SMBCモビット
    実質年率最高限度額審査時間最短融資
    3.0%~18.0%800万円審査時間:10秒簡易審査※①最短即日も可能※②
    保証人収入証明書不要事前診断在籍確認
    なし簡単お借入診断あり

    三井住友銀行グループに属する会社であるSMBCモビットは、メガバンク系のため、信頼度も高く安心感を抱く人も多いようです。

    また、「2016年 オリコン 日本顧客満足度ランキング ノンバンクローン第1位」にも輝いており、利用者の満足度が高いこともよく分かります。

    カードローン審査時に気がかりな在籍確認をWEB完結なら電話連絡なしで行ってくれるケースもあるなど、利用者への配慮も十分。

    商品のスペックだけでなく、サービス面も期待したい人にとってはおすすめのカードローンです。

    公式サイトはこちら
    • SMBCモビット ※①申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
    • SMBCモビット ※②14:50までの振込手続完了が必要です。審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
  • プロミス

    プロミス
    実質年率最高限度額審査時間最短融資
    年4.5%~年17.8%500万円最短30分最短1時間
    保証人収入証明書不要事前診断在籍確認
    なし―※②簡単3秒診断あり

    プロミスはSMBCグループの完全子会社であるSMBCコンシューマーファイナンスが手掛けるカードローンです。

    その為、安心感や信頼度は抜群。審査についても最短で30分、融資まで最短で1時間とスピーディな対応が特徴ですので、急な出費時にもおすすめのカードローンと言えるでしょう。

    若い世代だけでなく、女性や上の世代にも人気のカードローンであり、初めての方には特におすすめです。

    公式サイトはこちら
    • プロミス ※②限度額50万円以内なら身分証明書のみで借入可能です。
  • アコム

    アコム
    実質年率最高限度額審査時間最短融資
    年3.0%~年18.0%800万円最短30分最短1時間
    保証人収入証明書不要事前診断在籍確認
    なし簡単3秒診断あり

    テレビCMでもおなじみのアコム。審査スピードも業界トップクラスであり、最短で即日の融資も可能となっています。

    また、申し込みについても、電話やネット、自動契約機、店頭窓口など、ニーズに合わせて様々な形で利用できるのも特徴でしょう。

    どこでも誰でも、気軽に利用しやすい点はカードローンという商品の特性上、大きなメリットであると言えます。

    公式サイトはこちら
  • アイフル

    アイフル バナー
    実質年率最高限度額審査時間最短融資
    3.0%~18.0%800万円最短30分最短1時間融資
    保証人収入証明書不要事前診断在籍確認
    なし50万円まで※①簡単1秒診断あり

    消費者金融大手のほとんどがメガバンクの傘下、グループに属する中、アイフルは一貫して独自路線を貫いてきた消費者金融です。

    それでもスピーディな対応と丁寧かつ利便性の高いサービスにおいて、今や全国に店舗を構えるほどの成長を遂げました。

    申し込み方法の豊富さ、店舗の数、初めての利用であれば最大30日間利息0円のサービスがあるなど、総合的に見ても十分魅力的なカードローンです。

    公式サイトはこちら
    • アイフル ※①アイフルの利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額100万円以下の場合。

アパート借りたい時にカードローンは利用できる?

アパートやマンションに引っ越しを行う際、負担になるのは家賃だけでなく、引っ越しや入居にかかるその他の費用でしょう。

ある程度まとまったお金が必要になる為、貯金などしておかないと引っ越したくても引っ越せないケースに陥ってしまいます。

ここからはより具体的な部分を解説しながら、引っ越し時のカードローン利用についてお話ししていくことにしましょう。

引っ越し時の費用について

まず、引っ越し時の費用ですが、目安として家賃の3~7か月分の資金が必要であるとの意見が一般的なようです。

引っ越料金だけでなく、1カ月分の家賃を前払い、敷金・礼金(ともに家賃2カ月分等)、保険料などを考えると、確かに数10万円の費用が必要なことはよく分かります。

もちろん、家族の人数や時期、敷金・礼金の有無などによって左右はされますが、目安として家賃の5倍程度はかかると考えておいた方が良いかもしれません。

アパート借りる時のキャッシングについて

一回に数10万円の費用ともなれば、確かに簡単にねん出するのが難しい人も出てくるでしょう。

その為、カードローンでまとまったお金を借りて引っ越す、と考えるのはごくごく自然な発想かと思います。

ではこのようなケースにおいてカードローンは利用出来るのか?

単刀直入に申し上げると、「利用は可能」です。

ただ、あくまで誰でも利用可能という訳ではありませんので、その点は勘違いしないでください。

ここで言いたいのは、カードローンは「借入金の用途について制限を設けていることが多い」のですが、引っ越しやアパートを借りるためであれば基本的に用途としては認められる、という部分になります。

逆にギャンブルなどの場合は、そもそも融資を認められないケースが多いため、そういった意味で引っ越し時の借入に関しては特に問題ないと考えると良いでしょう。

カードローン審査における注意点

基本的にアパートを借りる際の費用や、それに付随して発生する引っ越しのお金としてカードローンを利用するのは問題ありません。

しかし、一番大切なのはカードローンの審査に通ること。

借入金の用途が問題なかったとしても、審査に通過しなければ当然キャッシングは利用できません

では具体的にカードローン審査ではどのような点がポイントとなるのか?

ここからいくつかの項目別に分けて解説したいと思います。

カードローン審査のポイント:①個人信用情報

個人信用情報とは、第三者機関に保存されたその人の「お金に関するプロフィール情報」のようなもの

カードローン審査においては非常に重要な判断材料とされ、審査の可否においても大きく影響してくる情報です。

ちなみにお金に関するプロフィールと言っても、その内容はローンやクレジットなどの信用取引に関する情報のみとなっており、たとえば現金での取引等は全く無関係です。

クレジットカードの申し込み、契約、支払い履歴。ローン各種の申し込み、契約、支払い履歴。

更にそこに加えて、強制解約履歴の有無や債務整理、自己破産の有無といった情報が保存されていると考えてください。

この個人信用情報を基に判断されるのは、当然お金に関わる信用性です。

例えば、過去に自己破産している人がいたとしたら、貸す側からしても「貸したお金をまた返してもらないのでは…?」と疑問を抱いても当然ですよね?

このように、個人信用情報は「お金を貸してもしっかりと返せる人かどうか」を見極める上で欠かせない判断材料と言えるでしょう。

ちなみに個人信用情報の中で、以下のような「金融事故」に関する情報が見つかった場合、カードローンの審査通過は非常に難しくなる為覚えておいてください。

■支払いの長期延滞
■度重なる支払遅延
■申込者に原因のある契約の強制解約
■自己破産
■債務整理
■代位弁済の履歴(本来自分が支払うべき借入金などを、保証会社等に肩代わりしてもらっている)

ひとつひとつ見ていくと分かる通り、いずれも信用性を大きく落とす履歴ですので審査通過が厳しくなってしまうのも納得できるでしょう。

ちなみに日本ではこの個人信用情報を管理している「個人信用情報機関」が3つ存在し、いずれも本人であれば登録されている情報の開示が可能です。

登録情報は一定期間経つと消える仕様にもなっていますので、自分の信用情報が気になる方はカードローンの申し込み前にチェックしておくのが良いでしょう。

カードローン審査のポイント:②属性

申し込み者本人の収入や勤務先、住居情報(持ち家か賃貸か、月の支払額など)、家族構成、他社からの借入額など、申告した情報全てをまとめたものが属性です。

これらの情報は本人確認だけでなく、当然審査時にも吟味され、ひとつひとつ採点されるような形で審査結果に影響を及ぼします。

例えば、勤務年数:3か月だと、その後も継続してその勤務先で働く可能性が不透明なためプラスにはならない。

未婚者よりは既婚者の方が社会的信頼度が高いためプラス、などといった具合です。

前述した信用情報に問題がないにも関わらず審査に落ちてしまった場合は、まずこの属性を疑うようにしましょう。

カードローン審査のポイント:③総量規制

この総量規制について、対象となるのはあくまで消費者金融になります。 消費者金融には貸金業法という法律が課されており、総量規制はその中の取り決めの一つ。

内容としては、「申し込み者の年収の3分の1以上の貸し付けを制限する」取り決めになります。

その為、消費者金融のカードローンに申し込んだ場合は、年収の1/3までしか融資を受けることが出来ず、更には「他社からの借入」も合算した上で計算されることを覚えておきましょう。

つまり、年収300万円の人が既に他社から100万円を借入ている場合、新たに消費者金融へ申し込んでも融資は受けられません。

※総量規制にも例外がある為、絶対ではない。

従って消費者金融へと申し込む場合は、この「総量規制」も頭に入れた上で、収入と借入金額の計算を行っておくようにしましょう。

審査に不安がある場合は消費者金融がおすすめ

アパートやマンションを借りたい時のキャッシングについては、何百万円と資金が必要なケースはほとんどありません。

その為、限度額よりも「まずは審査に通りたい」「即日審査のキャッシングを選びたい」と考える方も多いでしょう。

そうなると、やはりおすすめなのは消費者金融です。

あくまで条件がそろっていることが大前提ですが、即日融資を受けられるカードローンもありますし、何より銀行カードローンよりは審査にかかる手間・時間などが抑えやすい点も特徴です。

と言うのも銀行カードローンの場合、「保証会社の保証を付けること」が基本的に融資の条件となっており、その為、審査では保証会社と銀行ふたつの審査を受けなければならないのです。

逆に消費者金融は保証会社を付けないパターンがほとんどですので、審査に通りたい、審査に不安があると考える方は、消費者金融をまず選択肢として優先することをおすすめします。

関連記事