カードローン審査を徹底解説!

審査に通るカードローンキャッシングカードローンキャッシングを徹底比較!!即日融資、多重債務のおまとめ、高金利でつらい…など、あなたのお悩みを即座に解決!

プロミスのカードローンatmを徹底調査!

大手消費者金融のプロミスはテレビコマーシャルでもおなじみのカードローンですが、審査が最短30分、融資も最短で1時間とスピーディな対応に定評があります。

しかし人気の秘密はスピードだけではありません。

実際に融資契約を結んだ後の利便性に関しても評価が高く、要するに「使いやすいカードローン」として年齢を問わず支持されているのが特徴です。

さて、ところで皆さんはキャッシングする際、どのような方法でお金を借りようと考えるでしょうか?

最近では電話やWEB依頼にて自分の口座への振込キャッシングができるカードローンも増えていますが、やはり筆頭はATMでのキャッシングでしょう。

消費者金融、銀行カードローンに限らず、近年は提携ATMを利用できるカードローンが増えているため、コンビニやスーパー、駅周辺など、場所を選ばず思い立った時に利用できるのがATMの何よりの利点です。

ただし、カードローンやATMごとに設置場所や利用可能時間などは異なり、時間によって利用手数料が変動するケースも少なくありません。

そこで今回はプロミスのATMに関して、設置場所、提携ATMの数、手数料など、詳しく解説していきましょう。

すでにプロミスをご利用の方も、これからプロミスの申し込みを検討している方も、普段の使い方における参考になるはずですので、一通りチェックしてみてください。 公式サイトはこちら

目次
  1. プロミスのカードローンとは?
    1. ─商品情報
    2. ─プロミスのカードローンの審査はどうなの?
  2. プロミスの提携ATMの設置場所は?
    1. ─プロミスのATMの設置場所
    2. ─提携ATMの設置場所
  3. プロミスのATMの利用時間は?
    1. ─スマホATMについて
  4. ATMでキャッシングをしたら手数料はかかるの?
  5. プロミスのATMに関する解説まとめ

プロミスのカードローンとは?

プロミスのATM関連の情報を紹介する前に、おさらいとしてプロミスの商品情報や特徴を一通り記載しておきましょう。

特にプロミスについてあまりご存じない方は、ここである程度の特徴やメリット・デメリットを確認しておいてください。

他のカードローンと比較する際の参考にもなるはずです。

  • プロミス

    プロミス
    実質年率最高限度額審査時間最短融資
    年4.5%~年17.8%500万円最短30分最短1時間
    アルバイト収入証明書不要事前診断無利息期間
    可能―※⑤簡単3秒診断30日間無利息※②
    プロミス ※②30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    プロミス ※⑤新規申込のお客様でプロミスのご利用限度額が50万円を超えるお客様は収入証明書類の提出が必要です。

    三井住友フィナンシャルグループの完全子会社であるプロミスは、大手メガバンクの傘下に入っているだけであって安心感抜群

    最短30分の審査に代表されるように、急な出費や急いでキャッシングしたい人にもピッタリのカードローンです。

    また、プロミスは初めての利用であれば30日間無利息で利用できるサービス※②も用意されており、計画的に使えば利息なしでのキャッシングも可能でしょう。

    そのほかにもWEB上だけで申し込みから契約まで完結させられたり、女性専用の問い合わせ窓口を用意していたりと、利用者に配慮した様々なサービスが用意されています。

    プライバシーへの配慮も十分なので、他人にバレずにキャッシングしたい人には特に人気

    世代や性別を問わず、幅広い層から支持されている、カードローンの中でも特に人気と支持率の高い消費者金融と言えるでしょう。

    ≪お申込みいただける条件≫

    お申込みいただける方の条件は、年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方です。

    主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方はご審査のうえご利用が可能です。

    公式サイトにて、数秒で完了できる「お借入シミュレーション」も用意されています。 審査が不安な方は事前に診断してみましょう。

    公式サイトはこちら
プロミスのカードローン審査はどうなの?

いくらスピード審査が可能で、利便性が高くてもカードローンは審査に通らなければ利用できません。

ではプロミスの審査難易度はいったいどの程度なのでしょうか?

まず第一に、プロミスをはじめとした消費者金融は他の銀行系カードローンや信販系カードローンに比べて審査難易度が低い傾向にあります

大きな理由としては、例えば銀行カードローンでは融資の条件として保証会社をつけなければならず、審査の段階で銀行と保証会社、両方の審査を受けなければいけない点などが挙げられます。

その点消費者金融は基本的に保証会社は付けずに融資契約を結べるため、審査にかかる時間が短縮されるだけでなく、また審査自体も比較的柔軟な傾向にあると言えるのです。

次に下記の表をご覧ください。

カードローン審査通過率
プロミス42~45%
アコム45~49%
アイフル44~49%

金融機関ではカードローン審査の通過率をIR情報として公表しているのですが、大手消費者金融は軒並み40%台の審査通過率となっています。

例えばこれが銀行カードローンになると審査通過率が40%を下回ることもざらで、もちろん銀行カードローンには低金利というメリットがあるとはいえ、消費者金融がいかに柔軟な審査を行っているかがわかるでしょう。

プロミスの審査ポイント

審査に通る上でまず一番に考えるべきは、信用情報です。
信用情報とは、ひとりひとりのお金に関する履歴書のようなもので、過去一定期間にさかのぼってクレジット・ローン関連の申し込み、契約履歴、支払い履歴、残高などの各種記録が登録されています。

またそのほかにも債務整理や自己破産などのいわゆる事故情報や、支払い延滞の記録などが蓄積されて保存されており、クレジット・ローン関連の審査時にはこの審査情報を各社チェックしています。

といっても信用情報は自社で保管・管理しているわけではありません。
信用情報機関という第三者機関にて管理されており、必要に応じて各社がこの信用情報機関に照会を求めるシステムとなっているのです。
要するにクレジット・ローン関連の契約や支払い履歴などがこの信用情報機関に集まってきているわけですね。

ですからたとえプロミス以外で支払い延滞の履歴がある際も、その内容は信用情報を通じて確認されますので、審査時にはマイナス査定として判断されます。

特に以下のような重大な事故情報が審査時に確認された場合、たとえプロミスであろうと審査通過は厳しくなりますので覚えておきましょう。

支払いの長期延滞履歴
度重なる支払いの遅延履歴(期間に関係なく)
自己破産、債務整理の記録
利用者に原因のある強制解約
短期間に複数のローン・クレジットへの申し込み履歴(通称:申し込みブラック)

上記に該当する情報について心のあたりのある方は、一度自分の信用情報をチェックしてみましょう。
信用情報機関に照会を求めれば、本人なら情報開示にて内容の確認が可能ですので、該当情報が信用情報内に残っているか否かをチェックしてください。
問題が見つかった場合は、該当情報が信用情報内から消えるのを待ったうえでカードローンへの申し込みを検討しましょう。
(信用情報内に登録されている記載内容にはそれぞれ保存期間が設定されており、保存期間が過ぎると記載が消える仕様となっている)

ただし、プロミスや三井住友系列で支払いの延滞などの履歴があった場合、自社で保管して記録が残っている可能性がありますので、信用情報内から消えていても注意が必要です。

公式サイトはこちら

プロミスの提携ATMの設置場所は?

プロミスが利用できるATMは全国に100,000台以上。 自社ATMだけでなく、27,000店舗(2018年3月現在)以上のコンビニエンスストアと提携しているため、どこにいても、いつでもキャッシングしやすいカードローンとして魅力的です。

ではATMの詳細について、種類別に詳しく紹介していきましょう。

プロミスのATMの設置場所

プロミスの自社ATMは全国に990台設置されています。

なお、入出金はプロミスの自動契約機、店舗窓口(お客様サービスプラザ)、など様々な形での利用が可能で、自社ATMは基本的に自動契約機だと考えてください。

自動契約機のメリットは何と言っても手数料が無料なところ。

キャッシングしたい時に近くにプロミスの自社ATMがあるのなら、手数料を考えても積極的に利用したいところですね。

提携銀行ATMの設置場所

自社ATM以外にも、プロミスは様々な銀行やコンビニと提携を結んでいるため、いたるところでキャッシングが可能です。

提携ATM

■ゆうちょ銀行

■Enet

■ローソンATM

■セブン銀行

金融機関

次の金融機関では、お借入れとご返済が可能です。

親和銀行、広島銀行、八十二銀行ではお借入れが可能です。

■三井住友銀行

■第三銀行

■三菱UFJ銀行

■福岡銀行

■西日本シティ銀行

■熊本銀行

■セブン銀行

■ゆうちょ銀行※

■イオン銀行

■親和銀行

■横浜銀行

■広島銀行

■東京スター

■八十二銀行

※ゆうちょ銀行でのお借入れ・ご返済には、Web明細のご登録が必要です。

クレジット会社

次のクレジット会社では、お借入れとご返済が可能です。

■クレディセゾン

コンビニエンスストア メディア端末(返済手数料0円)

ローソン、ミニストップ、ファミリーマートに設置されているメディア端末を利用してご返済が可能です。お借入れはご利用できません。

■Loppi

■MINISTOP Loppi

■Famiポート

※ローソンのLoppi、ミニストップのLoppi、ファミリーマートのFamiポートをご利用いただくと、返済手数料が0円でご返済いただけます。 公式サイトはこちら

プロミスのATMの利用時間は?

銀行口座からの入出金時などと同じく、提携ATMでプロミスを利用する際には利用時間が限られている場合があります。

とはいえ、ATMは種別や設置場所ごとに利用時間が異なるため、詳細は公式サイトで確認するのが一番でしょう。

※公式サイトではATM検索機能が用意されています。

ただし、毎週月曜0時~7時はシステムメンテナンスのため、全ての提携ATMが利用できないとのことですので、このタイミングだけは注意しましょう。

とにかく時間を気にせずに借り入れを行いたいなら、やはり24時間営業のコンビニATMが一番利用できる確率は高くなります。

スマホATMについて

プロミスでは独自のサービスとして、「スマホATM」が用意されています。

これは、セブン銀行のATMで、プロミスカードを使わずに、スマホだけで現金のお借入れ、ご返済ができるサービスです。アプリでセブン銀行のATMに表示されるQRコードを読み込み、アプリに表示されるワンタイム暗証番号などの入力操作を行うだけでOK。原則24時間365日お取引きできます。

プロミスにはアプリが用意されていますので、アプリならではサービスと言えますが、カードなしでATMを利用できるのは現代人にとって利便性の高いメリットではあるでしょう。

スマホATMの注意点

・最新のプロミス公式アプリ(Ver3.0.0以上)にてご利用いただけます。
・すでにアプリをダウンロードしているお客さまは、アップデートを行ってください。
・有効なメールアドレスのご登録がご利用条件となります。また、お取引後、お取引完了メールを送信します。
・セブン銀行ATM休止時間、および当社のシステムメンテナンス時間帯はご利用いただけません。
(定期メンテナンスは毎週月曜日0:00~7:00です。また、元日は終日サービスを停止します。)
・セブン銀行ATMは、設置店舗の営業時間等により、利用時間が異なります。

公式サイトはこちら

ATMでキャッシングしたら手数料はかかるの?

ATMに利用手数料はつきものですが、プロミスのキャッシングをATMで行った場合、利用するATMにより手数料の有無が変わります。

手数料無料のATM

■プロミスATM

■三井住友銀行提携ATM

上記のATMであればいつでも手数料が無料で利用できます。

手数料が発生するATM

■プロミスATM、インターネット返済、お客様サービスプラザ(店頭窓口)、銀行振込以外の提携ATM(三井住友銀行提携ATMは除く)

提携金融機関ATM・コンビニATMのお取引額に応じ、提携ATM利用手数料が発生します。

詳細は以下をご覧ください。

また、提携ATMで発生した手数料に関して、借入時と返済時で返済のタイミングが異なります。

こちらも詳細は以下一覧表を参照してください。

要するに、借入時に発生する提携ATM利用手数料は、次回返済時に清算し、返済時に発生する提携ATM利用手数料は、返済とあわせて清算する形になります。

プロミスのATMに関する解説まとめ

プロミスは提携ATMの数が多く、またスマホアプリと連動したサービスも展開しているため、キャッシング及び返済時の使い勝手は高い品質を持っていると言えるでしょう。

しかしながらATMごとに利用可能時間や手数料の有無が異なる点には注意が必要です。

なるべく手数料を抑えたいのであれば、プロミスATMか三井住友銀行提携ATMを探すのがベストだと覚えておいてください。

使い勝手の良さも踏まえたうえで、プロミスを他のカードローンとも比較してみてはいかがでしょうか。 公式サイトはこちら

関連記事