カードローン審査を徹底解説!

審査に通るカードローンキャッシングカードローンキャッシングを徹底比較!!即日融資、多重債務のおまとめ、高金利でつらい…など、あなたのお悩みを即座に解決!

オリックス銀行カードローン申込時の必要書類は?収入証明書は必要?


インターネットバンクとして人気の高いオリックス銀行。

その特性を生かし、カードローンでも来店せずに契約が出来るなど、利用者にとって魅力的な特徴を兼ね備えています。

もちろん来店不要とはいえ、サポート体制も充実。

特にコールセンタースタッフの対応力の高さが、口コミなどでも高評価を得ています。

ただ銀行カードローン自体、まだ馴染みが薄い人も少なくないことでしょう。

そこで今回は、オリックス銀行カードローン申し込み時のポイントや必要書類について詳しく紹介することにします。

また、収入証明書類の有無についても触れていきますので、ぜひ参考にしてみてください。


公式サイトはこちら

オリックス銀行カードローンのお申し込み資格を事前にチェック

さて、ではまず基本中の基本です。

これはオリックス銀行カードローンに限らずの部分になるのですが、カードローンはそもそも誰でもお申し込み出来るものではありません。

第一にお金の貸し借りに関する契約ですし、年齢をはじめとした条件が設定されており、それを満たしている人しかお申し込みが出来ないんですね。

つまりカードローン各社が設定しているお申し込み条件をクリアしていない人は、融資を受けられないということになります。

当然そうなればまず第一にチェックすべきポイントですので、このまま見ていくことにしましょう。

オリックス銀行カードローンのお申し込み条件

以下はオリックス銀行のホームページに記載されている、「お申し込み条件」に関する内容です。

・お申し込み時の年齢が満20歳以上69歳未満であること

・原則、毎月安定した収入のあること(専業主婦(主夫)、学生の方は除く)

・日本国内にご在住であること(外国籍の方は、永住者または特別永住者であること)

・オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられること

※ お申し込みはご本人さまに限らせていただきます。

見ての通り、まずは年齢に制限が設けられています。

成人しており、なおかつ上限も定められている。上限があるのは分割返済などにより、長期的な返済が生じる可能性も考慮してのことでしょう。

そして次のポイントは安定した収入がある点について。

キャッシングするということはつまり、借りたお金を返す義務が生じることを意味します。

ですから収入があるのはもちろんのこと、定められた期限に定期的な返済が行えるよう「安定した」収入でなければいけないと考えてください。

例えば、自分が作ったもので収入を得ている方(芸術家など)、芸能関係の仕事をしている方、日雇い労働で収入を得ている方などは「安定した収入を得ている」とはみなされないかもしれません。

ただ、こればかりはオリックス銀行側の判断になりますので、不安がある方は事前に問い合わせておくのがベストでしょう。
公式サイトはこちら

保証について

ではお申し込み条件の一番最後に記載されている部分、

オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられること

について、ここで改めて解説したいと思います。

というのも同じカードローンと言っても、消費者金融系カードローンと銀行カードローンではこの「保証」の仕組みが異なるのです。

どちらもここ最近、担保・保証人は不要のカードローンが増えてきています。

しかし、消費者金融と異なり、銀行カードローンでは基本的に保証会社による保証を受けなければ融資契約を結べません。

ではこの保証会社とはそもそもどういった役割を担う会社なのでしょう?

一番重要な役割について一言で言えば、「代位弁済」を行う会社です。

代位弁済

本人が返済できなくなった際、本人の代わりに弁済を行うこと。

代位弁済が行われても、補任の返済義務はなくならず保証会社に債権(お金を返済してもらう権利)が移行する。

つまり、銀行カードローンでの保証会社の役割は「銀行側が貸し倒れリスクを回避するため」のものだと考えてください。

もちろんだからといって、誰でも保証会社の保証を受けられるとは限りません。

代位弁済のリスクが存在する以上、保証会社側も「保証して問題ない人物かどうかの審査を行う」のです。

ですから前述したお申し込み条件の、

・オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられること

については、上記保証会社の審査に通過することが条件になっていると考えてください。

ただ、こればかりは審査を受ける前に通過するかの判断を自分で行うことはできませんので、事前知識として覚えておくに留めましょう。
公式サイトはこちら

お申し込み時の必要書類は?

オリックス銀行カードローンのお申し込み条件をクリアしているなら、いよいよお申し込みの段階に進めます。

といっても、出来る事ならここでもまず申し込みを行う前に、必要書類の事前チェックを行っておきましょう。

申し込んだ後に書類がない…。用意するのに時間がかかる…。

そうなると当然審査に時間がかかりますし、場合によっては融資を受けられないことにもなりかねません。

ここからオリックス銀行カードローンの必要書類をまとめていきますので、お申し込み前にセルフチェックしておきましょう。

オリックス銀行カードローンでの本人確認書類

オリックス銀行カードローンに関わらず、カードローン申し込み時には必ず本人確認書類が必要になります。

極端な話ではありますが、本人確認書類が用意できない場合は融資契約を結べないと考えてください。

ではオリックス銀行カードローン申し込み時に本人確認書類として利用できる身分証の一覧を、以下にまとめて記載します。

ご本人さまのお名前、ご住所、生年月日が確認できる書類の写し(いずれか1通)

・運転免許証または運転経歴証明書
・各種健康保険証・・・通院歴の記載は、ご家族分も含め塗りつぶした上でご提出ください。
・個人番号カード・・・表面のみご提出ください。
・日本政府発行のパスポート・・・顔写真入りのページと所持人記入欄(氏名・住所)のページをご提出ください。
・在留カードまたは特別永住者証明書

※運転免許証または各種健康保険証をご提出いただく際、現住所が裏面に記載されている場合は表面/裏面両方のコピーをご提出ください。
※運転免許証または各種健康保険証をご提出いただく際、現住所が裏面に記載されている場合は表面/裏面両方のコピーをご提出ください。
※以下、記載があれば塗り潰しのうえ、ご提出をお願いいたします。
本籍地/個人番号/臓器提供意思表示/通院歴/保健医療情報
※上記以外の本人確認書類をご希望される場合には、法定書類であることが要件となります。詳細は別途お問い合わせください。
※ご提出いただいた必要書類は返却いたしませんので、あらかじめご了承ください。
※外国籍の方で通称名によるお取引をご希望される場合は、別途届出書類が必要となりますので、お問い合わせください。

免許証を筆頭に、意外にも多くの身分証が本人確認書類として認められています。

ただ、この一覧の中に用意できるものがない場合は「※記以外の本人確認書類をご希望される場合には…」にも記載の通り、直接問い併せて確認 するようにしましょう。
公式サイトはこちら

オリックス銀行カードローンでの収入証明書類の有無を確認

必ず用意しなければならない本人確認書類ともうひとつ、カードローンで重要になるのが収入証明書類です。

読んで字のごとく、その人の収入額を明示する書類であり、カードローン申し込み時には「返済能力を有しているか」「借り過ぎていないか」などの判断を行う材料として用いられます。

ではオリックス銀行カードローンの場合、どのような条件に則って収入証明書類の提出を求められるのでしょうか?

収入証明書類が求められる具体的なケース

オリックス銀行カードローンで利用できる収入証明書類は以下一覧になりますので、あわせて目を通しておいてください。

① お勤めの方

・源泉徴収票

・住民税決定通知書または課税証明書

・納税証明書(その2)

・確定申告書(付表含む)(※)

② 個人事業主・会社経営の方

・住民税決定通知書または課税証明書

・納税証明書(その2)

・確定申告書(付表含む)(※)

※ 税務署の受領印のあるもの。E-tax利用の場合は申告書の写しと受信通知が必要になります。

会社勤めの方は源泉徴収票が一番馴染み深いでしょうか。逆に個人事業主・会社経営者の方は収入証明書類を用意するのに時間がかかるケースが出てくるかもしれません。

必要となることが予め予測出来ているなら、申し込み前に前もって該当の収入証明書類を用意しておくのも申し込みから審査をスムーズに進めるひとつのコツと言えるでしょう。
公式サイトはこちら

利用限度額に関わらず収入証明書類を求められるケースとは?

キャッシングの利用限度額が50万円を超える場合」

収入証明書類を求められるケースとして、上記の明確な基準については理解できたかと思います。

難しく考える必要はありません。

カードローン審査の場合は申込者が申し込み時に自分の氏名、年齢、住所、勤務先、収入等の情報を自己申告し、その情報を基に審査が行われることになります。

また自己申告された内容とは別に、第三者機関に保存されている「信用情報」も審査では大きな判断材料として用いられます。

信用情報とは「個人のお金に関する履歴書」のようなもの。過去のクレジット・ローンなどの申し込み、契約、支払い、滞納、遅延などの履歴がまとめられた情報です。

これらあらゆる情報を基にして審査が進む中、もちろん申し込み者によっては「問題」や「懸念材料」が出てくることもあります。

会社に入社したて、過去に返済遅延を行っている、具体的に言えばこのような部分ですね。

その際に審査担当者はお金の貸し借りにおいて重要な、「本人の収入」について目を向けることもあるでしょう。

自己申告だけでなく、より確実な証明を参考にして収入面に問題がないか判断しようとする訳です。

となれば、申込者は収入証明書類を提出しなければなりません。

利用限度額がたとえ低くても、です。

こればかりは審査状況によって人それぞれですので、事前に予測することも出来ません。

ですから基本的には、どんな状況であったとしても収入証明書が絶対に不要だとは考えないようにしましょう。

時と場合によっては収入証明書の提出が必要になることを念頭に置き、出来る事なら手元にあるかを事前に確認しておくのがベストです。
公式サイトはこちら

オリックス銀行カードローンの必要書類まとめ

保証会社が間に入る点など、銀行カードローンは消費者金融と異なる点もいくつか存在します。

もちろん異なる点がデメリットになる、という訳ではなくそれぞれに長所・

短所が存在しますので自分のスタイルに合ったカードローンを探すことが非常に重要になってくるでしょう。

いずれにせよ、申し込み時に抑えておくべきポイントを抑えていれば、申し込み・審査がスムーズに進む可能性は当然大幅にアップします。

不明点、疑問点がある場合でも、なるべく事前に問い合わせを行い問題をクリアしておくようにしましょう。

関連記事