カードローン審査を徹底解説!

審査に通るカードローンキャッシングカードローンキャッシングを徹底比較!!即日融資、多重債務のおまとめ、高金利でつらい…など、あなたのお悩みを即座に解決!

おまとめローンの審査を徹底解説!低金利の銀行カードローンがおすすめ!

おまとめローン 審査 通りやすい

カードローンを利用していて返済が苦しいためおまとめローンへの申し込みをしようといった方はたくさんいるようです。

おまとめローンを利用するには今借りているカードローンよりも金利が低いカードローンでおまとめをしなくては意味がありません。

そういった場合選択肢としてあがってくるのが銀行カードローンでのおまとめが候補としてあがってくる事が多いようです。

一般的に銀行カードローンは消費者金融カードローンなどと比較して審査が厳しいと言われています。

おまとめローンは融資額も大きくなりますので通常のカードローン審査よりも審査は厳しくなると言われています。

今回はおまとめローンを検討中の方の為におまとめローンの審査に通りやすい銀行カードローンはあるのか?といった事を解説していきたいと思います。

おまとめローンへの申し込みを検討中だといった方はぜひ参考にしてみてください。

おまとめローンの審査に通りやすい銀行ってあるの?

おまとめローン 審査 通りやすい 銀行

それではまず本題のおまとめローンの審査に通りやすい銀行カードローンはあるのかといった事を解説していきたいと思います。

銀行のおまとめローンに申し込みをしようと考えている方はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

おまとめで審査に通りやすい銀行カードローンはありません

おまとめローンをお考えの方で金利が低いからといった理由で銀行カードローンへの申し込みを考えているといった方はたくさんいると思いますがおまとめローンで審査に通りやすいカードローンなんてありません。

むしろおまとめローンの審査は通常のカードローンよりも融資額が大きくなりますしその分審査に通りにくくなっているという事が言えます。

借金の返済が苦しくて低金利のカードローンでおまとめしたいと考えている方も多いとは思いますが正直銀行カードローンのおまとめの審査に通過するという事は非常に難しいという事が出来るようです。

おまとめローンは最近どんどん厳しくなってきている

最近ではカードローンの融資について国会でも問題視されていてどんどん融資について厳しくなってきているようです。

貸金業法には総量規制といった法律があり消費者金融などのカードローンは年収の3分の1を超える融資を行ってはいけないといった法律があります。

ですが銀行カードローンの場合貸金業者ではありませんのでこの総量規制の法律は適用されません。

要するに年収の3分の1以上の融資もする事が出来るという事です。

おまとめローンは多重債務者の救済処置にはなりません

おまとめローンに申し込みをしている方の大半は複数社からの借入の返済が厳しくなり銀行カードローンでの低金利な借入でおまとめしたいといった方が多いと思います。

ですがおまとめローンは先ほども説明したとおり融資額が高くなるためその分審査も厳しくなります。

ですので多重債務者の方で救済処置がおまとめローンか債務整理のどちらかだと思っているといった方もいると思いますが債務整理を検討するくらいの状況だといった場合おまとめローンの審査に通るといった事はまずないという事が出来るようです。

とても厳しい事を言うようですがこれが現実だという事を受け止める必要もあるようです。

おまとめローンの審査に通る人・通らない人の特徴は?

おまとめローン 審査 特徴

それではおまとめローンの審査に通りやすい人と通りにくい人の特徴を解説していきたいと思います。

おまとめローンへの申し込みを検討しているといった方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

おまとめローンの審査に通りやすい方の特徴

それではまずはおまとめローンの審査に通りやすい方に見られる特徴を解説していきたいと思います。

●雇用形態がアルバイトから正社員になった方

アルバイト時代にいくつかのカードローンからキャッシングをしていて正社員になって年収もアップしたなどといった場合おまとめローンの審査に通る可能性が高いと言われています。

ですがもちろんおまとめローンですので審査は厳しめです。

このような条件の方であればおまとめローンへの申し込みを検討してみても良いかもしれません。

●勤続年数が長くなったという方

カードローンから融資を受けたころはまだ転職したり勤続年数が短かったといった方で現在は勤務年数が長くなり役職などもアップしたといった方の場合審査に通りやすくなるといった可能性が高くなるようです。

勤続年数が長くなったといった方はおまとめローンへの申し込みを検討してみても良いかもしれません。

●年収がアップした

カードローンから融資を受け始めた頃に比べて年収がアップしたといった場合おまとめローンの審査に通る可能性が高くなるようです。

年収がアップしたという事は返済能力がアップしたという事になりますので審査に通りやすくなるようです。

年収がアップしたといった方はおまとめローンへ申し込みをするチャンスと言えますので検討してみても良いかもしれませんね。

●いくつかの借入を完済した実績がある

いくつかのカードローンやクレジットカードのショッピングリボなどを完済したといった実績が出来た場合おまとめローンの審査に通る可能性が高くなるようです。

カードローン審査の際返済実績というのは重要視されますので完済の実績があるというのは高評価されるようです。

まずそうした実績を作ってからおまとめローンに申し込みをするというのも一つの手段として使えそうですね。

おまとめローンの審査に通らない人の特徴

次におまとめローンの審査に通らないといった方に見られる特徴を紹介していきたいと思います。

●そもそも申し込み条件に該当していない方

カードローンの申し込み条件に該当していないといった方はカードローン審査に通る事はありません。

カードローンの申し込み資格はほとんどのカードローンが成人した毎月安定した収入がある方という風になっていますのでこの条件に該当していないといった方はおまとめローンの審査に申し込みをしても審査に通る事はありません。

ですので無職だといった方や安定した収入がないといった方はおまとめローンに申し込みをする事はあきらめましょう。

●信用情報に傷があるといった方

今までカードローンの返済などで延滞や滞納などといった事で信用情報に傷があるといった場合カードローン審査に通るといった事は難しいという事が言えるようです。

信用情報は信用情報機関により管理されていてそれぞれのカードローン会社は知る事が出来ますのでその情報を基に審査が行われます。

ですので過去に延滞や滞納などといった情報があるといった方は審査に通る事が難しくなると言えるようです。

●勤務年数が短いといった場合

おまとめローンの審査では勤務年数が短すぎるといった場合審査に通るのは非常に難しいという事が出来ます。

おまとめローンの場合通常のカードローン審査よりも基準は厳しくなりますので勤務年数が1年未満の場合はもちろん、それ以上でも短いといった場合は審査に通過する可能性は低くなるようです。

おまとめローンへの申し込みを検討するのは勤務年数が長くなってからの方が良いかもしれません。

●雇用形態がアルバイトだといった場合

勤務先の雇用形態がアルバイトだといった場合おまとめローンの審査に通るといった事は難しいようです。

通常のカードローンではアルバイトでも審査に通る事は十分可能性がありますがおまとめローンの審査の場合アルバイトで審査に通るというのは非常に難しいようです。

もちろん絶対に審査に通らないと言う事は出来ませんがアルバイトだといった方はおまとめローンの審査に申し込みをするのは検討した方が良いかもしれませんね。

●居住年数が短すぎるといった場合

これは通常のカードローン審査でも言える事ですが 現在住んでいる住居の居住年数が短いといった場合審査に通る可能性が低くなるようです。

また住居の種類によっても審査の通りやすさが異なり、住居が持家だといった場合カードローン審査で有利になるようです。

こういったポイントも対処してから申し込みをする事でおまとめローンの審査に通過する可能性を高めるといった事も出来るようです。

おまとめローンの審査に通らないといった方にはこのような特徴があるようです。

焦って申し込みをするのではなくまずはこのような条件に対処して審査に通る可能性を高めてから申し込みをする事でおまとめローンの審査の通過率を高める事が出来るようです。

おまとめローン審査のまとめ

おまとめローン 審査

ここまでおまとめローンの審査に通りやすい銀行カードローンはあるのか?といった事を解説してきましたがいかがでしたでしょうか。

最後にもう一度言いますが審査に通りやすいおまとめローンはありません。

とても残酷な現実かもしれませんがもし多重債務などで苦しんでいるといった方は債務整理などといった法的な対処をするといった事も検討してみた方が良いかもしれません。

最近は国会やニュースでも注目されている問題で先々銀行カードローンのおまとめローンはさらに規制が厳しくなるといった可能性も大いに考えられます。

もちろん信用情報や審査項目に問題がないといった方はおまとめローンへの申し込みを検討してみても良いと思います。

おまとめローンへの申し込みをお考えの方はぜひこの記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

関連記事