カードローン審査を徹底解説!

審査に通るカードローンキャッシングカードローンキャッシングを徹底比較!!即日融資、多重債務のおまとめ、高金利でつらい…など、あなたのお悩みを即座に解決!

国民健康保険を滞納しててもカードローン審査は通る?借りる方法は?

国民健康保険を滞納しててもカードローン審査には通る?

日々生活していると、様々な場面で支払いを求められることがありますが、中でも日本国民に等しく課された義務が「納税」や「保険料」の支払いです。

中でも国民健康保険は加入が必須(社会保険などに加入していない場合)となっているため、定期的に保険料を支払わなければなりません。

しかし、人によっては国保の支払いを滞納している場合もあるでしょう。

支払うだけの余裕がない…

ついつい後回しにしていた…

などなど理由は様々ですが、ここでひとつの疑問が出てきます。

国民健康保険料の支払いを滞納しているとお金は借りれないのか?

よく「支払いを滞納するとブラックリストに載る」などの情報を耳にするため、国保の滞納がカードローン審査に影響を及ぼすと考える人も少なくないでしょう。

今回は「国保とカードローン審査の関係性」「支払い滞納とカードローン審査の関係性」などをテーマに、分かりやすく解説することにしました。

国民健康保険料の支払い滞納はカードローン審査に直接影響する?

国民健康保険料の支払い滞納はカードローン審査に直接影響する?

国保の滞納とカードローン審査の関係性を理解する上では、まず「審査の進め方・判断材料」などについて知る必要があります。

支払い滞納があるとなぜ審査に通りにくいと言われるのか?

カードローン審査の仕組みを踏まえて、基本的な部分を解説していきましょう。

カードローン審査で用いられる信用情報とは

カードローン審査では、各社審査基準に多少の違いはあれど、主に以下の項目に基づいて審査が実施されます。

属性・・・申込者が自己申告した、氏名・年齢・住居情報・勤務先情報・他社借入状況など、個人情報の総称

在籍確認・・・申込者が自己申告した勤務先に、本当に在籍しているかをカードローン会社が確認する作業。主に勤務先への電話連絡にて行われる。

書類審査・・・本人確認書類によって本人との照合を取り、必要に応じて収入証明書類を参照に収入状況を確認。

信用情報・・・独立した第三者機関である「信用情報機関」に照会をかけて、申込者の信用情報をチェック。

この中で「料金滞納」や俗に言う「ブラックリスト」などに関連しているのが、④の信用情報です。

信用情報は各金融業者が管理するのではなく、外部機関である「信用情報機関」にて管理されており、「個人のお金に関するあらゆる履歴や現状記録」がこちらで管理されています。

では信用情報機関は「個人のお金に関するあらゆる履歴や現状記録」をどこから入手するのか?ですが、実はクレジットカード会社やカードローン会社は基本的にすべてこの信用状機関の加盟会員となっており、申し込みや契約、残高情報などを都度都度信用情報機関に共有しているのです。

各種契約時には「利用規約」や「約款」などを渡されますが、実はその中に「頂いた情報は信用情報機関に登録しますよ」という旨が記載されているんですね。

この仕組みにより、会社が違えど大元である信用情報機関に各企業から、あらゆる情報が集約されるため、カードローン審査の際などには集約された情報を参考に「問題がない申し込み者かどうか」がチェックされるのです。

ちなみに現在、日本では以下三つの信用情報機関が存在しています。

■CIC(シー・アイ・シー)
■JICC(日本信用情報機構)
■全国銀行個人信用情報センター

カードローンを提供する金融業者はこの三つの信用情報機関のどれか(複数に加盟していいる場合も)に加盟しており、審査の際に申込者の信用情報の確認を行っているのです。

信用情報には何が登録されているか?

そもそも信用情報機関の役割とは何なのでしょうか?

以下、JICC(日本信用情報機構)公式サイト内「信用情報機関について」の内容です。

信用情報機関は、加盟する会員会社から登録される信用情報を、管理・提供することで、消費者と会員会社の健全な信用取引を支える機関です。

消費者がクレジットやローンなどを利用する際、会員会社は消費者の信用力を判断するために信用情報機関に登録されている消費者の信用情報を確認しています。

この確認を行うことで、会員会社は消費者の返済能力に応じた適切な信用供与が可能となり、過剰貸付などを未然に防ぐことができます。

つまり、カードローンやクレジットカードなど、「一時的にお金を貸すタイプの取引」について健全かつ安全な取引が行われるようサポートするのが信用情報機関の大きな役割です。

では具体的にどのような情報が信用情報機関には登録されるのか? 以下に一覧表を作成しましたのでご覧ください。

登録内容の種類 具体的な内容 登録機関
本人を特定するための情報 氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、勤務先、 勤務先電話番号、運転免許証等の記号番号等 契約内容に関する情報等が 登録されている期間
契約内容に関する情報 登録会員名、契約の種類、契約日、貸付日、 契約金額、貸付金額、保証額等 契約継続中及び完済日から5年を 超えない期間
返済状況に関する情報 入金日、入金予定日、残高金額、完済日、延滞等 契約継続中及び完済日から5年を 超えない期間 (ただし、延滞情報については延滞継続中、延滞解消の事実に係る情報については当該事実の発生日から1年を超えない期間)
取引事実に関する情報 債権回収、債務整理、保証履行、強制解約、 破産申立、債権譲渡等 当該事実の発生日から5年を 超えない期間 (ただし、債権譲渡の事実に係る情報については当該事実の発生日から1年を超えない期間)
申込みに関する情報 本人を特定する情報(氏名、生年月日、電話番号及び運転免許証等の記号番号等)、並びに申込日及び申込商品種別等 申込日から6ヵ月を超えない期間
電話帳に記載された情報 電話帳に記載された氏名、電話番号等の情報 電話帳に掲載されている期間 ※掲載を取り止めた場合は更新されるまで
本人申告コメント情報 ご本人から申告された本人確認書類の紛失・盗難等の情報 登録日から5年を超えない期間 ※ご本人から削除依頼があった場合はその時点まで
日本貸金業協会情報 日本貸金業協会に貸付自粛依頼を申入れたことを表す情報 登録日から5年を超えない期間 ※ご本人等から削除依頼があった場合はその時点まで

ご覧の通り、申し込みや契約内容だけでなく、氏名・年齢・住所などの個人情報から、入金日、入金予定日、残高など、あらゆる情報が信用情報機関には登録されることが分かります。

ただし、それぞれに登録機関が設定されており、すべての情報は一定期間が経過すると信用情報内から消える点もポイントです。

信用情報で審査に落ちてしまう具体例

前述の通り、信用情報の役割は「カードローンやクレジットカードなど、「一時的にお金を貸すタイプの取引」について健全かつ安全な取引が行われるようサポートする」ことです

従ってカードローン審査にて、信用情報内に重大な問題が確認された場合は審査に通ることが非常に難しくなってしまいます

特に以下のような金融事故が見つかると、一発で審査で落ちてしまうことも多くなりますので注意しましょう。

具体的な金融事故

・支払いの長期滞納
・度重なる支払いの遅延
・債務整理・自己破産記録など
・代位弁済記録(保証会社などが利用者に変わって支払いを肩代わりした履歴)
・契約の強制解約(利用者に問題があっての強制解約)
・短期間で複数のクレジット・ローンに申し込んだ記録(通称:申し込みブラック)

この中で特に多いのが、「支払いの延滞・滞納」関連の金融事故です。

世間でよく「支払いが遅れるとブラックリストに載る、信用情報に登録される」などと言われるのは、上記のケースを指していることが多いでしょう。

国民健康保険料の支払いや滞納履歴は信用情報に登録されない

信用情報内にはあらゆる情報が登録されているのは前述したとおりですが、「登録内容はあくまで限定的です」。

以下、同じようにJICC公式サイト記載の「登録内容と登録期間」説明欄をご覧ください。

登録する信用情報には、氏名、生年月日などの本人を特定するための情報、クレジットやローンなどの契約内容、返済・支払状況、取引事実に関する情報があります。

また、登録情報には、一定の保有期間を定めています。

ポイントは「クレジットやローンなどの契約内容」と記載されている箇所です。

つまり現金での支払いや税金関係、公共料金などに付随した契約内容・支払い状況などは信用情報内に登録されません。

同じように国民健康保険も信用情報への登録対象とはなっていないため、仮に支払いを滞納していたとしても信用情報が傷つくことはありません

結果的にカードローン審査でも国保の滞納が直接マイナスの影響を与えることはないのです。

信用情報に登録されない主な例

・電気代やガス代など、光熱費の支払い状況

・過払い金金返還請求の記録

・NHK受信料の支払い記録

・各種税金の支払い記録

・国民健康保険料の支払い記録

・年金の支払い記録

信用情報についてさらに詳しく知りたい方は↓↓コチラ↓↓

カードローンの審査に通らない理由は?個人信用情報について徹底解説

国民健康保険料の支払い方でも大きく変わる!こんな場合は要注意!

国民健康保険料をクレジットカードで支払っている場合は滞納に注意

国保の滞納自体は信用情報に登録されないのは、すでにお伝えしたとおりです。

しかし、支払い方次第で信用情報に登録されるケースもありますので、覚えておきましょう。

ズバリ、「クレジットカードで国民健康保険を支払っている」場合です。

クレジットカードで国保の支払いを行っている

例えば以下のケースをご覧ください。

■Aさん:国民健康保険の支払いを自分名義のクレジットカード決済で登録

①国民健康保険の支払日にクレジットカードで自動決済

②クレジットカード自体の支払日に口座残高が不足して滞納

このケースですと、国保の支払い自体は自動決済で完了していますが、肝心のクレジットカード利用料金を滞納してしまっています。

すると当然ながらクレジットカードの支払い状況は信用情報の登録対象となってるため、「滞納記録(異動情報)」が残ってしまうんですね。

こうなると間接的ではありますが、信用情報内に「延滞記録」が残りますので、カードローン審査でもマイナス査定を受けてしまいます

国保の支払いを滞納している方は、支払い方法をチェックしたうえで、信用情報への影響が及ぶものかそうでないかを確認するようにしましょう。

信用情報が不安な場合の対処法

前述したクレジットカードでの支払い滞納を含め、過去に滞納や延滞の心当たりがある場合、「現在自分の信用情報に問題があるのかどうか?」不安を覚えるケースも少なくないでしょう。

そんな時は、「自分の信用情報をその目で確認」してみてください。

信用情報機関に直接「開示請求」をかければ、自分の信用情報はチェックできるんですね。

その際、以下の項目を重点的に確認すると良いでしょう。

・事故情報の有無

・事故情報が見つかった場合は、保存期間がいつまでなのか?

重大な事故情報を見つけた場合、残念ですがその時点でカードローン審査に通過することは難しくなります。

とはいえ該当情報が信用情報内から消えた後ですと、審査に通過できる可能性は大いにあります

そのため、事故情報を見つけた際は合わせて「該当情報がいつまで登録されているのか?」を確認するようにしましょう。

審査が不安な人に!おすすめのカードローンを厳選!

国保の滞納に始まり、生活している中では「お金が必要なのに手元にない…」という状況が訪れる場合があります。

そんな時、カードローンをうまく使ってお金を借りれば窮地を乗り切れるかもしれません。

ここでは数あるカードローンの中から、優れた特徴を持つものを厳選して紹介していきましょう。

自分の現状や希望する条件に合わせて、相性の良いカードローンを探してみてください。

  • あらゆる可能性をAIが分析!「AIスコア・レンディング」

    AIスコア・レンディング
    実質年率 最高限度額 審査時間 最短融資
    年0.8%~12.0%※① 1,000万円 仮審査最短30秒 最短30分
    アルバイト 収入証明書不要 事前診断 無利息期間
    可能※② ―※③ あり

    最短で30分で最短融資可能という審査スピードを兼ね備えたAIスコア・レンディングは、みずほ銀行とソフトバンクによる革新的なAI(人工知能)活用型融資システムが大きな特徴です。

    従来のカードローン審査ではあまり重視されなかった情報もAIが分析してくれるので、より有利な条件で融資を受けられる可能性があらゆる人にとって広がりました。

    それでいて金利の設定がかなり低く、返済負担を抑えやすいバランスに優れた商品です。

    ここがおすすめ!

    ・審査・融資までのスピードが速い!

    ・業界トップクラスの低金利!

    ・AIスコア診断で融資条件が申し込み前に分かる!

    公式サイトはこちら
    • J.Score ※①(※)みずほ銀行、ソフトバンクまたはYahoo!JAPANとの情報連携により貸付利率(実質年率)を0.1%引下げいたします(最大0.3%引下げ)。 (※)貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクおよびYahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。 なお、Yahoo! JAPANとの情報連携で金利引下げとなるのは、以下のいずれかを満たす場合です(金利引下げのタイミングはそれぞれの場合で異なります)。 ・情報連携に同意された日の前月末から過去1年以内に「Yahoo!ショッピング」の購買履歴がある ・情報連携に同意された日の前月末から過去1年以内に「ヤフオク!」の落札(支払)履歴がある ・情報連携同意時点で「Yahoo!プレミアム」会員である
    • J.Score ※②満20歳以上、満70歳以下で安定した収入がある方
    • J.Score ※③ジェイスコアの契約極度額が50万円以下かつ他社を含めた借入総額100万円以下の場合
  • スピードと2種類の無利息サービスが魅力!「レイクALSA」

    レイクALSA
    実質年率 最高限度額 審査時間 最短融資
    4.5%~18.0% 500万円 申込み完了画面に表示 公式サイト参照
    アルバイト 収入証明書不要 事前診断 無利息期間
    可能 簡単お借入れ診断 30日間無利息

    「新生銀行カードローンレイク」から新たに消費者金融として再始動した「レイクALSA」。

    申し込み後の画面に審査結果を表示するという独自のシステムで、審査の不安を大きく軽減してくれます。

    更に独自のサービスとして「選べる2種類の無利息サービス」を提供しており、返済負担を抑えたい人にもピッタリ!

    無利息サービス詳細

    サービス内容
    1.契約額1?200万円で初めての方なら、借入額のうち5万円まで180日間利息0円
     (5万円以上のお借入れも可能で、5万円超分は通常金利適用)
    2.契約額1万円?500万円で初めての方なら、借入額全額30日間利息0円

    ※「1」「2」いずれかを利用者の意思で選択可能。

    対象者
    レイクALSAを初めて契約した方

    無利息開始日
    ご契約日の翌日から開始

    ここがおすすめ!

    ・審査結果をその場で確認できる!

    ・2種類の無利息サービスで返済負担の軽減が可能!

    ・公式アプリを使えば利便性もアップ!

    公式サイトはこちら
  • スピードと柔軟な対応を兼ね備えた万能型!「プロミス」

    プロミス
    実質年率 最高限度額 審査時間 最短融資
    年4.5%~年17.8% 500万円 最短30分 最短1時間
    アルバイト 収入証明書不要 事前診断 無利息期間
    可能※① ―※② 簡単3秒診断 30日間無利息※③

    スピーディな対応が魅力的なプロミスは、最短審査30分・最短融資1時間と急いでいる人にはぴったりのカードローンです。

    さらに50万円以下の限度額なら、収入証明不要で申し込める手軽さも見逃せません。

    その他、初めての方なら30日間無利息サービスが利用できたり、在籍確認時の柔軟な対応にも定評があるなど、「安心して使えるカードローン」として高い定評を得ています。

    ここがおすすめ!

    ・最短審査30分・最短融資1時間のスピード対応!

    ・初めてなら30日間無利息サービスの特典あり!

    ・プロミスカードを使わず、スマホだけでATMキャッシングできるサービスあり!

    公式サイトはこちら
    • プロミス ※①主婦・学生:安定した収入がある方に限る。
    • プロミス ※②限度額50万円以内なら身分証明書のみで借入可能です。
    • プロミス ※③30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
  • 審査通過率の高さが魅力!「アイフル」

    アイフル バナー
    実質年率 最高限度額 審査時間 最短融資
    3.0%~18.0% 800万円 最短30分 最短1時間融資
    アルバイト 収入証明書不要 事前診断 無利息期間
    可能 50万円まで※① 簡単1秒診断 初回限定30日間

    大手消費者金融の中では珍しく、メガバンク傘下に入らず独自路線を貫いてきたアイフルは、高い審査通過率を誇る点が大きな特徴です。(公表されている「成約率」で比較)

    更にお急ぎの方専用ダイヤルを用意し、審査を優先的に進められるなど、利用者目線の細やかなサービスも人気の秘訣でしょう。

    急いでいる人、審査に不安を抱えている人には相性の良いカードローンでしょう。。

    ここがおすすめ!

    ・即日融資対応!

    ・はじめての方なら最大30日間利息0円!

    ・高い新規契約率が特徴!

    公式サイトはこちら
    • アイフル ※①アイフルの利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額100万円以下の場合。
  • 在籍確認が不安な人に!「SMBCモビット」

    SMBCモビット
    実質年率 最高限度額 審査時間 最短融資
    3.0%~18.0% 800万円 審査時間:10秒簡易審査※① 最短即日も可能※②
    アルバイト 収入証明書不要 事前診断 無利息期間
    可能※③ 簡単お借入診断

    SMBCモビットは、「オリコン 日本顧客満足度ランキング ノンバンクカードローン第1位」を獲得している、利用者満足度の高いカードローンです。

    審査の進行状況や審査結果、入会手続き完了までの状況を確認できる「審査結果照会」サービスを提供するなど、安心して申し込める環境が整っている点が高い満足度につながっていると言えるでしょう。

    さらにSMBCモビットの大きな特徴としては、「WEB完結申込なら電話連絡なし」という在籍確認時に気がかりな電話連絡をなしにできる点が挙げられます。

    電話連絡なしにするには?

    WEB完結申し込みを行うための以下条件を満たしている必要があります。

    ・三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている(本人名義の口座に限る)
    ・全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険証をお持ちの方

    ここがおすすめ!

    ・顧客満足度が高い!

    ・審査の進行状況などを逐一確認できる!

    ・電話連絡なしでの借り入れも可能!

    公式サイトはこちら
    • SMBCモビット ※①申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
    • SMBCモビット ※②14:50までの振込手続完了が必要です。審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
    • SMBCモビット ※③アルバイト・パートを含む安定した収入がある方。

国民健康保険滞納とカードローン審査に関するまとめ

国保の滞納がそのままカードローン審査に影響しないとはいえ、「国民健康保険の滞納が続くと、資産の差し押さえ」につながることもあります。

例えば口座のお金が強制徴収されてしまったり…などですね。

仮にそうなってしまえば、携帯電話料金やクレジットカードの支払いなども滞る可能性が高くなり、信用情報が傷ついてしまうことにもつながりません。

出来ることなら滞納には先に手を打っておいて、その上でお金を借りることを検討したいものです。

いずれにせよお金を借りる際は、自分の現状に合わせて、相性の良いカードローンを選ぶことが賢くキャッシングするコツであると覚えておきましょう。

カードローンのおすすめ情報、審査情報など、更に詳しく知りたい方は↓↓こちら↓↓

カードローンでお金を借りる!審査内容や限度額など徹底解説!

即日審査・審査簡易なカードローンキャッシングは?審査基準も解説

関連記事