カードローン審査を徹底解説!

審査に通るカードローンキャッシングカードローンキャッシングを徹底比較!!即日融資、多重債務のおまとめ、高金利でつらい…など、あなたのお悩みを即座に解決!

教育ローン審査は通りやすい?ローン内容から審査まで徹底解説!

子供の教育費用は幼稚園から大学までの19年間ですべて公立の学校に進んだとしても1000万円、すべて私立の学校に進んだとしたら約2500万円も教育資金がかかります。

1人あたりでこの金額ですので2人になればこの倍の金額がかかるということになります。

もちろんそれ以外の所でもたくさんお金はかかりますのでそれをすべて支払うにはそれなりの収入が必要になります。

2016年の平均年収は442万円となっておりますのでこれほどの額を払うのはそう簡単な事ではありません。

子供の教育費が必要になった時奨学金や教育ローンといったものがあります。

教育ローンは国の金融機関や銀行などが用意している商品があります。

教育ローンから融資を受けようと思った時にどのようなローンがあるのかや教育ローンの金利はどうなのかといった事がわからないといった方がほとんどだと思います。

今回はそんな方たちのために教育ローンとはどのような物なのかといった事を紹介していきたいと思います。

教育ローンとは?

それでは教育ローンとはどういったものなのかといった事を解説していきたいと思います。

まずは教育ローンも含め教育資金の調達にはどのような手段があるのかといった事を説明していきたいと思います。

教育資金の調達には大きく分けて以下の3つの手段があります。

●学資保険

学資保険とは保険会社が取り扱っている保険商品です。

学資保険は親御さんにもしも万が一の事が起きてしまった場合でも子供の教育資金を確保できるようにする事が目的の保険です。

学資保険は親御さんにもしも万が一の事が起きてしまった場合でも子供の教育資金を確保できるようにする事を目的に、あらかじめ保険料として払って積み立てて子供が進学する際に進学資金として資金を受け取ることが出来るという仕組みです。

各保険会社によってプランや金額は異なり保障機能もありますのでそれによっても月々の保険料は変わってきます。

学資保険を検討する際に一番大事なポイントは返戻率です。

返戻率とは支払っている保険料のどれほどのお金が返ってくるのかという事です。

100%を上回っていれば支払っている保険料以上の金額が戻ってきますし100%を下回ると支払っている保険料の方が高くなります。

ですので学資保険を検討しているといった方はこの返戻率を重視して商品を選ぶことをおすすめします。

●奨学金

奨学金とは「学業成績等が優秀な生徒・学生に対して修業を促す事を目的とする」といった定義の物です。

本来修業を促す目的のため返済義務が無い給付奨学金の事を指しますがこのような定義のもとですと給付対象者が著しく少なくなってしまう為、無利子または低金利での貸与も含めて奨学金事業対象となっております。

代表的な奨学金といえば「日本学生支援機構」といった機関があるのですがこちらでは3種類の奨学金のタイプがあります。

まずは返済義務のある貸与型の制度の物で「第一種奨学金」と「第二種奨学金」の2種類があります。

「第一種奨学金」は無利息の奨学金となっており「第二種奨学金」は低金利ですが利息の付く奨学金となっております。

「第一種奨学金」は大学なのか専門学校なのかといった事や実家暮らしなのか一人暮らしなのかといった事で貸与額や採用の可否が決まります。

「第二種奨学金」はそういった学校の種類や生活環境は関係なく、希望月額を好きに選ぶことが出来るといった奨学金でございます。

3つ目は「入学時特別増額貸与」といった物で入学初年度のみ50万円を上限に一時金として利息付で融資を受ける事の出来る奨学金の事です。

奨学金にはこのような物がありますが奨学金はどれも毎月一定額が振り込まれるといった形になっておりますので入学前にまとまったお金を借りるといったことは出来ません。

奨学金は学生本人が借主となり在学中は利息も発生せず卒業後から返済をしていくといった仕組みとなっております。

●教育ローン

教育ローンとは大きく分けて2種類のタイプがあります。

それは国の教育ローンもしくは銀行または信販会社などが用意しているローン商品の2種類です。

国の教育ローンは「日本政策金融公庫」が代表的な物で国がやっている物ですので金利が低いというのが特徴です。

銀行や信販系の会社が手がけている教育ローン商品はそれぞれの銀行や会社で金利や限度額というのは様々ですが一般的に銀行教育ローンの方が金利は低めで信販系の教育ローンの方が金利は高めですが審査は柔軟であると言われています。

教育ローンは奨学金と違って借主は親御さんになりまとまった融資を受けて毎月返済をしていくといった形になりますので入学前に融資を受ける事ができ、入学金などの費用に当てる事も出来ます。

奨学金と比較をすると金利も高くなりますので奨学金と教育ローンを上手に組み合わせる事が一番良い方法だと言われています。

ですので進学する際は入学金などまとまったお金が必要になると思いますのでそこは教育ローンで補ってその先にかかる細かい費用といったものは奨学金を当てるなどといった親子で協力する形というのが一番理想的なのではないでしょうか。

教育資金の調達にはこれらの手段があります。

学資保険は子供が小さいころから積み立てていくものですし、奨学金は入学前にまとまったお金が入るわけではありません。

ですので入学前にまとまったお金が必要になったといった場合などは教育ローンを使うのが一番良い手段だという事になります。

ですのでここからはそんな方達の為に教育ローンに絞って解説をしていきたいと思います。

教育ローンの金利はどうなの?

それでは国の教育ローンや銀行や信販系会社の金利を比較していきたいと思います。

教育ローンには「国の教育ローン」、「銀行教育ローン」、「信販系教育ローン」の3種類があると言われていますが大体のそれぞれの利息のイメージはこのようになっております。

国の教育ローン2%程度
銀行系教育ローン3~5%程度
信販系教育ローン5~10%程度

もちろんそれぞれの銀行や会社によって金利は異なりますが大体このようなイメージとなっているようです。

信販系教育ローンは銀行カードローンと比較をすれば審査が柔軟だと言われています。

それでは具体的に各社の金利を比較していきたいと思います。

金融機関名金利金利体系
日本政策金融公庫(国の教育ローン)2.25%固定
三井住友銀行教育ローン3.475%変動
三菱UFJ銀行教育ローン4.475%変動
みずほ銀行教育ローン変動3.475%または固定4.550%変動、固定
千葉銀行スーパー教育ローン2.4%変動
オリックス銀行教育ローン5.0%~9.8%固定

各種教育ローンの金利はこのようになっております。

銀行の教育ローンに関しましてはそれぞれの教育ローンで金利は変わってきますので自分に合った条件の教育ローンを探しましょう。

教育ローンの審査はどのような感じなの?

それでは教育ローン審査とはどういったものなのかといった事を解説していきたいと思います。

教育ローンに申し込みをしようといった際に審査がどのような感じなのかが分からず不安な方はたくさんいるのではないでしょうか。

国の教育ローンは国が出資している教育ローンで金利も低いため一般的に審査が厳しいのではないかと言われていますがこれは誤った情報で逆に厳しい環境の家庭に優遇措置もあったりと比較的審査は柔軟なようです。

女手一人のシングルマザーの家庭や世帯年収200万円以下の家庭でも信用情報などに問題がなければ十分に融資を受ける事は可能なようです。

ですが信用情報が良くても審査に落ちてしまったりという事もありますし、信用情報に傷があるなどといった方は審査に通ることは難しくなります。

審査の際にどのような事を見られるのかといった事を説明していきたいと思います。

国の教育ローンの審査内容

まずは国の教育ローンの審査内容ですが国の教育ローンには世帯年収が890万円以下である事(子供が2人の場合)といった審査項目があります。

年収上限を超える場合でも一定の条件を満たしている場合は融資を受ける事が出来る場合もあるようです。

一定の条件とは「勤続年数が3年未満」、「居住年数が1年未満」、「年間所得に対する返済負担率が30%を超える場合」といった条件を満たしている方は融資を受ける事が出来る可能性もあるようです。

勤続年数3年未満や居住年数1年未満といった条件を満たしているといった方は少ないのではないでしょうか。

銀行や信販系の教育ローンの審査内容

銀行や信販系の教育ローンの審査内容は通常のカードローンなどと基本的には同じで申込者の年収や勤務先情報、これまでの他社での借入状況や返済実績等を基に審査が行われます。

もちろん過去に金融事故(自己破産や滞納や長期延滞など)を起こしている方は審査に通るのは難しいという事が出来ます。

国の教育ローンでは限度額は子供1人当あたり最高300万円までとなっておりますが銀行の教育ローンなどですともっと高額な融資に対応している教育ローンもあります。

教育ローンの審査基準はこのようになっていますがどうしても審査に通ることが出来ないといった方や銀行教育ローンは融資までに時間がかかってしまって期限に間に合わないなどといった方もいるとは思います。

そういった方たちにおすすめ出来るのは消費者金融カードローンで融資を受けるといった方法です。

教育ローンの融資を受けるのにもう少し時間がかかってしまうといった場合や教育ローンをもう少し慎重に探したいといった時に消費者金融カードローンには30日間無利息などといったサービスがありますのでとりあえずそちらで融資を受けて教育ローンの融資が降りたら一気に返すといった方法もあります。

30日間は無利息で、利息を払うことなく建て替える事が出来ますので検討してみてはいかがでしょうか。

教育ローン以外のおすすめは消費者金融カードローン

教育ローンを検討していて審査になかなか通らないといった方や教育ローンの融資までにまだ時間がかかってしまって入学金の支払期限に間に合わないなどと言った方には消費者金融カードローンがおすすめです。

ここでは無利息期間がある消費者金融カードローンを紹介していきたいと思います。

  • SMBCモビット

    SMBCモビット
    実質年率最高限度額
    3.0%~18.0%800万円
    アルバイト保証人
    可能※③不要

    SMBCモビットはサービスの質の高さと大手の安心感等でとても人気の高い消費者金融カードローンです。

    SMBCモビットはWEB完結なら電話連絡なしで在籍確認が行われるカードローンですので職場に電話が来るのが厳しいといった方などにもおすすめなカードローンです。

    SMBCモビットは2016年ノンバンクカードローンの顧客満足度ランキングでも1位をとっておりサービス面でもとても評価の高いカードローンでございます。

    教育資金としてのご利用にもおすすめ出来ますのでぜひ検討してみてはいいかがでしょうか。

    公式サイトはこちら
  • プロミス

    プロミス
    実質年率最高限度額
    年4.5%~年17.8%500万円
    アルバイト保証人
    可能※①不要

    プロミスはSMBCグループに所属する大手消費者金融SMBCコンシューマーファイナンスのカードローンで大手の安心感とサービスの良さなどでとても人気の高いカードローンとなっております。

    CMなどの広告で良く目にする機会がありとても有名なカードローンだと思います。

    30日間の無利息期間※もありますし限度額も500万円までと短期間の借入や大型の融資をご希望の方にもおすすめできるカードローンです。

    申し込みから融資までもとてもスピーディーで利便性が良く子供の教育費としての融資を受けるのにもおすすめなカードローンであると言う事が出来ます。

    利用する幅がとても広いカードローンですのでぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

    ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。公式サイトはこちら

  • アコム

    アコム
    実質年率最高限度額
    年3.0%~年18.0%800万円
    アルバイト保証人
    可能※①不要

    アコムは知らない方はいないのではないかといった位知名度が高く人気のある消費者金融カードローンです。

    30日間の無利息期間がありますし教育ローンをご検討中の短期間の立替のようなイメージでしたら実質無利息で融資を受けることが可能です。

    審査から融資までもとてもスピーディーですのでお急ぎの方でも問題なく融資を受けることが可能となっております。

    限度額も800万円までと高額な融資にも対応していますので様々な方におすすめできるカードローンです。

    審査も柔軟だと言われていますので教育ローンを検討中の方もぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

    公式サイトはこちら
  • アイフル

    アイフル バナー
    実質年率最高限度額
    3.0%~18.0%800万円
    アルバイト保証人
    可能不要

    アイフルは独自路線を貫き他の消費者金融カードローンは大手メガバンクの傘下に入る中単独で大きくなってきたカードローンです。

    アイフルも利便性が良く融資までのスピードが早く様々な利用用途の方から人気のある消費者金融カードローンです。

    アイフルにも30日間無利息サービスがありますし短期間の借入希望の方からお急ぎの融資をご希望の方まで幅広くおすすめ出来るカードローンだと思います。

    教育ローンの一時的な建て替えとしても利用できますし利用目的は自由となっておりますので本格的に教育ローンとして利用する事も出来ます。

    なかなか教育ローンの審査に通ることが出来ないといった方や一時的に教育ローンの建て替えをしたいといった方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

    公式サイトはこちら

関連記事