カードローン審査を徹底解説!

審査に通るカードローンキャッシングカードローンキャッシングを徹底比較!!即日融資、多重債務のおまとめ、高金利でつらい…など、あなたのお悩みを即座に解決!

国の教育ローン審査に通らない!カードローンで工面できるの?

今は勉強するにもお金がかかる時代です。

幼稚園から大学まで、すべて公立でもおよそ1,000万円。全て私立ならおよそ2,500万円ものお金がかかると言われています。

家庭環境や収入によっては、これだけの支出というのも当然相当な負担となるでしょう。

しかし、そんな人の為に国の教育ローン(教育一般貸付)が用意されています。

学びたい人を支援してくれる非常にありがたい制度ですが、それと同時に審査の内容や利用条件なども気になるところでしょう。

そこで今回は教育ローンを中心とした「教育にかかるお金」に関して、タメになる情報を分かりやすくまとめていこうと思います。

目次
  1. 教育ローンへ申し込む前にカードローンを検討
    1. ─何故カードローンがおすすめなのか?
    2. ─教育ローンを利用している人にも
  2. 国の教育ローンの概要と審査基準
    1. ─特徴
    2. ─利用資格
    3. ─審査基準
  3. 審査に通らない理由と対処法
    1. ─思わぬ理由で審査に通らないことも
    2. ─審査に落ちた場合の対策
    3. ─教育ローンに通らない人のカードローンまとめ

教育ローンに申し込む前にカードローンを検討しましょう

教育ローンや奨学金を申し込む前にカードローンの利用を考えてみるのもひとつの手です。

何故カードローンがおすすめなのか?

教育にかかる費用を工面する手段としてカードローンをおすすめする利用はいくつかあります。

「まとまったお金が早急に必要なケース」も少なくないでしょう。

それなのに、申し込みから融資まで1週間も2週間もかかってしまうのでは意味がありません。

その点、特に消費者金融系のカードローンであれば申し込みから融資までの時間を大幅に軽減できます。

また大手消費者金融カードローンでは、コンビニのATMなどでいつでもどこでも借入が可能。

欲しい時に欲しい額の融資を受けられる

これがカードローンをおすすめする第一の理由です。

そしてもうひとつのおすすめポイントは何と言っても「審査の面」。

教育ローンなどでは保証会社の審査を受けることが多く、ここが審査通過の壁になるケースも少なくありません。

しかし、消費者金融では保証会社の審査はありません。

それでいて無担保・保証人なしで融資を受けられるカードローンもありますので、教育ローンに通らなかった人にこそ、カードローンは「教育サポートの手段」として有効な手段なのではないでしょうか。

既に教育ローンを利用している人にも

仮に教育ローンを利用できたとして…

しかし、学校に通って何かを学ぶという行為は、意外と想像以上のお金がかかってしまうことも少なくないもの。

どうしても今月の生活費が足りない…。

給料日まで厳しい…。

そんな「あと少しのお金が欲しい」などと感じる瞬間が出てくることもあるのです。

消費者金融はそういったタイミングでの利用にも向いています。

上記で挙げた比較表を見れば分かりますが、大手消費者金融には「無利息期間」を設けているカードローンがあるからです。

計画的に利用すれば「お金を借りる際につきものの利息」を支払わずに、賢いお金の使い方もできます。

まさに低金利でお金を借りたい人にとってはぴったりかもしれません。

国の教育ローンの概要と審査基準は?

国の教育ローンの概要、そして審査のポイントなどについてみていきましょう。

審査に通らない原因を探るうえでは基本的な部分を抑えておく必要ありますので、ぜひチェックしておいてください。

国の教育ローンの特徴

借入可能金額

以前は300万円が限度枠でしたが、現在は最高で350万円までの借入が可能となっています。(海外留学資金(一定の条件付き)の場合は最高450万円)

限度額が引き上げられたのは利用者にとって大きな一つのメリットと言えるでしょう。

使い道

大学、大学院だけでなく、短大、高校、高専。更には専門学校、予備校等における資金にも使えます。

また、入学金や授業料のみならず、定期代やパソコン購入費、アパートなどの敷金、家賃、国民年金保険料など、学ぶために必要なものに関しては幅広く認められているのが特徴的です。

金利

年1.81%の固定金利です。(保証料別)

また、母子家庭、父子家庭、世帯年収200万円(所得122万円)以内の方、もしくは子ども3人以上(注)の世帯かつ世帯年収500万円(所得346万円)以内の方は年1.41%(固定金利・保証料別)になります。

固定金利の為、借入時の金利が返済し終わるまで変わらない点は魅力的です。

返済について

返済期間は基本的に15年以内。

また、基本的には毎月一定額を返済する仕組みですが、在学期間中は元金据え置き、つまり利息のみの支払いでも構わないという特徴があります。

主だった特徴を並べましたが、流石「教育ローン」というだけあって、経済的な不安があっても学べるよう様々な配慮がなされている印象を受けます。

更には本人への配慮だけでなく、母子家庭や低所得世帯の経済事情も考慮し、金利が安くなる点も非常に魅力的だと言えるでしょう。

国の教育ローンの利用資格

国の教育ローンはあくまで「学びたい人の金銭的支援」を目的としていますので、誰でも利用できる訳ではありません。

それもそのはず。経済的に余裕があるなら、自分で学費や教育費を支払うのが普通です。

ではどの程度の世帯所得までが国の教育ローンを利用する資格を持つのでしょうか?

下記の表に記載されている金額以内の世帯収入が対象となるので見てみましょう。

ただ、上記の表に習って対象とならない世帯でも、勤務年数や借入状況などによって上限額が緩和されることもあるようです。

例:こども2人で勤続(営業)年数が3年未満の場合、世帯所得の上限が890万円から990万円に緩和

また世帯収入以外にも、下記「融資の対象となる学校」に入学・在学することが国の教育ローンに申し込む条件になります。

修業年限が原則6ヵ月以上で、中学校卒業以上を対象とする教育施設であること

このように、収入や目的など条件が細かく設定されていますので、まずは申し込み条件に該当しているかのチェックが最優先になるでしょう。

国の教育ローンの審査基準

カードローンやクレジットカードと比べると、国の教育ローンは多少特殊な審査と言えるかもしれません。

まず、当然本人確認書類などの提出を求められるのですが、国の教育ローンでは「預金通帳」も用意しなければなりません

では通帳で何をチェックするのか?

住宅ローンもしくは家賃の支払い。また公共料金などの毎月の支払い状況をチェックするのです。

要は「支払うべきものに対する責任能力」を見る訳です。

ちなみに上記に関する支払いをクレジットカードで行っている場合は、カード利用明細書。コンビニ払いなら領収書といった形になります。

どれも最近6カ月分を求められますので、領収書などの場合は捨ててしまわないよう注意が必要です。

もちろん審査において重視される項目はほかにもあります。

メインになってくるのはやはり収入と支出の詳細。

世帯収入額が申し込み資格に当てはまっているかはもちろんのこと、収入と支出のバランス。つまり返済負担率(収入から見た返済の割合)なども審査においては重視されるポイントになります。

審査に通らない理由と対処法

さて、国の教育ローンの概要と審査基準をチェックしたところでここからはより具体的に見ていくことにしましょう。

審査に通らない理由について、ズバリ解説しようと思います。

思わぬ理由で審査に通らないことも

国の教育ローンは少し審査基準が独特なことは前述しましたが、それゆえ審査に通らない理由も少し特殊なケースが多いようです。

●収入面

あくまで教育ローンですから既に紹介した通り、そもそも一定以内の世帯収入でなければ利用することは出来ません。

とはいえ、「収入が少ないから良い」という訳でもありません。

実はあまりにも所得が低いと、「将来にわたる返済能力不足」と判断されてしまう可能性があるのです。

教育にかかる費用のサポートとはいえ、ローンである以上は返さなければいけない訳ですから考え方的には自然な発想と言えるかもしれません。

●保証面

国の教育ローンでは、、公益財団法人の保証機関(保証基金)を利用するか、もしくは連帯保証人が必要になります。

保証機関を利用すれば融資の保証を行ってくれますが、当然「保証しても大丈夫かどうか」の審査を受けることになるでしょう。

この際、申し込み者に「複数他社からの借入」などがある場合は保証を受けることが出来ない可能性が出てくることを覚えておきましょう。

保証会社の審査に不安がある場合は、連帯保証人を立てた方が良いかもしれません。

信用情報

信用情報とは、個々のローンやクレジットなどいわゆる「信用取引」に関わる契約内容、支払い状況、残高などをまとめた情報です。

主にクレジットカードやカードローン審査時に審査の判断材料として用いられるのですが、国の教育ローンを提供している日本政策金融公庫もこの信用情報が登録されている第三者機関に加盟しています。

ですから申し込み者が過去に「返済すべきものの長期延滞」「度重なる遅延」など、いわゆる事故を起こしている場合は国の教育ローンにおいても影響が出る可能性は高くなってしまいます。

審査に落ちた場合の対策

では国の教育ローンに落ちてしまった場合、それになり変わるサポートは受けられるのでしょうか?

教育支援の観点から考えると、

①JASSO(日本学生支援機構)の奨学金

②民間である銀行教育ローン

①JASSO(日本学生支援機構)の奨学金

②民間である銀行教育ローン

以上2点が選択肢として挙げられます。

まず①の奨学金ですが、教育支援としては一番名前が知られているものと言えるでしょうか。

そして実はこの奨学金、一種類ではありません。

第一種(無利息)

国内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校(専門課程)に在学していることが条件。

無利息という非常に大きなメリットはあるが、特に優れた学生でなければ受けられない狭き門。

第二種(利息が付くタイプ)

国内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校(専門課程)に在学していることが条件。

年3%を上限とした利息が発生する代わりに、第一種と比べると比較的緩やかな基準で先行が行われるのが魅力。

入学時特別増額

「国の教育ローン」に申し込んだが利用できなかった人が対象

第一種、第二種に加えて貸与される、入学時の一時金のようなもの。

利息付きであり、入学時特別増額だけの貸与は出来ないのが人によっては難点になる可能性がある。

上記三つの奨学金制度が用意されています。

とはいえこちらももちろん国の教育ローンと同様に、世帯収入などをベースとした審査を通過しなければなりません。

次に②の銀行教育ローン

民間の銀行が取り扱っていることもあり、使いやすさや利便性の高さは強みと言えるでしょう。

ただ、金利はおおむね年3~4%以上と決して安くはないため、その点は事前にチェックしておくことをおすすめします。

また銀行教育ローンでは基本的に、保証会社による審査が必要となりますので、信用情報に問題がある場合などはやはり審査通過の難易度も上がってしまうでしょう。

国の教育ローンと合わせてこの三つが、教育支援においては代表的な選択肢と言えます。

しかし…三つの審査どれかに必ず通るとは限りません

仮に教育ローンや奨学金を利用できない場合はどうすれば良いのでしょうか?

教育ローンに通らない人のカードローンまとめ

消費者金融系カードローンは何より、審査にかかる時間が短いのが魅力。

教育ローンを利用できても出来なくても、急な出費に対応できるカードローンは自分の中で選択肢のひとつとして持っておくことをおすすめします。

もちろんあくまで計画的な利用が大前提ですが、その時々の状況に合わせてうまくカードローンを活用するのもひとつの手ではないでしょうか。

関連記事