カードローン審査を徹底解説!

審査に通るカードローンキャッシングカードローンキャッシングを徹底比較!!即日融資、多重債務のおまとめ、高金利でつらい…など、あなたのお悩みを即座に解決!

お得な借換ローンは?審査難易度や金利を比較しながらおすすめを紹介

借換 ローン 選び方 比較方法 おすすめ

「お金を借りる」という目的において、手軽で簡単にキャッシングできるカードローンは、賢く使えば生活の大きな助けになります。

ただし、カードローンごとに金利や返済金額、使い勝手が異なるため、

「実際に使ってみるとあまり良くないな…」

「思いのほか、返済負担が苦しい…」

などと感じる方も少なくないでしょう。

そんな時、便利なサービスが「借換ローン」です。

複数ある借り換えローンの選び方について、比較方法や審査の難易度に関する解説を交えながら、おすすめのローンを紹介していきましょう!

借換ローンのおすすめはここ!お得に借り換えしたい人は要チェック!

数ある借り換えローンの中から、金利や限度額、使い勝手の良さなどを踏まえて、おすすめのローンを厳選しました。

それぞれの特徴を踏まえて、「お得に使える」ぴったりの借り換えサービスを見つけてください!

  • 借り換え・おまとめ専用!:オリックスVIPフリーローン

    オリックスVIPフリーローン 借り換え おまとめ
    実質年率最高限度額
    3.0%~14.5%800万円
    アルバイト保証人
    不要

    オリックス・クレジット株式会社が提供するオリックスVIPフリーローンは、資金用途を「借り換え・おまとめのみ」とした返済負担を軽減したい人などに特化した専用ローンです。

    使い道が限られているため、必要以上にキャッシングしてしまう心配がなく、目的がブレてしまう不安もありません。

    もちろん借り換え・おまとめ専用なので、金利も3.0%~14.5%と低金利。

    最高限度額は800万円までなので、既存の借入額が大きい人にも対応可能な商品です。

    ●オリックスVIPフリーローンの特徴●

    ・業界最高水準の低金利

    ・総量規制対象外のローンなので、年収に縛られない

    ・追加の返済がいつでも好きな時にできる

    ・審査が複雑な銀行系ではない

    公式サイトはこちら

    ※「年収400万円以上必要」

    ※資金用途は「借り換え・おまとめのみ」

  • 審査が不安な人には低金利のこちら!:J.Score(ジェイスコア)

    J.Score(ジェイスコア)
    実質年率 最高限度額 審査時間 最短融資
    年0.8%~12.0%※① 1,000万円 仮審査最短30秒 最短30分
    アルバイト 収入証明書不要 事前診断 無利息期間
    可能※② ―※③ あり

    J.Scoreはみずほ銀行とソフトバンクにより設立された会社で、AI(人工知能)を活用した斬新な融資サービスで只今人気急上昇中です。

    商品である「AIスコア・レンディング」では、膨大な量のビッグデータとAIによって算出された1,000点を上限とするAIスコアによって、貸付利率・契約極度額が決まるという画期的なシステムを採用しており、画面の案内に従って入力や申告を進めるだけで、融資条件をその場でチェックすることが可能です。

    しかも性格や好み、ライフスタイルなどこれまで加味されてこなかったような多種・大量の情報を先進的なAI技術で分析しますので、これまでよりも自分の可能性や信頼性を公正にスコア化することが可能になりました。

    もちろん商品自体のクオリティも高く、金利は業界でも指折りの年0.8%~12.0%※①という低金利。

    他にも、最高限度額1,000万円、融資まで最短30分など、あらゆる魅力を兼ね備えた融資サービスになります。

    AIスコア・レンディングを利用して、金利の引き下げや返済負担軽減に役立てることも十分に可能でしょう。

    ●AIスコア・レンディングの特徴●

    ・金利が非常に低い

    ・斬新な審査システムで、申し込み前に融資条件の目安が確認可能

    ・金利が低く限度額が高いので、借換にも応用できる

    公式サイトはこちら
    • J.Score ※①(※)みずほ銀行、ソフトバンクまたはYahoo!JAPANとの情報連携により貸付利率(実質年率)を0.1%引下げいたします(最大0.3%引下げ)。 (※)貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクおよびYahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。 なお、Yahoo! JAPANとの情報連携で金利引下げとなるのは、以下のいずれかを満たす場合です(金利引下げのタイミングはそれぞれの場合で異なります)。 ・情報連携に同意された日の前月末から過去1年以内に「Yahoo!ショッピング」の購買履歴がある ・情報連携に同意された日の前月末から過去1年以内に「ヤフオク!」の落札(支払)履歴がある ・情報連携同意時点で「Yahoo!プレミアム」会員である
    • J.Score ※②満20歳以上、満70歳以下で安定した収入がある方
    • J.Score ※③ジェイスコアの契約極度額が50万円以下かつ他社を含めた借入総額100万円以下の場合

借換ローンのメリットや他のローンとの違い

借換 他のローン 違い 特徴

一般的なカードローンと借り換えローンについて、皆さんはどの程度「違い」を認識していますか?

ここでは借換ローン独自のメリットや他のローンとの違いについて解説しながら、借換ローンの役割について説明したいと思います。

借換ローンと他のローンの違いは?

他のローンと言っても、あくまで「カードローン」系統にここでは絞ってご説明します。

要するに、マイカーローンや住宅ローンなど、「使い道が限定されているローンは除外」すると考えてください。

そうなると、「カードローン」「フリーローン」「おまとめローン」などがここで言う“他のローン”に該当することになります。 ではそれぞれの特徴をまずは紹介しましょう。

【カードローン】

個人向け融資商品の総称で、使い道は基本的に利用者の自由です。(ギャンブル・事業性資金など、一部使い道が認められないものもあります。)

担保・保証人不要で借りられる場合が多く、好きな時に追加で融資を受けられる(限度額の範囲内で)ので、手軽にお金を借りられる商品として最も身近な位置づけにあります。

【フリーローン】

カードローンと同じく、「目的を問わない個人向け融資商品」ですが有担保型と無担保型にタイプが分かれています。

担保の有無により融資条件が左右され、無担保型は優遇処置がない代わりに審査時間が短くなりやすい傾向にあります。

ただし、カードローンと異なり契約時に設定された限度額に応じて一括で融資を受け、その後は返済のみを行うパターンが基本です。

個人の希望で好きな時にキャッシングできない点を考慮すると、カードローンよりも自由度は低くなります。

【おまとめローン】

文字通り、「複数の借り入れをおまとめする目的を持つローン」で、複数他社から借り入れている人向けの商品です。

複数他社の借り入れを一本化することで、月々の返済額や返済の手間を押さえ、利用者の負担を軽減する目的を持っています。

ただし、利用者によってはおまとめローンに変えたところで、金利や返済金額などが逆に大きくなってしまう場合もあるので注意が必要です。

ここまで、3つのローンの特徴を紹介してきましたが、ではこれらと借換ローンは何が異なるのか?

借換ローンの特徴を続けて記載しましょう。

【借換ローン】

基本的な概念として、「現状よりも有利な条件で融資を受けられるローンに乗り換える」ことを目的としています。

そのため、すでに他社から借り入れ中の人が対象とはなりますが、複数他社から借り入れしていない人も対象となります。

例えば、金利のより低い他の商品へ乗り換えたり、使い勝手の良い他の商品にへ乗り換えるなどの「利便性や融資条件の向上」が主な目的です。

要するに借換が向いている人というのは、以下いずれかの条件に当てはまるような人だと考えてください。

こんな人は借り換えを考えよう!

・現在の借入先の金利が高いと感じている
・現在の借入先の月々の返済金額が高いと感じている
・現在の借入先が使いにくい、分かりにくいなど、利便性に不満を感じている

借換先の選び方や比較方法のポイントは?おすすめのローンを見つけるために

借換 選び方 比較方法 ポイント

借換に対応した商品は様々な業者から提供されており、それぞれ特徴やメリット・デメリットは異なります。

また、当然ながら「借換を考える理由」も人それぞれ異なるでしょう。

ではどのようにして、借り換え先をうまく選べば良いのでしょうか?

借換の目的を明確にして比較する

借換を検討しているからには、それだけの理由があるはずです。

・月々の返済額を抑えたい

・金利を低くしたい

・毎月の返済日を変えたい

・使いやすいカードローンに乗り換えたい

などなど、まずは「自分がなぜ借り換えしたいのか?」を明白にしたうえで、その条件を満たせる借換ローンを探しましょう。

各商品はそれぞれメリットをアピールしていますが、あくまで借り換えの目的を見失わないことが重要になるわけですね。

借換ローンは審査難易度が高い場合も

借換ローンは当然ながら、「すでに借り入れがある人に対して提供されるローン」です。

つまり、借金を抱えた人に対してのローンですので、貸す側からすれば審査に慎重になる場面が当然ながら出てきます。

特に複数他社から借り入れを行っている場合や、既存の借入金額が高額な場合にはより慎重な審査が求められる可能性があると覚えておいてください。

以下の項目に該当する場合は、借換専用商品ではなく、通常のカードローンへの申し込みを検討してみるのも良いでしょう。

・3社以上からすでに借入している

・銀行カードローンの審査に落ちたことがある

なお、銀行カードローンでは銀行と保証会社、両方の審査を受けなければならないため、審査難易度が高くなりやすいことを覚えておきましょう。

借換を考えており、なおかつ審査に不安のある場合は消費者金融の中から、希望する借り換えの条件に当てはまるところを探すこともおすすめします。

⇒徹底比較!審査に通りたい人におすすめのカードローンランキング!審査通過率もあわせて確認

借換ローンにおける審査ポイント

借換 審査 ポイント ローン

借換目的でローンに申し込む人は、すでに他社借入があるというのは前述のとおりですが、従って借り換えローンでは融資額が大きくなることも少なくありません。

例えば、以下の例を見てください。

現在、年利18.0%でA社から100万円を借入中

金利の上限が年14.0%のB社に借り換えを希望して申し込み

このパターンですと、金利の引き下げが借換理由となりますが、融資額は100万円となるため、申し込みを受けたB社は「100万円を返済できる人間であるか?」を基準に審査を行わなければなりません

そのため、借入額がゼロの人と比べると、審査についてもより慎重になる必要が出てくるわけです。

では具体的にどのような点に注目すれば良いのでしょうか?

借換の審査を受ける前に特に注意したいポイントをまとめました。

金融事故を起こしていないか?

業者や商品に関わらず、過去に重大な金融事故を起こしている場合は審査通過が難しくなります。

主な金融事故

長期間の支払い滞納履歴
度重なる支払いの遅延履歴
債務整理、自己破産などの記録
申し込み者に問題がある上での強制解約
短期間で複数のローン・クレジット関連への申し込み履歴

これらはすべて第三者機関である個人信用情報機関により管理されており、ローン申し込み時には必ず審査の一環としてチェックされます。

上記で記した金融事故に該当する情報が信用情報内に確認された場合、審査通過はほぼ不可能となりますので、該当の記録が消えるまでは申し込みを控えましょう。

信用情報について

自分の信用情報は、管理元である個人信用情報機関に問い合わせることでその内容を確認することが可能です。

信用情報内の記録にはそれぞれ保存期間が設定されているため、金融事故等問題が見つかった場合は、該当情報の保存期間が過ぎるまで申し込みを控えることをおすすめします。

※インターネット上、窓口、郵送などで情報照会が可能

申し込みする会社で過去に問題を起こしていないか?

信用情報内に事故情報が残っていないとしても、「過去の金融事故がバレてしまうケース」があります。

申し込みを行う会社で過去に問題を起こしているケースです。

例えば、借換したい商品を提供しているA社にあなたが申し込むとしましょう。

・A社の他の商品は過去に利用したことがある

・その際に、支払いを長期滞納した

・6年ほど前なので、信用情報からはその事故情報記録が消えている

・6年たった今もA社の社内情報には滞納の記録が残っている

このように、信用情報内に問題の記録が残っていなくとも、社内情報には残っているケースが少なくありません。

もちろん社内記録で重大な事故情報などが確認されると、審査通過は難しくなります。

借換え商品については、申し込み前に提供会社で過去に問題を起こしていないか?を必ず確認するようにしましょう。

なお、直接的に関係がなくとも、銀行などでは保証会社に他社(消費者金融など)を使っている場合もありますので、保証会社との関連性についても併せてチェックすることをおすすめします。

借換専用ローンにこだわる必要はない!審査が気になるなら消費者金融も検討

借換 消費者金融 審査 おすすめ

借換えを考え、様々な情報収集をしていると自然に「借換専用ローン」が目につくことでしょう。

しかしながら借り換えの目的はあくまで、「現状よりも有利な条件で融資を受けられるカードローンに乗り換えること」です。

従って、借換専用ローンでなくとも、「自分が借換えしたい理由を満たしているローン」であれば、十分に申し込む価値はあるでしょう。

例えば典型的な「借換専用ローン以外が向いているパターン」としては以下のようなものがあります。

・現在使っているカードローンの使い勝手が悪い

・月々の最低返済金額を減らしたい

・限度額が低くても低金利のカードローンに乗り換えたい

このようなパターンに当てはまる場合は、通常のカードローンでも十分に現状を好転させられるものが存在するため、借換専用ローンにこだわりすぎる必要はありません。

しかも借換専用ローン以外のカードローンですと、審査難易度や時間を基準にして比較することも可能です。

特に消費者金融は審査通過率が高く、審査スピードが速いところも多く存在しますので、

「借換をしたいが、審査が不安…」

という方は消費者金融の利用を検討するのもアリでしょう。

大手消費者金融の審査通過率を比較してみた

大手消費者金融では、「成約率」という情報が公開されており、こちらを元に審査の難易度を図ることが出来ます。

参考までに審査通過率の一覧比較表をご紹介しましょう。

カードローン審査通過率通過率平均
プロミス42~45%43.5%
アコム45~49%47%
アイフル44~49%46.5%
SMBCモビット42~45%43.5%

なお、銀行カードローンは「成約率」などのデータを公開していませんが、当サイトへ寄せられた情報や調査結果を元に考察すると、審査通過率は20~40%に留まることが多い印象です。

これらのデータを見てもわかる通り、審査に通ることを優先するなら銀行系より消費者金融系がおすすめです。

借換えを検討している場合も、審査が不安な方は通常のカードローンへの申し込みも選択肢に入れてみてください。

※目的はあくまでも借換ですので、希望条件を満たしているかは優先的にチェックしましょう。

⇒借りられるか心配な方のために!消費者金融の審査基準を徹底解説!

借換ローンの選び方や比較方法・おすすめ情報のまとめ

ここまで、ローンの借り換えをテーマに、選び方のポイントや比較のコツ、またおすすめのローンなどを紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

借換えを希望する理由は人それぞれ。

だからこそ、自分に合った借り換え先を見つけるために、正しい知識を持ったうえでの比較・検討が大切になります。

「借換専用」にこだわりすぎることなく、「何のために借り換えするのか?」を常に念頭に置きながら、自分にぴったりの借り換え先を選んでください。

⇒おまとめローン審査に通過したい!他社借入中の借金を一つにおまとめ

関連記事