カードローン審査を徹底解説!

審査に通るカードローンキャッシングカードローンキャッシングを徹底比較!!即日融資、多重債務のおまとめ、高金利でつらい…など、あなたのお悩みを即座に解決!

J.Score(ジェイスコア)の審査に落ちた?借りるための対策は

J.Score(ジェイスコア)の審査に落ちた?借りるための対策は

J.Score(ジェイスコア)、最近話題ですよね。

従来のカードローンとはイメージも仕組みも大きく異なるため、当初は「J.Score(ジェイスコア)って一体なんだ?」的な印象もかなりあったと思います。

ですが少しずつJ.Score(ジェイスコア)でAIスコア診断や融資申し込みを受ける人が増えていき、その正体も明らかになってきました。

それでもまだまだJ.Score(ジェイスコア)の仕組みや、融資商品である「AIスコア・レンディング」について疑問を抱いている人も少なくないでしょう。

そこで今回はJ.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングを特集することにします。

J.Score(ジェイスコア)の仕組み

AIスコア・レンディングの申し込みや手続き方法

AIスコア・レンディングの審査に落ちる人の特徴

借りるための対策

などなど、特に「審査」の面にスポットライトを当てて詳しく解説していきましょう。

本当のJ.Score(ジェイスコア)」を知り、申し込むべきなのか?参考にしてみてください。 公式サイトはこちら

J.Score(ジェイスコア)ってそもそも何?

J.Score(ジェイスコア)ってそもそも何?

J.Score(ジェイスコア)は、みずほ銀行とソフトバンクにより設立されたFintech企業です。

※Fintech(フィンテック):inance(金融)とTechnology(技術)を組み合わせた造語であり、ファイナンス・テクノロジーの略。「ICTを駆使した革新的(innovative)、あるいは破壊的(disruptive)な金融商品・サービスの潮流」などの意味で使用される。既存の金融機関が持つ総合的な金融サービスのうち、顧客が必要とする一部の機能のみに特化することで、低コストでサービスを受けることが可能となる。

このJ.Score(ジェイスコア)が提供しているサービスおよび個人向け融資商品の名前がAIスコア・レンディング(スコアレンディングとも)となります。

ちなみにJ.Score(ジェイスコア)が設立されたのは2016年11月1日とまだ最近の話で、まさに今、知名度と人気が急上昇中の状態と言えるでしょう。

ではJ.Score(ジェイスコア)及びAIスコア・レンディングとは、どういった特徴を持っているのでしょうか?

AIスコア・レンディングの基本情報

サービス名 AIスコア・レンディング
審査結果 仮審査最短30秒
最短融資 最短30分
ご融資額 1,000万円まで
収入証明書不要 ―※③
お試し審査 あり
借入利率 年0.8%~12.0%※①
担保・保証人 不要
在籍確認 あり
公式サイトはこちら

J.Score ※①(※)みずほ銀行、ソフトバンクまたはYahoo!JAPANとの情報連携により貸付利率(実質年率)を0.1%引下げいたします(最大0.3%引下げ)。 (※)貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクおよびYahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。 なお、Yahoo! JAPANとの情報連携で金利引下げとなるのは、以下のいずれかを満たす場合です(金利引下げのタイミングはそれぞれの場合で異なります)。 ・情報連携に同意された日の前月末から過去1年以内に「Yahoo!ショッピング」の購買履歴がある ・情報連携に同意された日の前月末から過去1年以内に「ヤフオク!」の落札(支払)履歴がある ・情報連携同意時点で「Yahoo!プレミアム」会員である

J.Score ※③ジェイスコアの契約極度額が50万円以下かつ他社を含めた借入総額100万円以下の場合

J.Score(ジェイスコア)の特徴①:AIスコア診断

J.Score(ジェイスコア)の大きな特徴として、ビッグデータと先進的なAI技術を活用した「スコア診断」が挙げられます。

あらゆる質問に答えていくだけで、その人の可能性や信用力などを明確にスコア化してくれるわけですね。

J.Score(ジェイスコア)でAIスコア診断

これまで、例えばカードローンでは、申込者が審査時に受けた評価や採点結果などを知ることが出来ませんでした。

しかしながらJ.Score(ジェイスコア)が提供するAIスコア診断では、自らの可能性や価値をその目で「スコア」として確認することが出来るわけです。

J.Score(ジェイスコア)の特徴②:AIスコア診断はかなり自由

提示される質問に答えることで、AIスコア診断は進んでいきますが、「どの情報を提供するか?」は個人の事由に委ねられています

AIスコア診断のヒストリー

AIスコア診断の仕組みとして、ライフスタイルや好みなどの情報、みずほ銀行やソフトバンクとの取引情報など、さまざまな情報を提供すればするほど自分の可能性や信頼性をAIスコアに反映させることが出来ますが、提供するかどうかは自分で決めることが出来るわけですね。

ただし、提供する情報が多ければ多いほど、結果的にスコアアップする可能性が上がる点も覚えておきたいポイントです。

J.Score(ジェイスコア)の特徴③:AIスコアを活用した融資サービスがお得

AIスコア診断自体は無料で受けることが出来ますが、そこで得たスコアはJ.Score(ジェイスコア)の提供する融資サービス「スコアレンディング」で活用可能な仕組みとなっています。

つまり、AIスコア診断で取得したAIスコアに応じて、「融資申し込みが可能か?」「融資条件はどの程度なのか?」が自動で判断されるのです。

AIスコア診断後のレンディング条件として金利や限度額が表示

※画面は一例

AIスコア診断では、提供する情報があらゆるジャンルに渡りますので、これまでの画一的なデータや与信審査とは異なる適正な条件を提示してくれるのが大きなポイントでしょう。

例えば、一般的なカードローンで重視される収入状況や勤務先情報だけでなく、性格や趣味・人間性など、これまで審査で加味されなかった項目もAIスコア診断では判断材料となりますので、人によっては「今まで評価されなかった部分が評価されるケースもある」わけですね。

もちろんすべての情報はAIスコアに反映され、スコアが高くなればなるほど融資条件は有利になりますので、AIスコアは一度受けてみる価値あり!と言えるかもしれません。

また、融資申し込みの可否や融資条件は「スコアレンディングに申し込みを行う前に表示される」ので、提示条件を参考に事前に検討できる点も非常に大きなメリットでしょう。

J.Score(ジェイスコア)の特徴④:金利がとにかく低い

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングでは、貸付利率(金利)が年0.8%~12.0%に設定されており、こちらはすべてのカードローンの中でもトップクラスの低金利となっています。

J.Score(ジェイスコア)は超低金利

(※)貸付利率(年率)0.8%は、みずほ銀行、ソフトバンクおよびYahoo! JAPANと情報連携を行い、一定の条件を満たす場合に限り適用されます。

低金利が売りである銀行カードローンと比較しても引けを取らない低金利となっていますので、返済負担を抑えたい人やある程度高額の融資を希望する人にもおすすめできる商品となっています。

J.Score(ジェイスコア)の特徴⑤:審査・融資までのスピードが速い

お金を借りたい時、カードローンを利用したい時、急な出費ですぐにでもお金が必要!という場面は少なくないですよね。

そんな時に審査や手続きに時間がかかり過ぎていると、本来の目的を果たせないこともあるでしょう。

ですがJ.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングは、仮審査最短30秒、融資まで最短30分と、業界最高水準のスピーディな対応だから安心です。

AIスコア・レンディング

何より、WEB上ですべての申し込みを完了できますので、お急ぎの方にも対応しやすいサービスだと言えるでしょう。 即日融資可能なカードローンは複数ありますので、他社とも比較しながら、J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングを詳しく見てみましょう。

即日融資・審査が簡易なカードローンキャッシング特集

 

⇒即日審査・審査簡易なカードローンキャッシングは?審査基準も解説

公式サイトはこちら

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディング申し込み方法まとめ

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディング申し込み方法まとめ

J.Score(ジェイスコア)の提供する融資サービスは、従来のカードローンなどと仕組みが大きく異なります。

普通、カードローンに新規申し込みしようとする場合は、「申し込み~審査~融資契約」までが一連の流れとなっていますよね。

いっぽう、J.Score(ジェイスコア)では、

1.AIスコア診断

2.融資申し込み

と、手続きが分かれており、例えば融資申し込みを行わず、AIスコア診断だけを受けることも可能です。

では具体的にどのような手続きを踏めば良いのでしょうか?

AIスコア診断後に融資を申し込むか決める

自分がどのように評価されるのか?またどのような融資条件を提示されるのか?知るためにも、まずはAIスコア診断を受けるところから始めましょう。

以下、手続きの流れをまとめましたのでご覧ください。

1.J.Score(ジェイスコア)のサイトにて「AIスコア診断」へと進む

2.メールアドレスとパスワードを登録し、アカウント作成を行う(無料)

3.表示される質問に沿って、基本情報を申告する

4.AIスコア、および貸し付け条件(金利)・契約極度額などの融資条件が表示される

なお、AIスコア診断では基本情報の申告後に「スコアアップ」のための追加情報入力システムが備わっています。

基本情報の入力だけでもAIスコアは算出されますが、更なるスコアアップを狙いたい方は追加情報の入力も併せて行うと良いでしょう。

AIスコア診断にて600点を超えると申し込みへのリンクが表示されますので、融資条件を確認して、希望する方は申し込み手続きにそのまま進みましょう。

※AIスコアが600点に満たない場合、申し込みへ進むリンクが表示されず、申し込み手続きが行えません。

AIスコア・レンディングの申し込み手続きの詳しい流れは↓コチラ↓

 

⇒J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングはどんな商品?手続きの流れや基本情報まとめ

融資申し込みから契約・キャッシングまでの流れ

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングは、全てネット完結、スマホ・PCのみでスピーディーに利用できるのが特徴です。

お申し込みから借り入れまでは、以下3ステップで完了しますのでチェックしてみましょう。

必要書類

AIスコア・レンディング申し込み時には、以下の必要書類を準備しておきましょう。

本人確認書類

運転免許証をご用意ください。運転免許証をお持ちでない方は本人確認書類としていずれも有効期限内または現在有効な健康保険証(※1)、パスポート、個人番号カード(マイナンバーカード)(※2)、在留カード、特別永住者証明書(※3)をご用意ください。(※4)

(※1)「氏名」「生年月日」「現住所」の3項目が記載されているものに限ります。

(※2)個人番号カードは、表面(顔写真・住所などが記載されている面)のみをご提出ください。通知カードは取扱いしていません。

(※3)外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」もあわせてご提出ください。

(※4)学生の方は、上記の書類に加え「学生証」をご提出ください。

(※5)提出した書類について不鮮明、有効期限切れ、内容確認等により連絡や再提出をお願いされる場合があります。

収入証明書類

年収を確認するため、「収入証明書類」の提出をお願いされる場合があります。

具体的には、法令上、ご希望されるご契約額が一定金額(※1)を超える場合、「収入証明書類」の提出が必須とされていますが、法令で定める場合以外にも「収入証明書類」の提出をお願いされる場合があります。(※2)

(※1)J.Score(ジェイスコア)との契約金額が50万円を超える場合、または、J.Score(ジェイスコア)との契約金額が50万円以下となるものの他の貸金業者での利用額を含めた合計金額が100万円を超える場合

(※2)上記(※1)の金額にかかわらず、年収を確認するため「収入証明書類」の提出をお願いされる場合があります。なお、提出した書類について不鮮明、有効期限切れ、内容確認等により連絡や再提出をお願いされる場合があります。

AIスコア・レンディングの必要書類(収入証明書類一覧)

上記の書類のご用意が困難な場合

AIスコア・レンディングの必要書類(給与明細書)

(※)給与明細書に「ご本人の氏名(フルネーム)」「発行年月」「発行元名」「月収」が明記されていることをご確認ください。記載内容が手書きの場合、発行元の社印もしくは社判が必要となります(担当印のみでは受付けできかねます)。

(※)お勤め先が変更になっている場合は、別途変更のお手続きが必要です。

(※)直近の賞与明細書(過去1年以内のもの)がございましたら、あわせてご用意ください。

(※)ご提出いただいた書類について不鮮明、有効期限切れ、内容確認等により連絡や再提出をお願いされる場合があります。 公式サイトはこちら

J.Score(ジェイスコア)の審査に落ちる人の特徴

>J.Score(ジェイスコア)の審査に落ちる人の特徴

J.Score(ジェイスコア)でお金を借りたくても借りられない」というパターンに関しては、主に以下2パターンのどちらかに当てはまるケースが考えられます。

・AIスコアが600点を超えない

・スコアレンディング(商品)申し込み後の審査で落ちてしまう

ではそれぞれの状況に陥り、審査に落ちやすい人の特徴について解説していきましょう。

AIスコアが600点を超えない人の特徴

この部分については正直、「ここがダメ!」とハッキリ断言することは出来ません。

というのもAIスコア診断時に用意されている質問や申告情報は非常に多く、どの項目がどのように採点されているか?明確に判断できないからです。

例えば試験などで、トータル100点満点だとしても、問1は5点、問5は10点などという具合に得点が異なるのはよくある話ですよね。

AIスコア診断でも、これと同じように採点方法が不明であり、なおかつ趣味や性格などの項目はそもそもどのように採点しているのか不明であるため、「こういう部分はマイナス採点になる」などと断言できないのです。

とはいえ、「年齢」「勤続年数」「年収」「雇用形態」などの基礎情報はAIスコアに直結する項目である可能性が高いため、年齢が高すぎたり、収入が不安定だとみなされるような申告内容だと、AIスコアが伸びない可能性は考えられるでしょう。

ただし、AIスコアの採点基準が分からないとはいえ「対策がないわけではない」ので、その辺りについては後ほど詳しく解説します。

スコアレンディング(商品)申し込み後の審査で落ちてしまう

このケースの場合、「AIスコアが600点を超え、融資条件が表示されているにも関わらず審査に落ちてしまった」ことを意味します。

ただし、J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングでは、そもそも「AIだけ」ですべての手続きが行われる訳ではありません。

例えば、外部から信用情報を照会したり、申込者の申告情報を確認したりする作業などは、AIと元々J.Score(ジェイスコア)が用意しているデータだけではカバーできない部分でしょう。

特に「AIスコアを伸ばすために、虚偽申告していた場合は審査に落ちる可能性が考えらえる」ため、十分に注意してください。

例えば、年収を高く見積もって出されたAIスコアが後に調べた結果、申告内容よりも少なかった場合、AIスコアは訂正され融資条件を満たさないようなことも考えられます。

このように、AIスコア診断時の虚偽申告や正確でない情報は、最終的な審査でマイナス判定を下される可能性が高くなるので、AIスコア診断の時点で正確な情報を申告することが重要です。

総量規制にも注意

J.Score(ジェイスコア)はみずほ銀行とソフトバンクによって作られた会社ですが、提供される商品は銀行カードローンには分類されません

J.Score(ジェイスコア)はあくまで貸金業法であり、そのため「貸金業法」の対象となりますので、貸金業法内の総量規制という取り決めを守る必要があります。

この総量規制とは「年収の1/3を超える貸し付けを制限する取り決め」ですので、AIスコア・レンディングでは、年収の1/3を超える融資は受けられません。

また、この「年収の1/3」という基準については他社からの借り入れすべてを合算して計算されますので、AIスコア・レンディング申し込み時にすでに他社借入が年収の1/3を超えている場合、基本的に審査に通ることは出来ませんので注意しましょう。 公式サイトはこちら

J.Score(ジェイスコア)で借りるための対策は?

J.Score(ジェイスコア)で借りるための対策は?

J.Score(ジェイスコア)に限らず、大切なのは「審査に落ちないよう対策を立てること」ですよね。

審査に落ちてしまってからあれこれ言うより、事前に審査基準やポイントを押さえて、以下に審査に通る可能性をアップさせるかが重要なのは当然の話です。

もちろん対策を立てていれば、誰でも借りれるようになるわけではありません。

ただし、前もってある程度の知識を備えておくことで「借りれる可能性を高めることは可能」です。

具体的な対策について、ここから順に紹介しますので是非事前にチェックしておいてください。

AIスコア診断時の申告はなるべく正確に

重ねてお伝えしていますが、J.Score(ジェイスコア)ではAIの働きが融資の可否や融資条件を左右する上では非常に重要な役割を担っています。

そのため、申込者側が提示する情報が正確であればあるほど、算出されるAIスコアの精度が上がり、信頼性もアップすると考えてください。

AIスコアを高くしようと、申告内容を良いように見せかけたりしても、最終的な審査の段階で誤りが見つかれば、結局は導き出されたAIスコアの情報を訂正せざるを得なくなるでしょう。

そうなってしまえば、申込者自身に何も得なものは生まれません。

融資を希望する場合、最終的な目標はあくまで審査に通り、より有利な条件で融資を受けることですから、AIスコア診断時の情報はなるべく正確に申告することがベストであると心掛けて対応してください。

AIスコア診断時にはなるべく多くの情報を申告する

AIスコアは大きく分けると2段階のステップに分かれています。

1.基本情報の申告

2.スコアアップ項目の申告

「1」の基本情報の申告を終えた段階でAIスコアは算出される(600点オーバーならそのまま申し込みも可能)のですが、審査通過の確率アップ、更に融資条件を自分にとって有利な内容にしたいなら、「スコアアップ項目の申告」もなるべくすべて答えるようにすることをおすすめします。

スコアアップ項目に答えれば答えるほど、スコアの精度は上がり、スコアそのものもアップしやすくなりますので、そこは面倒に思わず、対応するのが賢く借りるためのコツであると考えましょう。 公式サイトはこちら

J.Score(ジェイスコア)の審査落ちや対策まとめ

ここまでJ.Score(ジェイスコア)の特徴を踏まえて、審査情報や事前に知っておきたい対策などについてお伝えしてきましたがいかがだったでしょうか?

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングは、確かに従来のカードローンとは大きくシステムが異なります。

ただ、実際に体験してみると、非常にわかりやすくシンプルな作りになっているので、何も難しく考える必要はありません。

審査や申し込み時のポイントを押さえ、賢くJ.Score(ジェイスコア)を活用しましょう!

審査通過率やカードローンごとの特徴を踏まえたランキング特集は↓コチラ↓

⇒審査通過率が高いおすすめのカードローンは?人気ランキング大公開! 公式サイトはこちら

関連記事