カードローン審査を徹底解説!

審査に通るカードローンキャッシングカードローンキャッシングを徹底比較!!即日融資、多重債務のおまとめ、高金利でつらい…など、あなたのお悩みを即座に解決!

Fマネーカードに関する審査を徹底解説!申し込み前に必ず確認!

Fマネーカードのカードローン審査ポイント
  • ●お申し込みは24時間可能

    ●無利息期間あり

    ●利用可能額によっては低金利に

※金利については以下参照。

消費者金融をはじめとした多くのカードローンでは、限度額100万円以下の際の金利を17.80~18.0%に設定していることが多いですが、Fマネーカードではご利用可能枠~50万円までなら金利が15.80%、~100万円までなら13.80%と、金利の引き下げ段階が100万円以下にも設定されているため、他のカードローンよりお得に利用できることがあります。

実質年率最高限度額審査時間最短融資
4.40%~17.80%500万円
アルバイト収入証明書不要保証人在籍確認
可能不要あり
公式サイトはこちら
目次
  1. Fマネーカードってどんなカードローン?
    1. ─Fマネーカードとは?
    2. ─Fマネーカードの審査関連情報
  2. Fマネーカードの審査基準は?
    1. ─申し込み資格
    2. ─必要書類
    3. ─申込方法
  3. Fマネーカードの審査時間は?
    1. ─審査時間
    2. ─融資のまでの流れ
  4. Fマネーカードの審査と年収の関連は?
  5. Fマネーカードの審査って会社に連絡があるの?
    1. ─Fマネーカードの在籍確認とは
  6. Fマネーカードのまとめ

Fマネーカードってどんなカードローン?

Fマネーカードを運営するポケットカード株式会社は、TカードプラスやファミマTカードを発行しており、クレジット会社としては高い知名度を持っています。

そんなポケットカードが手掛けるカードローン商品でFマネーカードについて、まずは基本情報を整理しておきましょう。

Fマネーカードとは?

ポケットカード株式会社は、三井住友銀行・伊藤忠商事・ファミリーマートそれぞれの関連会社となっており、銀行の流れを汲んではいますが、提供しているFマネーカード自体は銀行カードローンではありません。

その為、貸金業法に則って運営されていますので、貸金業法内の取り決めである総量規制が対象となります。

総量規制とは「年収の1/3以上の貸し付けを制限する取り決め」ですので、Fマネーカードでも年収によって融資額の制限を受けることをまずは覚えておきましょう。

ただし、だからと言って利用者にとってデメリットの多いカードローンとも言えません。

特にこのFマネーカードでは、数あるカードローンの中でもごく少数しか採用していない無利息サービスが用意されていますので、使い方次第では利息なしでキャッシング出来る点が大きなメリットになります。

また、数多くのクレジットカードを手掛ける信販系カードローンなだけあって、提携ATMの数も非常に豊富。時間や場所を選ばず、臨機応変にキャッシング可能な点は、カードローンという商品の特性上、間違いなく魅力的な部分だと言えるでしょう。

Fマネーカードの審査関連情報

下記はFマネーカードの審査関連情報をまとめた一覧表です。 基本的なスペックを一通りチェックし、他の人気カードローンと比較する際にも用いると良いでしょう。

サービス名Fマネーカード
審査結果
最短融資
ご融資額500万円まで
収入証明書不要
お試し審査
借入利率4.40%~17.80%
担保・保証人不要
在籍確認あり
公式サイトはこちら

Fマネーカードの審査基準は?

まずはじめに言っておきますが、Fマネーカードに限らずカードローンでは、各社審査基準を一般に公開していません。

これは実際に審査を受けた場合も同様で、仮に審査に落ちたとしてもその理由を知ることはできないのです。

それでも、経験者の体験談や口コミ、また公式にリリースされている情報などから審査のポイントや判断材料などを導き出すことは可能です。

これから記載する内容は、ひとつひとつの項目が総合的に審査結果へと影響を及ぼすものですので、申し込み前に一通りチェックしておきましょう。

申し込み資格

全てのカードローンでは基本的に申し込み資格や申し込み条件が存在します。

ちなみにこれらは審査基準と異なり、どのようなカードローンでも公式に明示されており、私達が審査基準を読み解く上での材料にもなると言えるでしょう。

ではFマネーカードの申し込み資格についてですが、こちらも公式サイト記載の内容をそのまま紹介したいと思います。

以下をご覧ください。

■お申し込み資格
20歳以上の方(ただし学生は除く)、安定した収入がある方

内容的にはシンプルに2つの内容にとどまります。

カードローンはそもそも20歳以上の成人のみが利用できるサービスですので、まずは年齢に関する条件。

そしてもうひとつが「安定した収入がある方」となっています。

ただ、この収入面の条件については、あくまで「収入を得ていれば良し」と単純に収入の有無だけを意味している訳ではありません。

大前提として「安定した収入」でなければならない為、基本的な概念としては働いて、毎月固定給を得ているようなイメージが該当するとイメージすれば良いでしょう。

典型的な例で言うとサラリーマンの方などですね。

逆に収入形態が完全歩合制であったり、労働形態が日雇いである為に、収入額や収入の時期などがバラバラなパターンは注意しましょう。

総合的に見て、収入の安定性に欠ける場合は申し込み資格を満たしていないと判断される可能性もありますので、不安な方は事前にFマネーカードの窓口まで確信しておくことをおすすめします。

必要書類

申し込みおよび審査の過程において、カードローンでは申し込み者側がいくつかの書類を用意しなければなりません。

この書類について、基本的には本人確認書類と収入証明書類の2点が必要となりますが、具体的にどのような書類が認められているかはカードローン会社ごとに異なりますので、必ず事前にチェックしておくようにしましょう。

ではFマネーカードの必要書類一覧を下記に記載していきます。

≪本人確認書類≫
犯罪収益移転防止法に基づき、お申込みご本人様の「本人様確認書類(公的証明書)」による本人確認が必要となります。
以下いずれかの書類が必要となりますので、種別ごとに該当書類を用意できるか確認しましょう。

運転免許証または運転経歴証明書をお持ちの方
※ご注意:運転免許証または運転経歴証明書の交付を受けている方は、必ずそのコピーをご提出ください。

■運転免許証のコピー
■運転経歴証明書のコピー(2012年4月1日以降発行のもの)
※住所変更された方は表と裏のコピーをご提出ください。

運転免許証または運転経歴証明書をお持ちでない方

■各種健康保険証のコピー(ご本人様のお名前・現住所・生年月日の面)
■パスポートのコピー(写真・住所のページ)
■特別永住者証明書または在留カードのコピー
■住民票の写し〈原本に限る〉
(発行日から6ヵ月以内のもの)
■住民基本台帳カード(写真付き)のコピー(お名前・現住所・生年月日の面)
※いずれも有効期限内または現在有効なもので、申込書のご記入内容と同じ氏名、生
年月日、住所の3項目が記載されているものに限ります。

「運転免許証」または「運転経歴証明書(2012年4月1日以降交付のもの)」をお持ちの方は、オンライン入会の際に運転免許証番号または運転経歴証明書番号の入力が必要です。入会画面にて運転免許証または運転経歴証明書の保有有無および運転免許証番号または運転経歴証明書番号を入力欄へご入力くださいますようお願いします。
≪収入証明書類≫
下記いずれか一点の書類に関して、コピーの提出が必要となります。

【正社員・公務員・契約社員・派遣社員・パート・アルバイトの方】
■源泉徴収票(最新の発行のもの)
1年間(1~12月)における給与の支払額・所得税の源泉徴収額を証する書類です。
毎年12月頃に勤務先から発行され、勤務先へ申請すれば、再発行も可能です。
・最新の発行のもの
・ご本人様のお名前(フルネーム)
・「支払金額」欄に金額の記載があるもの
・(手書きの場合)発行元の押印があるもの

■給与明細書(直近の連続2ヶ月分)
勤務先が社員に給与を支払った明細(1ヶ月単位)が記載された書類です。
・直近の連続2ヶ月分をご提出ください
・勤務先名称の記載があるもの
・ご本人様のお名前(フルネーム)
・給与額の記載があるもの
・(手書きの場合)社判の押印があるもの
・発行日の記載があるもの

■課税証明書(所得証明書)
証明する年の1月1日時点の住所地の市区町村の窓口で交付手続きが可能です。
(自治体によって異なりますが、手数料が300円ほどかかります。)
※「所得証明書」あるいは、「収入証明書」と呼ぶ自治体もございます。
・ご本人様のお名前(フルネーム)
・所得金額の記載があるもの
・(手書きの場合)発行元の押印があるもの
・最新の発行のもの

■納税通知書(収入額の記載があるもの)
住民税を納めている自治体の課税を担当する課(納税課等)から納税者に送付される
課税内容が記載されている通知書です。毎年6月頃に送付されます。
・ご本人様のお名前(フルネーム)
・収入額の記載があるもの
・(手書きの場合)発行元の押印があるもの
・最新の発行のもの

【自営業・自由業の方】
■確定申告書
1年間(1~12月)の所得と源泉徴収額を申告し、税額を確定させる申告書です。
通常、毎年3月15日までに税務署に提出します。
・ご本人様のお名前(フルネーム)
・収入合計額の記載があるもの
・課税額の記載があるもの
・最新の発行のもの
・(手書きの場合)税務署の受領印のあるもの

■支払調書
取引をした個人事業主に対して、企業が支払った報酬の明細を記入して税務署に 提出する書類です。1月~2月に各企業より個人事業主に送られてきます。
※企業によっては送らないところもございます。各取引先企業へご確認ください。
・ご本人様のお名前(フルネーム)
・「支払金額」欄に金額の記載があるもの
・(手書きの場合)発行元の押印があるもの
・最新の発行のもの

■課税証明書(所得証明書)
■納税通知書(収入額の記載があるもの)
※上記2点の詳細は前述した【正社員の方】等の同項目記載内容を参照してください

【年金受給者の方】
■年金証書
裁定請求手続きを行ってから約2ヶ月ほどで送付され、用紙の上部が「年金証書」、
下部が「裁定通知書」になっている書類です。
・ご本人様のお名前(フルネーム)
・収入金額または支給金額の記載があるもの
・発行元または支給元の押印があるもの
・最新の発行のもの

■年金通知書
1年間の年金支払予定を記載した書類で、毎年6月頃に社会保険事務局から 発行されます。
・ご本人様のお名前(フルネーム)
・収入金額または支給金額の記載があるもの
・発行元または支給元の押印があるもの
・最新の発行のもの

■課税証明書(所得証明書)
■納税通知書(収入額の記載があるもの)
※上記2点の詳細は前述した【正社員の方】等の同項目記載内容を参照してください

※収入源が複数ある場合は、すべての収入が記載された書類が必要となります。

※書類ごとに注意点や記載内容の必須項目が設定されていますので、用意する書類の内容を確認しておきましょう。書類に不備があった場合は再提出が必要となります。

Fマネーカードのお申込み方法は?

申し込みはWEB上で行いますので、パソコンやスマホなどのインターネット環境が必要となります。

ただし、申し込みの受け付け自体は24時間いつでも可能ですので、営業時間などを気にする必要はありません。

具体的な申し込みの流れについては、以下を参照してください。

公式サイトはこちら

Fマネーカードの審査時間は?

審査の難易度だけでなく、申し込みから審査および融資までの時間もカードローン選びでは重要な基準の一つです。

特にカードローンは商品の性質上、急な出費時に利用を考える人も多いため即日審査のカードローンを好んで選ぶ方も多くいらっしゃることでしょう。

そこでこの項目では、Fマネーカードの審査時間や具体的な融資までの流れについて解説していきたいと思います。

Fマネーカードの審査時間

Fマネーカードはクレジットカード発行を主な事業とするポケットカードが提供している信販系カードローンですので、審査スピードはそれほど速くありません。

イメージとしてはクレジットカードを申し込んでから、実際にカードが発行されるまでの流れに近いと考えれば分かりやすいかもしれません。

クレジットカードは基本的に即日発行されませんので、Fマネーカードについても申し込みから融資まで即日で完了することはないと考えてください。

何より、Fマネーカードは申し込みこそWEBで24時間受付となっていますが、申し込み及び審査の過程の中で、郵送を挟む必要があるため、郵送にかかる日数を考慮しても申し込みから融資まで数日は要すことを覚えておいてください。

少しでも融資までの時間を短縮したいのであれば、郵送時に必要となる書類(郵送で本人確認書類・収入証明書類を提出します)の用意を事前に済ませたうえで、時間のロスが生まれないよう心がけることが重要です。

融資までの流れ

申し込みから融資までは以下の流れで進みます。

①WEBから必要事項を入力して申し込み
②入力内容を元に審査(審査中に本人確認書類および収入証明書類を提出。Fマネーカードから封書が届くので、返信用封筒にて返信する。)
③審査に通過していた場合は書留郵便にてカードが発送する

なお、Fマネーカードではカードを利用したキャッシング(ATMなど)だけでなく、WEBや電話から希望口座への振込キャッシングを受けられます。

おすすめなのはやはりネットキャッシングでしょ。

24時間いつでも「会員専用ネットサービス」からキャッシングサービスをお申込みいただけるだけでなく、申し込みの完了時間次第では即日キャッシングを受けられます

申し込み完了時間と振込のタイミングについては、以下一覧表をご覧ください。

※審査ポイント

主な判断材料となるのは「属性」と「信用情報」です。

まず属性とは、申し込み時に自己申告する住所や勤務先情報、勤続年数、家族構成などの個人情報の総称であり、ひとつひとつの項目が審査では採点されます。
採点基準については難しく考えず、信用性の高さや返済能力の高さなどを見られていると考えてください。

例えば勤続年数が短すぎると、「今後同じ職場で働き続けて現在の収入を得る可能性が読めない」と判断されやすくなったり、扶養家族が多いと出費が多くなるため、「自由に使えるお金が少ない」などと判断される可能性が高くなります。

このようにひとつひとつの経歴やプロフィールがお金の貸し借りを行う上での審査材料となりますので覚えておきましょう。

そしてもうひとつ。属性以上に重要とも言えるのが信用情報です。
信用情報とは個人のお金に関する履歴書のようなもので、クレジット・ローン関係の申し込み、契約内容、および支払いの履歴などが過去までさかのぼって登録されている情報です。

その中において、以下のような事故情報の履歴が残っていると、審査に通るのは非常に難しくなりますので、事前にセルフチェックしておくと良いでしょう。

支払いの長期延滞
度重なる支払いの遅延
自己破産・債務整理履歴
代位弁済の履歴(保証会社が支払いを肩代わり)
利用者に原因のある強制解約
短期間に複数のクレジット・ローンへ申し込みを行っている

信用情報は総合的に判断される属性と違い、たったひとつでも重大な事故情報があると一発で審査アウトとなるケースも少なくありません。

事故情報などの履歴について心当たりのある方は、信用情報機関(日本に3つある)で自分の信用情報の情報開示を行い内容を確認しておくことをおすすめします。

仮に事故情報が見つかった場合でも、それぞれの登録情報は一定期間経過すると信用情報内から消える仕様となっていますので、履歴が消えた後に改めてカードローンへ申し込みすると良いでしょう。

公式サイトはこちら

Fマネーカードの審査と年収の関連は?

審査と年収については、他の判断材料もかかわってくるため、一概に審査結果を直接的に左右するとは言えません。

とはいえお金の貸し借りの契約を意味するカードローンの場合は、収入は重要な審査ポイントですので、収入があまりにも低かったり、不安定すぎる場合は融資を受けられない場合もあります。

そしてもう一点。収入額が利用限度額を左右することは確かです。

理由はいたって単純で、Fマネーカードには法律である貸金業法内の総量規制とうい取り決めが適用されるため、年収の1/3を超える借り入れができないからです。

ちなみに総量規制は他社からの借り入れも含めて適用されるため、例えばFマネーカードへ申し込みを行う時点で他社への借り入れがあった場合は、その借り入れ額も踏まえたうえで審査及び限度額の吟味が行われます。

例えば以下のパターンで考えてみてください。

Aさん:年収300万円、すでに他社から80万円借り入れ中

上記のAさんの場合、総量規制によって借り入れできるのは年収の1/3である100万円までですが、すでに他社から80万円を借り入れているため、Fマネーカードでは最高でも20万円までしか限度額が設定されていません。

このように総量規制が適用されるカードローンでは、年収が限度額を左右するだけでなく、他社からの借入額次第では総量規制に抵触するため、審査自体に落ちてしまう可能性があることを覚えておいてください。 公式サイトはこちら

Fマネーカードの審査って会社に連絡があるの?

在籍確認は電話?

カードローン審査では今や当たり前となっている在籍確認。

申し込み者が自己申告した勤務先に実際に在籍しているかどうかをカードローン会社が確認する作業のことですが、最近ではどのようなカードローンでも在籍確認が審査の過程のひとつとして組み込まれています。

ただ、在籍確認のスタンダードな方法は「勤務先への電話」となっていますので、職場の同僚など第三者へキャッシング利用がバレてしまうのでは?と不安を覚える方も少なくないでしょう。

そのような不安を覚える方に対し、いくつかのカードローンでは書類提出による在籍確認を行っているところも存在しますが、Fマネーカードではどんな形で在籍確認が行われるのでしょうか?

Fマネーカードの在籍確認とは

まず第一に、Fマネーカードの在籍確認は「電話」で行われます

在籍確認の具体的なポイントとしては以下の通りです。

・Fマネーカード名は名乗らず個人名で電話をかけてくる
・確認するのは在籍の有無だけ(キャッシング申し込みの電話であることなどは告げない)

上記2点を見てもわかる通り、カードローン会社としてではなく、あくまで個人的な電話としての形式を通りますので、自分以外の人間が電話に出てもバレてしまう危険性は低いと言えます。

それでも不安な場合は事前にFマネーカードへ在籍確認の流れについて確認するなど、直接相談しておくと良いでしょう。 第三者へバレてしまわないよう、可能な範囲内で最大限の配慮を行ってくれるはずです。

※在籍確認時のポイント

Fマネーカードを提供するポケットカードは、Tカード系のクレジットカードを発行する有名な信販会社です。
そこで在籍確認が行われる前のタイミングで、あえて電話に出る可能性が高い同僚に自分から「クレジットカードに申し込んだから電話があるかもしれない」と告げておくのも一つの手でしょう。

実際に多数のクレジットカードを発行している会社から電話がかかってきますので、キャッシング申し込みの在籍確認であると特定されるリスクは大幅に軽減できるはずです。
公式サイトはこちら

Fマネーカードの審査まとめ

Fマネーカードの申し込みや審査ポイントなどについて、ここまで詳しく解説してきましたがいかがだったでしょうか?

信販会社として実績十分のポケットカードが提供するカードローンですから安心感も高いし、いくつかの独自のメリットも評価できると思います。

ではもう一度Fマネーカードの特徴を最後におさらいしておきましょう。

■利用可能額次第で低金利に
■契約極度額は最高500万円まで
■30日間無利息サービスあり
■WEB上からの手続きで即日振込対応も可能

やはり目を引くのは無利息サービスでしょうか。

あくまで30日間と期間が決まっているとはいえ、短期間で計画的な利用が見込めるのであれば、利息の支払いゼロでキャッシング利用できる点は大きなメリットに違いありません。

今回ご紹介したFマネーカードの特徴を踏まえたうえで、自分に見合ったカードローン選びの参考にしてください。

公式サイトはこちら

関連記事