カードローン審査を徹底解説!

審査に通るカードローンキャッシングカードローンキャッシングを徹底比較!!即日融資、多重債務のおまとめ、高金利でつらい…など、あなたのお悩みを即座に解決!

家賃払えない時に助けてくれる?消費者金融でキャッシング

生活費の中でも大きなウェイトを占める家賃。

ですが払うつもりはあっても支払期日までにお金が足りない…なんて事態に陥る人も中にはいるかと思います。

結果、良くないとは思いつつも滞納してしまう。

当然家賃の滞納が続けば、「強制退去」などの弊害も出てくるでしょう。

滞納している家賃そのものの支払いにも追われることになります。

ただでさえひと月分の家賃が払えないのに、それが数カ月分にもなると…

ひとりではもうどうしようもなくなってしまうケースの方が多いかもしれません。

ですがそんな時、カードローンを利用できれば窮地を乗り切れる可能性が膨らむでしょう。

そこで今回は「家賃滞納とカードローン」に焦点を当てて、役立つ情報を分かりやすく解説していきたいと思います。

目次
  1. 家賃が払えない時におすすめのカードローン
    1. ─プロミス
    2. ─アコム
    3. ─アイフル
    4. ─消費者金融をおすすめする理由
  2. 家賃が払えないようになる原因
    1. ─仕事絡み
    2. ─思わぬ出費
    3. ─家賃そのものを忘れる
  3. 家賃滞納はカードローン審査に影響するのか
    1. ─審査の主な基準
    2. ─信用情報と保証会社
    3. ─家賃滞納とカードローンまとめ

家賃が払えない時におすすめのカードローンは?

ではまず単刀直入に。

家賃が払えない時にどんなカードローンがおすすめなのか?

この部分が一番気になるかと思いますので、いくつかのカードローンを先に紹介しておきたいと思います。

それぞれ特徴や概要が異なりますので、順にチェックしてみてください。

  • プロミス

    プロミス
    実質年率最高限度額審査時間最短融資
    年4.5%~年17.8%500万円最短30分最短1時間
    アルバイト収入証明書不要事前診断無利息期間
    可能―※⑤簡単3秒診断30日間無利息※②

    CMでも頻繁に見かけるプロミス。

    特に20~30代の人気が高いカードローンで、三井住友フィナンシャルグループに所属していますので安心感・信頼性もバツグンです。

    審査から融資まで最短で1時間とスピード性にも優れているので、家賃滞納分を早く収めたい…などという人には大きなメリットと言えるでしょう。

    申し込み資格についても、非常にシンプル。

    ■本人に安定した収入があること

    ■満20~69歳であること

    上記2点を満たしていれば申し込みが可能ですので、たとえアルバイトやパートなどでも融資を受けられる可能性は大いにあります。

    その他にも、初めての利用であれば無利息期間※②が設けられていたりと、返済面におけるメリットも充実。

    総合的に判断して、カードローン初心者には一番おすすめの消費者金融になります。

    公式サイトはこちら
    • プロミス ※②30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    • プロミス ※⑤新規申込のお客様でプロミスのご利用限度額が50万円を超えるお客様は収入証明書類の提出が必要です。
    • アコム

      アコム
      実質年率最高限度額審査時間最短融資
      年3.0%~年18.0%※①800万円最短30分最短1時間※①
      アルバイト収入証明書不要事前診断無利息期間
      可能簡単3秒診断最大30日間無利息

      消費者金融の中でも「審査通過率」が高いアコムは審査に不安のある人にもおすすめできるカードローンです。

      こちらもプロミスと同じく、メガバンク系の三菱UFJフィナンシャルグループが展開するカードローンですから信頼と人気の両方で幅広い世代から支持を集めています。

      もちろん審査、また融資までにかかるまでの時間も問題なし。

      初めての利用に限り、無利息期間も用意されていますので計画的に利用すれば、利息の支払いなしでキャッシングすることも可能です。

      ちなみに申し込み条件はプロミスと同じく、

      ■本人に安定した収入があること

      ■満20~69歳であること

      上記2点を満たしていること。

      働いていない専業主婦は申し込めませんが、家賃滞納者の多くはいずれかの職についているパターンがほとんどだと思いますので特に問題になるとは思いません。

      サポート体制を評価する声も多いアコムは、安心してキャッシングを利用したい方には魅力的なカードローンだと言えるでしょう。

      公式サイトはこちら
      • アコム ※①20歳以上で安定した収入がある方であればご利用可能。
    • アイフル

      実質年率最高限度額審査時間最短融資
      3.0%~18.0%800万円最短30分最短1時間融資※①
      アルバイト収入証明書不要事前診断無利息期間
      可能簡単1秒診断初回限定30日間※②

      アイフルはその名前自体、誰でも一度は聞いたことのあるカードローンではないでしょうか。

      しかし、知名度とは裏腹に大手消費者金融に良く見られる「メガバンク系」の会社ではありません。

      創業からひたすら独立系の消費者金融として、独自のサービス展開で実績と人気を積み重ねてきました。

      全国に広く展開していますので、借入・返済の利便性が高く、申し込みから融資までの手軽さも人気のひとつと言えるかもしれません。

      更には、融資を急いでいる人専用のフリーダイヤルも用意されていて、電話することで審査にかかる時間の短縮も可能。

      無論、申し込み資格も広く設定されています。

      ■満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する「給与所得者、自営業者、パート・アルバイト、派遣・出向・嘱託社員、主婦(専業主婦除く)、学生」の方で、当社基準を満たす方

      ※専業主婦、年金受給のみ、無職の場合は、お仕事(パート、アルバイト可)が決まれば申し込み可能

      上記の通り、公式サイトでは難しい説明となっていますが、要は「働いていて定期的な収入を得ている20歳以上の大人」であればほとんどが申し込み可能だと考えて良いでしょう。

      スピードと利便性を兼ね備えたアイフルは世代問わず、幅広い用途に対応出来るカードローンだと言えます。

      公式サイトはこちら
      • アイフル ※①アイフルの利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額100万円以下の場合。
消費者金融をおすすめする理由

まず最初に3つのカードローンをおすすめしましたが、これらはすべて消費者金融です。

銀行が提供する銀行カードローンではなく、何故消費者金融をおすすめするのか?

端的に言うと、「融資までの時間・手間」と「審査」の違いです。

まず、銀行カードローンと比較して消費者金融はスピード感へのこだわりを強く推し出しています。

上記3社を見ても分かる通り、大手消費者金融なら融資まで最短1時間も可能。まさに「すぐにでもお金を用意したい人」の目線に立ったカードローンの提供を徹底している訳です。

そしてもうひとつ、銀行カードローンと大きく異なるのが審査の面。

銀行カードローンの場合だと、万一契約者が返済を延滞した場合に立て替える「保証会社」の審査が必要ですが、消費者金融では基本的に保証会社審査は必要ありません

審査のハードルや手間、時間などを考慮しても、特に今回テーマとしている家賃滞納者には消費者金融が断然おすすめになるのです。

家賃が払えないようになる原因は?

さて、ひとまず先におすすめのカードローンを紹介しましたが、家賃が払えないケースというのはいったいどのような場合なのでしょうか?

主だった特徴をもとに、その原因や理由を解説していきたいと思います。

まだ家賃滞納に至っていない人、滞納して間もない人などは参考にしてみると良いでしょう。

仕事をやめてしまった、休職など

家賃が払えなくなるのは、当然手元のお金がなくなることが大きな要因です。

つまり、普通に働いていて生計を立てている限りは、よほど大きな出費がない限り家賃を払えないほどの経済状況に陥ることはありません。

ただ、働かなくなると収入が途絶えるのは誰だって分かりますよね。

それでも収入がなくなるケースというのはいったいどういった時か?

主だった例をあげると、

・仕事で精神的に参ってしまって休職、復帰できず貯えが底を突く

・病気などによる入院・療養で働けなくなる、医療費の出費もかさんで経済的に苦しくなる

・会社をクビになる、新しい仕事が見つからず経済的に困窮

・働ける量が減って収入が激減(主にアルバイトなどでシフトが減ってしまう場合など)

こういったケースが仕事による収入を見込めなくなり、家賃が払えなくなるほど経済的に苦しくなる要因としては多いようです。

自らの意志ではなく、ある意味不可抗力的な要素が多いことが良く分かります。

また、休職・退職した場合は、逆に「蓄えがある人ほど余裕を感じてしまう」傾向が強くなる可能性も考慮しなければなりません。

働かず蓄えだけでのんびり過ごしていたらいつの間にかお金が…。

気付いた時に職探しをしても、給料をもらえるのはかなり先の話になることが予想されますので、家賃を数か月滞納してしまうことも少なくないようです。

思わぬ出費

このケースは、上で言う「突然の入院」と同類のパターンになります。

・事故に巻き込まれて慰謝料を払うことになってしまった

・市民税を滞納し続けて差し押さえを食らってしまった

特に後者の「税金の滞納などによる差し押さえ」は口座にあるお金を根こそぎ持っていかれるケースも存在します。

正確には「思わぬ出費」ではないかもしれませんが、税金の滞納は油断しているとコツコツ貯めた蓄えまで瞬時に失ってしまう可能性があることを覚えておきましょう。

税金類を滞納している場合はたとえ一括の返済が難しくても、早急に自治体の窓口などへと申し出るのが賢明です。

正直に申し出れば分割での支払いに対応してくれる場合も多いため、「差し押さえ」という最悪のケースは回避することができます。

家賃そのものを忘れてしまう

どういうことだ?と意味が分からないかもしれませんね。

しかし、意外にも「お金があるのに家賃を滞納する」ケースも存在するのです。

ここは分かりやすく例を出して説明しましょう。

一人暮らしのBさんに彼女が出来ました。

いつの間にかBさんは彼女の家で過ごすことが多くなり、最終的にはほぼ半同棲状態になりました。

実質住んでいる家は彼女の家になる為、自宅に帰らないどころか自宅の存在すら意識することがなくなります。

当然家賃の存在も忘れてしまう…。

大家さんが家賃の支払いを催促するために部屋を訪れても、当然そこにBさんはいません。

そして突然ある日、Bさんは訴えられてしまいました。

正確には、訴えられたことを示す書類が届いた時点では気付いておらず、裁判が終わりその結果を記した書類が届いた時にようやく気がついたのです。

結果、Bさんは滞納した家賃だけでなく、莫大な慰謝料まで請求されることになりました(裁判に出席しなかったため原告の要望がすべて認められてしまったため)。

経験のない人には信じられないかもしれませんが、実際に上記のようなケースが存在するようです。

家賃だけでなく、滞納分の倍以上の慰謝料を突然支払う羽目になった。まさに最悪のケースと言えるでしょう。

家賃滞納はカードローン審査に影響するのか?鍵は保証会社の存在

家賃滞納に至るパターンを見ても分かる通り、「支払いが単に遅れるだけ」というケースのみならず、数カ月分の滞納に至る人は少なくありません。

そうなると当然「お金を借りる必要性」も出てくるでしょう。

今回はその選択肢としてカードローンをおすすめしている訳ですが、そもそも家賃滞納はキャッシングの審査に影響するのでしょうか?

カードローン審査の主な基準について

カードローン審査においては、どの金融業者も明確な審査基準を公表していません。

しかし、当然審査において重要視されるポイントはいくつも存在します。

ある意味消費者金融審査に落ちない為に事前のチェックを行うことも不可能ではないのです。

●収入状況(勤務状況含む)

●他社からの借入状況

●信用情報

特に上記三つはどんなカードローン審査でも重要な判断材料となりますので覚えておきましょう。

まず、収入状況についてですが、原則「働いて返済に充てられるだけの収入を得ていない」人は審査を通過することは難しくなります。

ですからたとえ家賃を滞納していても、「無職」の人はカードローン審査に通りません。 キャッシングを利用したいならまずは職に就いてから申し込む必要があるのです。

次に「他社からの借入状況」。

例えばあなたが既に、「3社から計100万円」を借りているとしましょう。 するとカードローン審査の際には、

「自分のお金をちゃんと管理できない人」

「他社カードローンでも、少ない限度額しか設定してもらえない人」

とみなされ、「問題のある人」と判断される可能性が高くなります。

複数社から借りるということは、何度も借入を行っている可能性が高いですし、何らかのトラブルを抱えて多額のお金を必要としている、とも考えられます。

ですからあくまで目安として、「他社からの借入が3件以上」の場合は審査通過が難しくなることを頭に入れておくと良いでしょう。

信用情報と保証会社

では最後のカードローン審査における重要ポイント、「信用情報」についてですが、今回はここが肝になります。

そう。家賃滞納と直接関係してくる可能性があるのがこの「信用情報」なのです。

まず、信用情報とは「個人個人のお金に関する履歴書」のようなものだと考えてください。

カードローン、クレジット、その他のローンなど、主にローン契約や割賦契約に関する情報が登録されていて、これを信用情報と呼びます。

例えばクレジットカードをあなたが持っているとするなら、

・申し込みの記録

・契約の記録

・利用の記録

・支払いの記録

・残高

などなど、ありとあらゆる情報が信用情報にはリアルタイムで登録されていきます。

この信用情報をもとに、カードローン審査では「お金を貸しても問題のない人物か判断する」と考えてください。

信用情報の中に、「長期滞納」や「度重なる支払い遅延」が登録されていると、問題ありとみなされ審査通過が難しくなってしまいます。

気付きましたか?

家賃滞納はこの信用情報に登録されるのか?

要するに「カードローン審査と家賃滞納の関係性」を紐解く鍵はここにあるのです。

結論から言いますと、家賃滞納が信用情報に登録される場合とされない場合があります。

では信用情報に登録されるのは具体的にどういった場合か?

賃貸借契約を結ぶ際、家賃保証会社の家賃保証プランを利用した場合」です。

家賃保証会社とは、連帯保証人が存在しない場合に「契約者の保証人代わり」を務めてくれる会社のこと。

契約者が家賃滞納などを行うと、この家賃保証会社が滞納分を支払うことになる訳ですが、もしそれを現実に起こしてしまうと、信用情報に「延滞」の情報が登録されてしまいます。

理由は単純。

家賃保証会社は、信用情報の管理を行う「信用情報機関」に加盟しているからです。

この信用情報機関に加盟している会社は、利用者の情報を信用情報機関に提供し、また審査の際には逆に信用情報の閲覧を行います。

ですから家賃保証会社を利用せず、連帯保証人を立てて賃貸借契約を結んでいる人の場合は家賃を滞納しても信用情報に登録されることはありません。

家賃滞納後にカードローン審査を受ける際、自分の保証を家賃保証会社に頼んでいる人は、審査通過のハードルが一気に上がってしまいますので事前にチェックしておくようにしましょう。

家賃滞納とカードローンまとめ

家賃滞納は、解消のためにまとまったお金を必要とする厄介なケースです。

ですからとにかく、家賃を滞納してしまった場合はいち早く解消することが先決。

カードローンをうまく使えば、状況解消に大いに役立つでしょうから選択肢の一つとして用意しておいても損はないでしょう。

特徴や基礎的な概要を踏まえて、自分に合ったカードローン選びを心がけるようにしてください。

関連記事