カードローン審査を徹底解説!

審査に通るカードローンキャッシングカードローンキャッシングを徹底比較!!即日融資、多重債務のおまとめ、高金利でつらい…など、あなたのお悩みを即座に解決!

税金滞納で給料を止められるんですがどうしたらいいですか?

私たちは生活の中で様々な税金を払う義務があります。

個人事業主の場合所得税や個人事業税がかかりますし不動産をお持ちの方は固定資産税などを払う必要があります。

また住民税なども支払う義務があります。

これはサラリーマンなどしっかりとした会社に勤めている方でしたら給料から引かれていて滞納になるといった事はありません。

ですがそうでない方たちは住民税を自分で払う必要がありしっかりと支払いをしないと最悪の場合給与が差し押さえられてしまうといった事があるようです。

毎月給与から強制的に引かれてしまいますので他にカードローンなどの返済があるなどといった方はとてもとても厳しい状況になってしまうと思います。

住民税でそんな強引な取り立てをすることはないのではないかと思っている方もいると思いますが現在では地方自治体も財政的に厳しい所が多いので十分にあり得る話だという事です。

急ぎでお金を借りるならここ!おすすめの消費者金融カードローン

税金を滞納していて給与を差し押さえられているといった方はカードローンでの借入も検討してみてはいかがでしょうか。

急な物入りにも対応してくれる消費者金融カードローンを紹介していきたいと思います。

  • SMBCモビット

    SMBCモビット
    実質年率最高限度額
    3.0%~18.0%800万円
    アルバイト保証人
    可能※③不要

    SMBCモビットは様々な所で目にする機会がありカードローンを利用した事のない方でも名前は知っているのではないでしょうか。

    SMBCモビットの特徴はなんといってもWEB完結申込なら電話連絡なしといった点です。

    「職場へ在籍確認の電話が来るのはちょっと厳しい」といった方もたくさんいると思います。

    スピーディーな融資も可能ですしサービス面でも顧客満足度調査で1位を獲得するなどトータル的に評価が高く人気のあるカードローンだという事が出来ます。

    誰にもカードローンを利用する事がばれたくないといった方などはぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

    公式サイトはこちら
  • プロミス

    プロミス
    実質年率最高限度額
    年4.5%~年17.8%500万円
    アルバイト保証人
    可能※①不要

    プロミスは知名度も人気も高い消費者金融カードローンです。

    申込から融資までがスピーディーな点と利便性の良さという点が若い方を中心に人気の高いカードローンとなっております。

    30日間無利息期間※②のサービスもあるので少額で短期間のご利用なら無利息で融資を受ける事が出来ます。

    急にお金が必要になった時など手軽に利用する事が出来ますので様々なシーンで助けてくれるカードローンという事です。

    プロミスには女性専用の商品もございますので女性の方でも安心して申し込みをする事が出来ます。

    申し込み間口も幅が広く、毎月安定した収入さえあればアルバイト・パートでも申し込みをする事が出来ます。

    初めてカードローンを利用する方から追加で利用する方まで様々な方におすすめなカードローンでございます。

    公式サイトはこちら
    プロミス ※②限度額50万円以内なら身分証明書のみで借入可能です。
  • アコム

    アコム
    実質年率最高限度額
    年3.0%~年18.0%800万円
    アルバイト保証人
    可能※①不要

    アコムはメガバンクである東京三菱UFJ銀行の傘下である大手消費者金融カードローンでございます。

    そういった事から信頼感や安心感もありカードローンの利用が初めての方でも安心してご利用する事が出来ます。

    スピーディーな融資となど利便性もとても良く現在とても利用者の多いカードローンとなっております。

    アコムはマスターカードのライセンスを消費者金融カードローンでは唯一与えられており消費者金融カードローンでは唯一クレジットカード機能が付いているカードローンです。

    ですのでカードローンだけでなくアコムのカードでショッピングをする事も出来ます。

    そういったメリットもあり無利息期間のサービスもありますので様々な人たちから支持をされているカードローンです。

    急ぎで融資が必要になった方、まとまったお金が必要になった方などぜひアコムのカードローンを検討してみてはいかがでしょうか。

    公式サイトはこちら
  • アイフル

    アイフル バナー
    実質年率最高限度額
    3.0%~18.0%800万円
    アルバイト保証人
    可能不要

    アイフルはかわいいチワワのCMやバナナマンのCMでとても知名度の高いカードローンでございます。

    他のカードローンはメガバンク等の傘下に入っていたりしますがアイフルは独自で成長をしてきたカードローンです。

    アイフルは独自のスコアリングシステムを確立し全国規模の消費者金融カードローンとなっていきました。

    即日融資も可能で利便性もとても高いのでそこが評価されて人気のカードローンとなっているようです。

    プライバシーなどへの配慮も徹底しており自宅への郵送物をなしにしたり在籍確認での配慮なども柔軟に行っておりサービス面でも非常に評価の高いカードローンだという事が出来ます。

    カードローンの利用が初めてだといった方も安心して申し込みが出来ると思いますので検討してみてはいかがでしょうか。

    公式サイトはこちら

税金滞納による給与差し押さえはどうなったらなるの?

それでは実際にどのような状況になったら給与が差し押さえられてしまうのかといった事を説明していきたいと思います。

まずサラリーマンの方などは自分で払っている事はないと思いますので徴収されている感覚は薄いとは思いますが毎月の給与からしっかりと引かれています。

ですので滞納となる心配はありませんが、個人事業主に雇われている方やアルバイト・パートの方たちは自分でしっかりと納税をしなくてはならない義務があります。

最近では経済状況の悪化などの影響もありますがこの義務を果たせていないと督促状が自宅に送られてきます。

催告書を送ってもなかなか支払われないといった場合、貯金の差し押さえや給与の差し押さえが実行されるようです。

どれくらいの期間滞納をしていると差し押さえを受けるのかというのは具体的な期間は書かれていませんが大体2年以上滞納が続くと差し押さえになってしまうようです。

給与差し押さえまでの流れ

基本的には書類による督促が行われるようですが送られてくる書類も段階を踏むにつれ種類が変わってくるようです。

それは「督促状→催告書→差押予告書」といった順番で送られてくるようです。

それぞれの書類がどういった内容の物なのかを説明していきたいと思います。

●督促状

督促状は住民税の滞納があった場合一番最初に送られてくる書類です。

督促状には「住民税の納付のお願い」「滞納している金額」「納付期限」などが書いてあるようです。

督促状には納付書やバーコード付きの督促ハガキがついていますのでそちらを使えばコンビニや銀行で手軽に簡単に 支払いを済ませる事が出来ます。

●催告書

督促状を送っても支払われないといった場合次に催告書が届きます。

書いている内容は督促状とほとんど変わらないようです。

しかし期限までに支払いが確認できなかった場合差し押さえの手続きに入るといったような事も書かれているようです。

大体督促状から1ヶ月後位に催告書は届くようです。

●差押予告書

督促状や催告書でも支払いの確認が取れなかった場合一番最後に届く書類が差押予告書です。

これは最終通告のようなものになりますのでこの書類が届いたらいよいよ最終勧告のような物ですのですぐにでも支払いをしないと危険な状況です。

差押予告書が届いてからどれくらいで差し押さえが実行されるのかといったことは各自治体によって変わってくるようですがすぐに実行されるといった自治体もあるようです。

このような感じで税金の滞納による給与の差し押さえは行われるようです。

自宅に電話がかかってくる事はあるの?

自治体によっては自宅への電話で住民税滞納の催促を行っている所もあるようです。

ですが大抵の自治体では書類による勧告を行っているそうです。

自宅を訪問されることはあるの?

こちらもまれにではありますが自宅に実際に訪問するといった自治体もあるようです。

長期間滞納していて全く連絡も取れないといった場合にこのような対処方法になってしまう事があるようです。

税金滞納による給与差し押さえを解除する方法は?

給与が差し押さえられたときに減額や解除をする方法はあるのかと言った事を調べていきたいと思います。

ここではすでに給与の差し押さえを受けていてそれを解除する事の出来る方法を紹介していきたいと思います。

●転職をする

転職して新しい勤務先を債権者に伝えなければ給与を差し押さえる事は出来ません。

債権者は勤務先を知っていないと給与を差し押さえる事は出来ませんので転職して勤務先を隠すことで給与の差し押さえを回避することが出来ます。

●退職する

退職をすると債権者は給与を差し押さえる事が出来なくなります。

退職して失業保険に申し込みをすれば給与が差し押さえられることなく援助を受けることが出来ます。

失業保険は差し押さえ禁止財産となっておりますので差し押さえられてしまう心配はありません。

失業保険は最長1~2年ほど延長することも出来ますので結構長い間補助を受けることが出来ます。

●休職願いを出して傷病手当金を受給する

退職をする前に休職をして給与の差し押さえを免れる方法があります。

給与の差し押さえが行われると会社にその事はばれてしまいます。

そうすると職場にいづらくなり周りからの風当たりも強くなる可能性が高いです。

こういった事があると精神的なダメージを受け、不眠症になってしまったり、うつ病になってしまうといった事もありえます。

もしそのような精神病などにかかってしまったといった場合休職願いを出して健康保険の傷病手当をもらいましょう。

傷病手当金とは病気や怪我で収入が途切れた場合もともとの収入の約66%を最長18ヶ月間保障されるといった制度です。

こちらも差し押さえられることはない財産になります。

●滞納した税金が0円になる方法

滞納した税金を0円にする「滞納処分の停止」といった手続きがあります。

こちらの利用するには条件があります。

1.滞納処分を執行できる財産がない時

2.生活を著しく圧迫する恐れがある時

3.滞納者の住所と財産がともに不明である時

この3つの条件のいずれかに該当していれば滞納処分の停止の手続きをすることが出来ます。

●差押禁止範囲の変更申し立てをする

給与が差し押さえられて生活が厳しくなってしまった場合裁判所に対して差押禁止範囲の変更を申し立てることが出来ます。

そうする事で差押禁止範囲を広げて手元に残るお金を増やすことが可能になります。

また差押自体もなくすことが出来る場合もあります。

●生活保護費の受給

給与の差し押さえによって最低生活水準以下まで苦しい生活になってしまった場合収入の一部を生活保護でまかなうことが出来る可能性があります。

一部でも生活保護を受ける事により収入のすべてにつき給与の差し押さえを解除することが出来るようになります。

生活が厳しすぎるといった場合生活保護に申し込むことも検討してみてはいかがでしょうか。

税金を滞納しているとカードローン審査には通らない?

現代では経済状況が不況であるといったこともあり住民税を払っていないといった方も多いのではないでしょうか。

住民税などの税金を滞納している場合、カードローン審査に影響はあるのかといった事を解説していきたいと思います。

カードローンは審査の際申込者の信用情報をチェックします。

信用情報は信用情報機関の情報を基に審査が行われます。

信用情報機関は上記の3つの機関がありこれらの機関の情報を基に審査が行われています。

住民税など税金の滞納の記録がこれらの機関に共有されるのだとしたらカードローンの審査に通るのは非常に難しいことだと言うことが出来ます。

結果から言うと住民税など税金の滞納と言った記録はこれらの信用情報機関には残りません。

ですので銀行カードローンや消費者金融カードローンに申し込みをした時に住民税の滞納などが原因でカードローン審査に落ちてしまうといった事はないようです。

カードローンではなく住宅ローンや事業用のローンの場合、納税証明書の提出をしなくてはいけませんが納税証明書を見れば住民税の滞納はわかってしまいます。

ですので住宅ローンや事業用のローンの場合は住民税を滞納していたら審査に通るのは非常に難しいということが言えます。

給与の差し押さえなどでとにかくお金が必要だといった場合にはカードローンへの申し込みを検討してみても良いかもしれません。

関連記事