カードローン審査を徹底解説!

審査に通るカードローンキャッシングカードローンキャッシングを徹底比較!!即日融資、多重債務のおまとめ、高金利でつらい…など、あなたのお悩みを即座に解決!

審査が通らない人でも借りれるカードローンは?おすすめ対策やQ&A

審査が通らない人でも借りれるカードローンは?

カードローンで多くの人にとって「壁」とも言える審査。

・申し込んではみたものの審査に通らない…

・審査に通らなかったらカードローンはあきらめるしかない?

・借りやすい・審査が甘いカードローンはないの?

などなど、カードローン審査に関して様々な疑問を抱いている人も多いことでしょう。

今回は「審査が通らない人でも借りれるカードローンあるのか?」を主なテーマとして、カードローン審査の豆知識や審査の難易度、おすすめのカードローン情報などを一挙大公開します。

審査に通るか不安」「一度審査に落ちてしまった」といった点に該当する方は特に必見の内容ですので、お見逃しなく!

審査が通らないとあきらめる前に!おすすめのカードローンを紹介

審査が通らないとあきらめる前に!おすすめのカードローンを紹介

実際にカードローンへ申し込み審査に落ちてしまった、もしくは審査に通る自信がないなどの場合、自己判断でキャッシング利用を諦めてしまう人もいることでしょう。

しかしながら、カードローンはそれぞれに異なった特徴が備わっているため「審査通過率」や「審査システム」を理解すれば、自分に合ったカードローンを見つけることも十分に可能です。

そこで今回は口コミや過去の調査を参考に、「審査」や「審査通過率」を基準としておすすめできるカードローンを厳選しました。

それぞれの特徴やメリットも併せて紹介しますので、自分に合いそうなものを探してみましょう!

  • 審査通過率の高さで選ぶなら!「アイフル」

    アイフル バナー
    実質年率 最高限度額 審査時間 最短融資
    3.0%~18.0% 800万円 最短30分 最短1時間融資
    アルバイト 収入証明書不要 事前診断 無利息期間
    可能 50万円まで※① 簡単1秒診断 初回限定30日間

    アイフルは、メガバンク傘下に入らず独自路線を貫いてきた大手消費者金融の中では珍しい形態を持つカードローンです。

    その影響もあってか、審査においても独自のスコアリングシステムを採用しながら、大手カードローンの中でもトップクラスの審査通過率を誇ります。

    その他、無利息サービスやお急ぎの方専用の手続きが用意されているなど、総合力に優れたカードローンです。

    アイフルのおすすめポイント

    ・独自のスコアリングシステムで審査通過率が高い

    ・お急ぎの方専用ダイヤルを使って審査時間を短縮できる

    ・はじめての方なら最大30日間利息0円

    公式サイトはこちら
    • アイフル ※①アイフルの利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額100万円以下の場合。
  • 高い成約率と分かりやすい・使いやすいシステム!「アコム」

    アコム
    実質年率 最高限度額 審査時間 最短融資
    年3.0%~年18.0% 800万円 最短30分 最短1時間
    アルバイト 収入証明書不要 事前診断 無利息期間
    可能※① 簡単3秒診断 最大30日間無利息

    TVコマーシャルなどでもおなじみのアコムは、 「はじめての人でも申し込みやすい・使いやすい」様々な工夫が施されているカードローンです。

    申し込みや審査の手続きももちろんシンプルだから、カードローンになじみの薄い人でも安心。

    更にアコムは、カードローン各社が公表している「成約率」において、高い率を残しており、審査通過率が高い点も審査に不安のある方には重要なポイントになるでしょう。

    アコムのおすすめポイント

    ・最短30分のスピード審査

    ・クレジット機能付きのカードローンも提供

    ・高い成約率(審査通過率)

    公式サイトはこちら
    • アコム ※①20歳以上で安定した収入がある方であればご利用可能。
  • 在籍確認が不安な人に!「SMBCモビット」

    SMBCモビット
    実質年率 最高限度額 審査時間 最短融資
    3.0%~18.0% 800万円 審査時間:10秒簡易審査※① 最短即日も可能※②
    アルバイト 収入証明書不要 事前診断 無利息期間
    可能※③ 簡単お借入診断

    SMBCモビットは、「オリコン 日本顧客満足度ランキング ノンバンクカードローン第1位」を獲得しており、「審査」の面でも満足度1位の評価を受けているカードローンです。

    手続きのしやすさ、スピードはもちろん、特に「WEB完結申込なら電話連絡なし」と明確に公表している点が他とは大きく異なるポイントでしょうか。

    勤務先への電話連絡を避けたい人は少なくないはずですので、「誰にもバレずにカードローンを申し込みたい!」という人には特におすすめです。

    電話連絡なしにするには?

    WEB完結申し込みを行うための以下条件を満たしている必要があります。

    ・三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている(本人名義の口座に限る)
    ・全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険証をお持ちの方

    SMBCモビットのおすすめポイント

    ・即日融資に対応するスピーディなカードローン

    ・WEB完結申込なら電話連絡なしで融資が可能

    ・顧客満足度が高く、利用者から支持を得ている

    公式サイトはこちら
    • SMBCモビット ※①申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
    • SMBCモビット ※②14:50までの振込手続完了が必要です。審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
    • SMBCモビット ※③アルバイト・パートを含む安定した収入がある方。

カードローンの審査が通らないのはなぜ?落ちる人の特徴

カードローンの審査が通らないのはなぜ?落ちる人の特徴

カードローンは幅広い年齢・世代に対して提供されているサービスですが、申し込んだ人すべてが審査に通過できるわけではありません。

むしろ公式のデータや口コミなどを参考にする限り、申込者のおよそ半分は少なくとも審査に落ちていると言えるでしょう。

ではどのような理由で審査に落ちてしまうのでしょうか?

どんなカードローンでも審査に落ちた理由を知らされることはありませんが、「審査に落ちた理由を予測して把握する」ことは、次につなげるためには非常に重要です。

ここでは「カードローン審査に落ちてしまう人の特徴・パターン」を具体例とともに紹介しながら、審査落ちの理由を解説していきたいと思います。

審査難易度の高いカードローンに申し込んだ

カードローン各社は自社の審査基準を公表していません。 ただし、カードローンごとに間違いなく審査難易度の違いはあります。

大きく分けると以下のように審査難易度の難しさは並べることが出来ます。

審査の難易度:銀行系>信販系>消費者金融系

※左から順に審査難易度が高くなっている

以上のように、カードローンでは銀行系の審査難易度が高く、消費者金融系は比較的審査通過率の高い傾向にあります。

ちなみに各系統の特徴としてはこちらを参考にしてください。

銀行系:銀行や信用金庫などが提供するカードローン

信販系:クレジットカード会社などが提供するカードローン

消費者金融系:個人向け融資商品を主力にしているカードローン

消費者金融系については、有名どころですとプロミスやアコム、アイフルなどですね。

では審査難易度が異なる理由についても、簡単に解説しましょう。

銀行系

 

融資条件の中に、「保証会社の保証を受けること」が基本的に盛り込まれている。

そのため審査時にはカードローンを提供している銀行だけでなく、保証会社の審査も受けなければいけない

審査担当が実質的に2つ存在するため、審査に時間がかかりやすく、なおかつ難易度もアップしやすい

信販系

 

審査難易度やスピード、金利などの点において、ちょうど銀行系と消費者金融系の中間に位置するようなイメージ。

ただし、契約初期の段階だと限度額が低い場合に上限金利近くが適用されるケースが多い。 審査時間もクレジットカード申込時の流れに似ていて、利用できるまでにはある程度の時間がかかることも。

消費者金融系

 

基本的に保証会社が付かないところが多いため、審査スピード、審査難易度ともにカードローンの中では一番優れている傾向にある。

元々個人向けの小口融資を専門に扱っているため、審査のハードルはそれほど高くない。

急ぎで融資を受けたい、審査が不安な人には一番向いている。

このように、一言で「カードローン」と言っても特徴が異なるため、審査難易度の高いところに申し込んでしまい、審査に通れなかったケースは数多く存在します。

つまり「一度審査に落ちたとしても、異なるタイプのカードローンに申し込めば審査に通る可能性はある」ということですね。

信用情報内に重大な問題があった

信用情報はどのようなカードローンでも必ず参照され、「審査の柱」ともいえる重要な判断材料です。

この信用情報には「個人のお金に関する様々な履歴」が記録されており、過去・もしくは現在において何らかの問題を起こしているか否かが主にチェックされます。

例えば以下のような金融事故と言われる事故情報が信用情報内に見つかった場合、ほとんどのカードローン審査で落ちてしまいますので注意しましょう。

金融事故の具体例

・支払い、返済の長期滞納
・代位弁済記録(利用者以外の保証会社などが支払いを肩代わりした記録)
・個人再生、債務整理、自己破産などの記録
・契約の強制解約(利用者が問題を起こして解約になったケース)
・短期間での複数のクレジット、ローン関係への申し込み(通称:申し込みブラック)

自己の信用情報は「信用情報機関」に問い合わせることで確認が可能ですので、審査が不安な方、もしくはすでに審査に落ちてしまった方は一度自分の目で確認しておくと良いでしょう。

仮に重大な問題が確認できた場合でも、信用情報内の各記録は一定期間が経過すると消去される仕様になっていますので、問題個所の記載が消えた後に再度カードローンに申し込むなどの対策を取ることが可能です。

他社借入額や件数が多すぎる

他社借入額や件数は、単純に「支払いの余裕があるかどうか」を見極める材料となるだけでなく、「お金の自己管理能力」を見極めるうえでも重要な判断材料となります。

例えば以下のようなケースに該当し、審査に落ちてしまう場合があります。

年収と比較して他社借入額の割合が多すぎる

 新たに融資を受けた際、単純に支払いに回す余裕がないのでは?と判断されやすい。 (年収の50%の他社借入がある場合は厳しい)

 また、貸金業者(信販系、消費者金融系)の場合、年収の1/3を超える貸し付けが法律で制限されているので、すでに年収の1/3超の借り入れがある場合は新たに申し込んでも審査に落ちてしまう。

 

他社借入件数が多すぎる

 銀行系だと4件以上、消費者金融系だと5件以上は審査通過が厳しくなる(カードローンごとに多少の差はある)

 他社借入件数が多い=自分のお金の管理が下手で、継続的にカードローン申し込みを行っていると判断されやすい。また複数他社から借り入れを行っている人は、ひとつひとつの限度額が低いことが多く、限度額が高く設定されないだけの問題を抱えている可能性も考慮される。

以上のように、他社借入状況が一定の条件を上回っている場合は、まず少しでも借入件数や借入額を少なくするか、おまとめ・借り換えローンの利用を検討してみましょう。

「おまとめ・借り換え」について、詳しくは↓コチラ↓

⇒お得な借換ローンは?審査難易度や金利を比較しながらおすすめを紹介

⇒おまとめローン審査に通過したい!他社借入中の借金を一つにおまとめ

申し込み先で過去に問題を起こした

前述した信用情報に関する解説の中で、「信用情報内の記録は一定期間経過すると消える」とお伝えしました。

ただし、信用情報内から消えても自社情報として残っているケースがあるため、申込先で過去に問題を起こしている場合には審査を通過できないことがあります。

特に注意したいのは「表面上では気づかないが、実は内部でつながりがあるパターン」です。

例えば以下をご覧ください。

パターン1

・【銀行系A】に申し込み

・【銀行系A】で過去に問題を起こしたことはないが、保証会社として付いている【消費者金融B】では過去に問題を起こしていた

・結果的に保証会社の社内情報チェックで問題が発覚し、審査落ち

 

パターン2

・【消費者金融C】に申し込み

・【【消費者金融C】の申し込みは初めてだが、実はグループ企業に【銀行D】がおり、【銀行D】で過去に問題を起こしていた

・情報が共有されており、結果的に審査落ち

このように一見無関係と思われるところでも、内部でつながりを持っているパターンがありますので、過去にお金関係で何らかの問題を起こしている場合は「信用情報内に記載がないか」「申込先に該当の会社が絡んでいないか」の両方を確認するようにしましょう。

収入面の問題

カードローンは言い方を変えれば「お金を借りるサービス」ですので、キャッシング後には返済の義務があります。

そのため、貸す側からすれば「安定した収入を得ている」のはもちろん、収入額や今後の収入の見込みなども吟味しなければなりません

以下は収入面でカードローン審査においてマイナス査定を受けやすい具体例ですので、参考にしてみましょう。

・年収が100万円以下

・勤続年数が半年未満

・給与額が毎月不安定

これらは一概に「当てはまっていると審査に落ちる」とは限りませんが、安定性や返済に回す余裕を考慮したとき、ひとつの目安となるのは確かです。

ちなみに銀行カードローンの場合は、年収200万円以上が目安と考えておけば良いでしょう。

年収が少ない場合は消費者金融系カードローンの利用を考えるのもおすすめの手です。

カードローン審査が通らない・落ちた人の対策

カードローン審査が通らない・落ちた人の対策

ご存知の通り、この世の中提供されているカードローンは数知れず、様々な選択肢が存在しています。

そのため「一度カードローン審査に落ちたらもう終わり」ではありません

審査に落ちてしまった場合や通らないであろう不安を覚えている場合、これから紹介するポイントをひとつひとつチェックして、対策を立てましょう。

審査に落ちる理由を考える

審査に落ちても次がある。

確かにそうですが、審査落ちの原因が分からないまま、他のカードローンに申し込んだところで、それは「イチかバチかの勝負」になります。

例えば重大な事故情報が信用情報内に記録されていて審査に落ちた場合、申込先を他のカードローンに変えたところで再び審査に落ちてしまう可能性は高くなります。

いっぽう、重大な問題が見当たらないにもかかわらず、年収額が100万円程と低かったり、他社借入件数が3件程度だったりする場合は、申込先を審査通過率の高いところに変えることで、審査に通過できることも考えられるでしょう。

このように、仮に審査に落ちてしまった場合は「なぜ落ちたのかを考え、出来るだけ原因をはっきり」させることがまずは一番重要です。

短期間に複数のカードローンに申し込まない

審査が不安な人は落ちてしまう可能性も考えて、一度に複数のカードローンに申し込んでしまうケースがあります。

また審査に落ちてしまった後、すぐに他のカードローンに申し込む場合もあるでしょう。

しかしながら「短期間での複数申し込み」はカードローン全共通で、良くない印象を与えてしまうと覚えておいてください。

複数のカードローンに申し込むということは、「借りるだけ借りて踏み倒す」「問題を抱えていることを認識しているから複数申し込む」などと判断されやすいからです。

従って、カードローンに申し込む際は以下のポイントを心掛けてください。

1.申し込みは一回につき、一社に絞り込む

2.1~3か月内に3社以上申し込まないよう注意する

この2点を心掛けておけば、「申し込み回数」だけで審査に落ちてしまう可能性を軽減させることが出来ます。

審査通過率で選ぶなら消費者金融

銀行系は金利が低く、安心感も高いでしょう。

また信販系はクレジットカードとセットで申し込む人もいるかもしれません。

ところが審査通過率で考えた時、おすすめは断然消費者金融です。

個人向け融資に特化している消費者金融では、審査スピードが速いだけでなく、銀行系などと比較して高い審査通過率を誇っているため、「審査に通ることを優先したいなら、消費者金融を第一候補に入れる」と良いでしょう。

ただし、消費者金融では貸金業法の絡みがあって「年収の1/3以上を超える融資を受けられない」(例外はある)ため、申し込み前の段階ですでに年収の1/3超の他社借入がある場合は注意が必要です。

すでに年収の1/3超の他社借入がある状態で、どうしても追加でカードローンを利用したい場合、選択肢は実質的に銀行カードローンのみとなります。

こんな場合は?カードローン審査Q&A

こんな場合は?カードローン審査Q&A

カードローン審査は中々オープンな情報が少ないため、申込過程や手続きの流れの中において、様々な疑問も湧くことでしょう。

ここでは、カードローン審査でのよくある質問を集めて、Q&A形式にまとめました。

主婦でもキャッシングできる?

可能です。

ただし、ほとんどのカードローンで「本人に安定した収入」がないとお申し込みできません

パートやアルバイトなど、自ら働いて収入を得ている主婦の方は申し込み可能と考えてください。

年金受給者でもキャッシングできる?

可能です。

ただし、カードローンでは基本的に年齢制限があり、65歳前後が申し込みできる年齢の上限となっているところが多くなります

年齢制限について、申し込み前に各社を比較しながら、基準を満たすかどうか必ずチェックしましょう。

また、カードローンの多くでは「年金受給のみ」での申し込みを認めていません。

一部のカードローンでは年金受給のみでも申し込み可としているところもありますので、選別を間違えないようにしましょう。

詳しくは↓コチラ↓

⇒65歳以上や年金だけで借りれるカードローンは?審査基準も解説

年収や他社借入状況はごまかしてもバレない?

自己申告内容をごまかすと、高い確率でバレます。

例えば年収は収入証明書類を提出すればまるわかりですし、他社借入状況は信用情報にばっちり記載されています。

このようにカードローン審査では、申込者が提供する自己申告情報だけでなく、外部情報などあらゆる情報が吟味されるため、ウソをつくと高い確率でバレてしまうと考えてください。

また、ウソがバレた時は当然ながら「信用できない申し込み者」と判断され、審査では大きくマイナス査定が下されます。

※記入ミスなど、誤申告も「ウソをついた」と判断される可能性がありますので、十分に注意しましょう。

審査が甘いカードローンはないの?

例えば街中の広告や張り紙などで、以下のような文言を目にしたことがありませんか?

ブラックでもOK!

多重債務でも借りれる!

どんな人でも即日融資!

こういった業者は一見魅力的に映るかもしれませんが、そのほとんどは違法業者、要するに闇金です。

貸すときは甘い言葉で誘いながら、実際は法外な金利を要求し、非常に厳しい取り立てがなされるなど、闇金の実態は恐ろしいものであることを覚えておきましょう。

きちんとしたカードローン会社は自ら「審査が甘いと思わせる言葉」などをアピールすることはまずありませんので、甘い誘い文句に騙されないよう注意が必要です。

金利が低いと審査は厳しい?

この疑問はあながち間違いではありません。

カードローン会社の主な収益源は「利息」だからです。

要するに、「金利が低い」=「利益が少ない」ともいえるわけですから、カードローン会社としては「しっかり返してくれるであろう人に貸したい」と考えますからね。

ただし金利は一律ではなく、〇〇%~〇〇%といった形で幅が持たされているため、何を基準に金利が低いと判断するのは難しいところでもあります。

例えば下限金利は低いが上限金利が高いところなどは、限度額が低いと結果的に金利が高くなってしまう場合もありますので、「金利が低い」=「審査が厳しい」とは単純に言えなくなります。

相対的に見て、低金利が売りである銀行カードローンは審査のハードルが高くなりやすいことを覚えておくと良いでしょう。

審査が通らない人でも借りれるカードローンまとめ

ここまでカードローン審査が通らない原因や対策、またおすすめのカードローン情報などをお届けしてきましたがいかがだったでしょうか?

審査が通らないかどうかは、どんなカードローンを選択するかで結果が多く異なります。

仮に審査に落ちてしまったとしても、原因次第では他のカードローンで融資を受けられることが今回の記事でお分かりいただけたでしょうか?

審査通過率や審査基準を理解し、自分に見合ったカードローンを選択することが何より重要な訳ですね。

不明点や疑問がある場合は、カードローン会社へ直接相談してみるのも賢い方法ですので、一人で悩み過ぎずにまずは確認してみましょう。

カードローンのおすすめランキングは↓コチラ↓

⇒審査に通るおすすめカードローンランキング!審査通過率などを比較

関連記事