カードローン審査を徹底解説!

審査に通るカードローンキャッシングカードローンキャッシングを徹底比較!!即日融資、多重債務のおまとめ、高金利でつらい…など、あなたのお悩みを即座に解決!

どこよりも簡単で借りやすいカードローンは?消費者金融の審査は甘い?

カードローン 消費者金融 借りやすい

カードローンを利用したい人にとって、大きな不安となるのが「審査に通るかどうか」。

審査の甘いカードローンはあるのか?をテーマに、おすすめのカードローンや審査基準などについて詳しく解説しました。

審査に不安のある方は必見です!

審査が甘いカードローンはあるのか?

審査 ポイント 基準

インターネットの普及により、疑問点や分からないことはネットを通じて情報収集できるようになってきました。

その影響もあってか、「〇〇は審査が甘い!」などといったカードローン関連の情報も各所で目にするかもしれません。

実際のところ、審査が甘いカードローンについての「真実」はどうなっているのでしょうか?

審査が甘いカードローンはない

あえてはっきり「ない」と言い切ったのには、もちろん理由があります。

逆に自分が「貸す側の立場に立って考える」と分かりやすいかもしれません。

ひとつ例を出してみましょう。

Aさん…サラリーマンで年収400万円程度。過去にお金の貸し借りや返済関係でのトラブルはなし。

Bさん…無職。借りたお金や返済をおろそかにしがち。過去には借金を踏み倒したことも。

あなたがAさんかBさん、どちらかにお金を貸すとすれば…

普通選ぶのはAさんだと考えますよね?

当然です。

両者を比べると、Aさんのほうが「貸したお金をしっかり返してくれるだろうと予測しやすい」からです。

このように、自分の立場に置き換えてみると分かりやすいように、カードローンの審査でも基本的な仕組みは変わりません。

・働いて収入を得ているか?

・過去の支払いはきちんと行っているか?

・身元をしっかり証明できる人であるか?

などなど、最低限の信頼度や収入がない限り、どんなカードローンでも審査には通過できないと考えておきましょう。

お金を貸す側からすれば、一番避けたいのは「貸したお金が返ってこないこと」ですからね。

貸す側も「お金が返ってこないリスクを背負っている」以上は、契約を結ぶ前に必ず審査を行る必要があるわけです。

従って、審査の重要性をきちんと理解しているのであれば、他人に対して「〇〇は審査が甘いよ」などと無責任なことは言えないと考えるべきでしょう。

カードローン審査では何を見られる?

カードローン審査については、各社が設けた独自の基準に沿って、総合的な判断のもとに進められます。

イメージとしては、複数の項目を採点される「テスト」のような感覚を持つと分かりやすいかもしれません。

では具体的な“採点項目”にはどのようなものがあるのでしょうか?

職業…働いて安定した収入を得ているかどうか。職種や雇用形態より「安定しているか?」が重視される

信用情報…第三者機関にて管理されている信用情報をチェックし、支払いの滞納履歴や遅延履歴、また他社借入状況や債務整理の有無などが確認される。重大な金融事故が見つかるとそれだけ審査に落ちてしまう可能性が高い。

在籍確認…自己申告した勤務先に実際に在籍しているかをカードローン業者が確認する作業。基本的には職場への電話で行われる。

>属性…自己申告した個人情報全般をまとめて属性と呼ぶ。家族構成や住居情報、支出状況などを見て、返済の確実性や信用性を図る。

上記はカードローン審査でも特に重視される項目です。

それぞれが個人の信用度を図るためには欠かせない要素で、どんなカードローンでも審査の判断材料にされると考えてください。

信用情報とは

第三者機関である「信用情報機関」にて管理されている、個人個人の「お金の履歴書」のような情報。
ローン・クレジット関連の契約に関する申し込み、契約履歴、また支払い状況や残高情報、債務整理記録などが過去にさかのぼって保存されている。

信用情報内の記録はそれぞれに保存期間が設定されており、該当の期間を過ぎると抹消される。

事故の信用情報は信用情報機関に開示請求を出せば、その内容を確認できる。
信用情報に不安のある人は、カードローンへ申し込む前にチェックしておくのがおすすめ。

⇒信用情報についてさらに詳しく知りたい人はコチラ

大手カードローンの審査通過率は?借りやすいところはどこか

審査通過率 カードローン 消費者金融

「審査が甘いカードローンはない」とすでに申し上げましたが、それでもカードローンごとに審査の難易度が異なるのもまた事実です。

公式情報を交えながら、大手カードローンの審査通過難易度を解説していきましょう。

消費者金融は借りやすい?カードローンごとの審査通過率を比較

大手消費者金融では、「成約率」が公開されており、これは=審査通過率と受け取ることのできる数字になります。

そこで大手消費者金融4社の審査通過率を比較してみました。

カードローン審査通過率通過率平均
プロミス42~45%43.5%
アコム45~49%47%
アイフル44~49%46.5%
SMBCモビット42~45%43.5%

それほど大きな差はなく、およそ半分弱の人が審査に通過しているのが分かります。

いっぽう、銀行カードローンは公表データが手元にないため、正確な情報は分かりませんが、当サイトに寄せられた情報を元に統計すると、審査通過率は20~40%ほどといったところでしょうか。

少なくとも、消費者金融とは大きく通過率に差が出るところが多いという印象を受けています。

ただし、これはあくまで「印象だけというわけでもなく」、銀行カードローンの審査は消費者金融より高めであると裏付けるだけの理由も存在しています。

キーワードは「保証会社」です。

実は銀行カードローンでは、基本的に融資の条件として「保証会社の保証を受けること」が定められており、審査時には銀行+保証会社、この2つから審査を受けるような仕組みになっています。

そのため、銀行カードローンは審査に時間がかかりやすく、難易度も消費者金融と比べてアップする傾向にあると考えてください。

もちろん銀行カードローンも、「ただ審査難易度が高い」というわけでもなく、金利が低いなどのメリットがありますので、一概に消費者金融より劣っているとも言い切れません。

単純に、「借りやすさ」で言えば、消費者金融のほうが審査通過率が高いとだけ覚えておけば良いでしょう。

審査が甘いカードローンには要注意!覚えておきたい見分け方

審査 甘い カードローン 注意 見分け方

どうしてもお金が必要…。

けれど審査に通るか不安…。

そんな時は、「とにかく貸してくれるところを選びたい」気持ちになるのも分かります。

ですが待ってください。

「甘い言葉、優しい言葉」には大きな罠が隠されているかもしれません。

審査に通りやすいとアピールする業者は危険かも?

様々なカードローンを見てみると、商品ごとに色々なポイントをアピールしているのが分かるでしょう。

・低金利

・女性でも安心

・審査が速い

・限度額が高い

・申し込みが簡単

などなど、これらは大手カードローンでもよく目にする文言です。

しかしながら、「審査に通りやすい」「審査が優しい」などと大手カードローンが自らがアピールしているのを見たことがありますか?

いいえ、そんなことはないはずです。

審査通過率を見てもわかる通り、申込者の実に半数以上は審査に落ちており、一定の条件を満たさない限りは融資できないことを自覚しているからです。

逆に「審査に通りやすい」「審査が優しい」などと自らアピールしている業者は、「普通では借りられない人をターゲットにした違法業者」の可能性が高いと考えましょう。

返済が滞るリスクを承知のうえ、法外な金利や強引な取り立てによって営業している、いわゆる「闇金」という類の業者ですね。

このような業者に引っかかってしまうと、返済の義務はない(法定外の金利が設定されている場合は法律上返済の必要はない)にも関わらず、追い込みをかけられてとことん絞り込まれる状況に陥る可能性が高くなります。

一度陥ってしまえば、心身ともに多大なダメージを受けますので闇金を甘く見てはいけません

「誰でも貸してくれそうだから」と、甘い言葉に引っかかってしまわないよう、十分肝に銘じておきましょう。

こんな業者には要注意!具体的な特徴

違法業者に引っかからないために、特徴的なポイントをまとめました。

以下に該当するようなタイプの業者は闇金であると考え、申し込みを控えてください。

・ダイレクトメールを送り付けてくれる

・「誰でも借りられる」「ブラックでもOK」などの文言

・金利が法定金利を超えている(年利20%以上は違法金利)

・問い合わせ番号が携帯電話の番号

・ギャンブル施設周辺に広告や張り紙を出している

また、既存の闇金とは異なり、最近では「ソフト闇金」と言われるタイプの違法業者も出てきているため注意が必要です。

このソフト闇金は文字通り、小ぎれいなサイトを用意していたり、一見対応が丁寧・優しく見えるなどの特徴がありますが、実は法外な金利を設定しており、違法な業者であることに変わりはありません。

具体的な特徴を挙げた業者と合わせて、申し込んでしまわないよう、正しい知識を身に着けておいてください。

審査が不安な人におすすめのカードローンを厳選!

審査通過率や審査基準を参考に、「審査が不安な人におすすめのカードローン」を厳選しました。

それぞれの特徴を踏まえて、自分にぴったりのカードローン選びの参考にしてください。

  • プロミス

    プロミス
    実質年率 最高限度額 審査時間 最短融資
    年4.5%~年17.8% 500万円 最短30分 最短1時間
    アルバイト 収入証明書不要 事前診断 無利息期間
    可能※① ―※② 簡単3秒診断 30日間無利息※③

    審査は最短30分、融資まで最短1時間と、とにかくスピーディな対応が特徴のカードローンです。

    無利息サービスが用意されているため、短期間の利用なら利息ゼロでキャッシングすることも可能。

    使い勝手にも定評のある、幅広い層に人気のおすすめカードローンです。

    公式サイトはこちら
    • プロミス ※①主婦・学生:安定した収入がある方に限る。
    • プロミス ※②限度額50万円以内なら身分証明書のみで借入可能です。
    • プロミス ※③30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
  • SMBCモビット

    SMBCモビット
    実質年率 最高限度額 審査時間 最短融資
    3.0%~18.0% 800万円 審査時間:10秒簡易審査※① 最短即日も可能※②
    アルバイト 収入証明書不要 事前診断 無利息期間
    可能※③ 簡単お借入診断

    オリコン 日本顧客満足度ランキング ノンバンクカードローン第1位」を獲得するなど、利用者から多くの支持を集めているSMBCモビット。

    審査で多くの人が気になる電話での在籍確認について、「WEB完結申込なら電話連絡なし」としているため、勤務先への電話なしで利用したい人には特にはおすすめです。

    公式サイトはこちら
    • SMBCモビット ※①申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
    • SMBCモビット ※②14:50までの振込手続完了が必要です。審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
    • SMBCモビット ※③アルバイト・パートを含む安定した収入がある方。

⇒審査に通るおすすめカードローンランキング特集!

消費者金融ってどんなカードローン?

消費者金融ってどんなカードローン?

それではまずはそもそも消費者金融カードローンとはどのようなカードローンなのかといったことを紹介していきたいと思います。

消費者金融とは一般の個人に対する無担保での融資を中心とする貸金業を行っている会社の事を指すようです。

銀行カードローンや信販系カードローンは他の事業がある中でカードローンの事業もやっているのに対し、消費者金融は貸付業務専門の会社であるという事です。

最近では大手消費者金融を普段の生活の中で目にする機会がとても増え、カードローンを利用していない方でもテレビのCMや街中の広告などを目にしとても知名度も高い消費者金融がたくさんあります。

カードローンに特化しているため利便性も良く、サービス面などでもとても評判の良いカードローンが多くあります。

昔はサラ金という名称で知れ渡っていてイメージが悪いといった方もたくさんいると思いますが現在ではしっかりと法整備もされていて違法な金利での貸付はもちろんありませんし、オペレーターの対応などといったサービス面もしっかりとしていてはじめてカードローンを利用するといった方でも安心して申し込む事が出来るようになっています。

消費者金融といわゆる闇金といわれている物が一緒だと思っている方もいるかもしれませんが闇金というのは違法な金利で貸し付けを行っている会社の事を指し法律に従った金利で貸し付けを行っている消費者金融は闇金ではありません。

そこの区別がつかずいわゆる闇金で融資を受けてしまうととんでもない金利を乗せられ借金地獄に陥ってしまうといった事もありますので気をつけましょう。

消費者金融カードローンと銀行カードローンの違いって何?

ここでは消費者金融カードローンと銀行カードローンにはどのような違いがあるのかといったことを紹介していきたいと思います。

細かい所は各カードローン会社によって異なりますので大まかに見てどのような違いがあるのかといったことを解説していきたいと思います。

●審査から融資までのスピード感

消費者金融カードローンはほとんどのカードローンが申し込みから融資までがとてもスピーディーであると言われています。

銀行カードローンでもスピーディーな融資を行っているカードローンがありますが消費者金融カードローンの方がスピーディーな融資が可能だと言われています。

●総量規制の対象かどうか

消費者金融カードローンと銀行カードローンの大きな違いとして総量規制の対象かどうかという事がとても大きい事だと言う事が出来ます。

総量規制とは多重債務者を減らす事を目的に作られた貸金業法で定められている法律で「貸金業者は申込者に対し年収の3分の1以上の貸し付けを行ってはいけない」といった事が定められています。

消費者金融は貸金業者であるためこの法律が適用されますが銀行は貸金業者ではないためこの総量規制の法律は適用されません。

消費者金融カードローンと銀行カードローンの一番大きな違いといっても良いかもしれません。

●金利の違い

カードローンの金利というのは各カードローン会社によって異なりますがほとんどの消費者金融カードローンの金利は18%位となっておりますのでとても高い金利だという事が出来ます。

法律で定められている最高金利が18%ですので一番高い金利だと言う事が出来ます。

銀行カードローンはそれぞれ金利も異なりますが比較的低金利なカードローンが多いと言われています。

消費者金融カードローンは他の利便性の良さなどで人気の高いカードローンとなっているようです。

●審査の厳しさ

消費者金融カードローンと銀行カードローンでは審査の厳しさも違うと言われています。

カードローン審査の基準というのは各カードローン会社によって審査基準は異なり、審査基準は公開されていませんので具体的にどの条件をクリアしていれば審査に通るなどといった事はわかりません。

ただし銀行カードローンは金利が低い代わりに審査が厳しいと言われています。

●無利息期間があるかどうか

消費者金融カードローンの中には「30日間無利息」などといったサービスを行っているカードローンがあります。

銀行カードローンではこのようなサービスを行っている所は少ないです。

短期間の借入が目的の方でしたらこういったサービスのあるカードローンを選ぶことでとてもお得に融資を受ける事が出来ます。

一か月以内で返済が出来てしまうといった場合実質無利息で融資を受ける事が出来るという事になります。

消費者金融カードローンの申し込み方法は?

消費者金融カードローン 銀行カードローン 違い

それでは消費者金融カードローンの申し込み方法はどのような物があるのかといった事を解説していきたいと思います。

消費者金融カードローンでは様々な申し込み方法が用意されていて自分に合った申し込み方法を選択する事が出来ます。

忙しくて店舗などに足を運ぶことが難しいといった方やとにかく速い申し込み方法を選択したいなどそれぞれの方で申し込みの際に重視するポイントが異なるのではないでしょうか。

ここでは消費者金融カードローンではどのような申し込み方法があるのかといった事を紹介していきたいと思いますので自分に合った申し込み方法を是非探してみてはいかがでしょうか。

●インターネットでの申し込み方法

まずはインターネットによる申し込み方法です。

まずはインターネットによる申し込み方法です。 インターネットによる申し込み方法でしたら24時間申し込みをする事が出来ますし仕事などで忙しいといった方でも店舗などに足を運ぶことなく申し込みをする事が出来ますので大変便利な申し込み方法となっております。

またインターネットで融資までを完結する事も出来るといったカードローンもありますので融資を受けるまでに電話でも人と話したくないなどといった方にもとてもおすすめな申し込み方法となっております。

●電話による申し込み方法

電話による申し込みもほとんどの消費者金融カードローンで使う事の出来る申し込み方法です。

インターネットでの申し込みで申し込みフォームに記入するのがめんどくさいといった方やオペレーターに直接質問をしながら申し込みをしたいといった方などにおすすめな申し込み方法となっております。

初めてのカードローンの利用で不安だといった方などは電話による申し込みが良いのではないでしょうか。

●自動契約機による申し込み方法

ほとんどの消費者金融では自動契約機が設置されています。

大手の消費者金融ではある程度大きい駅の近くには必ずといっていいほど自動契約機が設置されていて仕事帰りなどでも手軽に利用する事が出来ます。

自動契約機での申し込みの場合、その場でローンカードを発行する事が出来ますので一番スピーディーな融資を受ける事の出来る方法だと言われています。

●郵送による申し込み方法

消費者金融カードローンでは郵送による申し込み方法も用意されています。

郵送による申し込み方法は他の申し込み方法と比べても時間がかかってしまいますし自宅に郵送物が届くのはちょっとなどといった方もいると思いますのであまり使う事のない申し込み方法のようです。

審査が甘いカードローンに関する情報まとめ

ここまで、「審査が甘いカードローンはあるのか?」「借りやすいおすすめのカードローン」などについて、お伝えしてきましたがいかがだったでしょうか?

どんなカードローンでも、一定の基準をクリアしない限りは融資を受けられません。

よって、審査なしで融資OKやブラックでも借りられるなどということはない、つまりそういったうたい文句をアピールしているのは、違法業者であると考えるようにしましょう。

その上で、各社の審査通過率や審査基準などを参考に、自分にとって借りやすいカードローンを見つけてください。

関連記事