カードローン審査を徹底解説!

審査に通るカードローンキャッシングカードローンキャッシングを徹底比較!!即日融資、多重債務のおまとめ、高金利でつらい…など、あなたのお悩みを即座に解決!

ダイレクトワン審査落ちの理由!審査時間や保証会社、おすすめのカードローンも紹介

ダイレクトワンは静岡県に本店を構えるスルガ銀行グループに属しています。

カードローン業界では「準大手」の位置付けになるでしょうが、他の金融業者との違いは何なのでしょうか。

ダイレクトワンの審査基準やカードローン審査に落ちた場合の原因、対処法などについても見ていきたいと思います。

他のカードローンとの比較も行いますので、ぜひ参考にしてみてください。

ダイレクトワンは消費者金融!あなたにぴったりのカードローンはほかにもある?

ダイレクトワンは、「スルガ銀行グループのカードローン」として公式にも紹介されていますが、銀行カードローンではありません

運営者である「ダイレクトワン株式会社」は貸金業者であり、貸金業者とはいわゆる消費者金融に分類される業者です。

そのため、ダイレクトワンを希望する方であっても、商品のクオリティや使いやすさ、サービス面などにおいて、他のカードローンが向いているケースも少なくありません。

ダイレクトワンと比較したうえで、おすすめカードローンを厳選!

ここでは、ダイレクトワンの商品情報、サービス面、利便性などを踏まえて他のカードローンと比較した際、特に優れていると判断したものを厳選して紹介しています。

ちなみに紹介するカードローンはすべて「保証会社なしで借りられる」ところをピックアップしていますので、審査に不安のある方にも相性の良いカードローンでしょう。

ダイレクトワンの違いを比較しながら、自分にとってどのカードローンがぴったりなのか、検討してみてください。

  • 低金利かつスピーディで人気急上昇中:AIスコア・レンディング

    AIスコア・レンディング
    実質年率 最高限度額 審査時間 最短融資
    年0.8%~12.0%※① 1,000万円 仮審査最短30秒 最短30分
    アルバイト 収入証明書不要 事前診断 無利息期間
    可能※② ―※③ あり

    J.Scoreはみずほ銀行とソフトバンクにより設立された会社で、日本初のスコアレンディングサービスを実現させました。

    このサービスは、利用者が提供したさまざまな情報を先進的なAI技術で分析し、将来の可能性を総合的にAIスコア化して算出。

    具体的なAIスコアに基づいて融資サービスを提供する、全く新しいタイプの個人向け融資サービスです。

    ちなみにAIスコアは利用者が提供する情報が増えれば増えるほど精度が増し、自分自身の可能性や信頼性をAIスコアに反映させることができます。

    AIスコアが高いほど融資条件が有利になる仕組みとなっているため、これまでと比べて、利用者にとってメリットの多い融資提供を受けやすくなるケースも出てくるでしょう。

    しかも仮審査最短30秒、融資まで最短30分とスピードも申し分なし。

    金利の面においても、年0.8%~12.0%※①と業界でもトップクラスの低金利で融資サービスを提供しています。

    金利、審査、スピード、あらゆる面で総合的に優れている、今イチオシのカードローンです。

    ■AIスコア・レンディングのおすすめポイント

    ・仮審査、融資までがとにかく早い

    ・AIスコアが高い程融資の融資条件がお得

    ・金利が非常に低い水準である

    ・AIスコア診断自体は無料、なおかつ申し込みを行わずに取得することも可能

    公式サイトはこちら
    • J.Score ※①(※)みずほ銀行、ソフトバンクまたはYahoo!JAPANとの情報連携により貸付利率(実質年率)を0.1%引下げいたします(最大0.3%引下げ)。 (※)貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクおよびYahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。 なお、Yahoo! JAPANとの情報連携で金利引下げとなるのは、以下のいずれかを満たす場合です(金利引下げのタイミングはそれぞれの場合で異なります)。 ・情報連携に同意された日の前月末から過去1年以内に「Yahoo!ショッピング」の購買履歴がある ・情報連携に同意された日の前月末から過去1年以内に「ヤフオク!」の落札(支払)履歴がある ・情報連携同意時点で「Yahoo!プレミアム」会員である
    • J.Score ※②満20歳以上、満70歳以下で安定した収入がある方
    • J.Score ※③ジェイスコアの契約極度額が50万円以下かつ他社を含めた借入総額100万円以下の場合
  • お急ぎの方や無利息サービスを希望する人にも人気:プロミス

    プロミス
    実質年率 最高限度額 審査時間 最短融資
    年4.5%~年17.8% 500万円 最短30分 最短1時間
    アルバイト 収入証明書不要 事前診断 無利息期間
    可能※① ―※② 簡単3秒診断 30日間無利息※③

    テレビコマーシャルなどでもおなじみのプロミスは審査が最短30分、融資まで最短1時間と、急いで融資を受けたい人に人気のカードローンです。

    また、長きに渡る経験と実績を活かしたきめ細やかなサポート体制、使いやすさを追求したサービスの充実度にも定評があります。

    (在籍確認時の対応も非常に柔軟)

    中でもプロミスの大きな特典といえば、無利息サービスでしょう。

    初めての利用であれば、30日間利息が発生せずに使えるため、短期間でのキャッシングを考えている人には特におすすめです。

    無利息サービスの詳細

    対象者:プロミスをはじめて利用する方のうち、メールアドレスをご登録のうえ、Web明細を利用する場合

    サービス内容:プロミスとはじめて契約する際、メールアドレスを登録し、あわせて書面の受取方法で「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択した人にカードローンを30日間無利息でご利用いただけるサービス
    ■プロミスのおすすめポイント

    ・審査から融資までの時間が早い

    ・30日間無利息サービスあり

    ・使い勝手、利便性の質が非常に高い

    公式サイトはこちら
    • プロミス ※①主婦・学生:安定した収入がある方に限る。
    • プロミス ※②限度額50万円以内なら身分証明書のみで借入可能です。
    • プロミス ※③30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
  • 電話連絡を避けたい人におすすめ:SMBCモビット

    SMBCモビット
    実質年率 最高限度額 審査時間 最短融資
    3.0%~18.0% 800万円 審査時間:10秒簡易審査※① 最短即日も可能※②
    アルバイト 収入証明書不要 事前診断 無利息期間
    可能※③ 簡単お借入診断

    14時50分までに申し込めば、即日融資を受けられる

    オリコン 日本顧客満足度ランキング ノンバンクカードローン第1位」も獲得するなど、実際に使っている人から評価の高いSMBCモビット。

    即日融資を受けたい場合は、14時50分までに申し込みを済ませるよう心がけましょう。

    またSMBCモビットの大きな特徴として、「WEB完結申込なら電話連絡なし」と定めている点が挙げられます。

    職場への電話がかかってくるのを避けたい、同僚にバレるのが不安、といった電話連絡が心配な人には特にうれしいサービスですので必要に応じて活用したいところです。

    電話連絡なしにするには?

    WEB完結申し込みを行うための以下条件を満たしている必要があります。

    ・三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている(本人名義の口座に限る)
    ・全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険証をお持ちの方
    ■SMBCモビット審査ポイント

    ・顧客満足度が高い

    ・電話連絡を避けられる

    ・即日融資にも対応

    公式サイトはこちら
    • SMBCモビット ※①申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
    • SMBCモビット ※②14:50までの振込手続完了が必要です。審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
    • SMBCモビット ※③アルバイト・パートを含む安定した収入がある方。

ダイレクトワンの特徴と申し込み・カードローン審査の流れ

どんなカードローンであれ、金融業者ごとに成り立ちや会社としての概要を抑えることは重要です。

キャッシングとはお金を借りる行為

安心感や信頼性を重視すべきものだからこそ、基礎的な情報を抑えることは自分に合ったカードローン選びにおいても重要なのです。

では早速ダイレクトワンの詳細を見てみましょう。

ダイレクトワンの基本情報

ダイレクトワンのホームページにも記載されている「スルガ銀行グループのダイレクトワン株式会社」の文字。

これだけ見ると「銀行カードローンか?」と感じる方もいるでしょうが、ダイレクトワンは銀行カードローンではなく、消費者金融です。

ただ、銀行をバックボーンにしていますから「安心と信頼」という意味では評価できると言えるでしょう。

店舗数については本社を構える静岡県を中心に、中部から関東地方にかけて20店舗弱と決して多くはありません。

しかしながら、

●WEB・電話・店頭いずれかの窓口で申し込み可能

●WEBで申し込み手続きが完結する「WEB完結申込」あり

●スルガ銀行、promice、イーネット、タウンネットワークサービス、セブン銀行、イオン銀行、ゼロバンクのATMでキャッシング

などのサービスが整っており、店舗数が少なくとも手軽にキャッシング可能ですからその点の心配も少ないかと思います。

ダイレクトワンの特徴

では次に、カードローンとしてのダイレクトワンの特徴を見てみましょう。

審査時間最短即日
即日融資可※店舗窓口
利用限度額300万円
ご利用利率年4.9%~20.0%※利用限度額によって異なる
申し込み方法インターネット、電話、店舗窓口
担保・保証人不要
在籍確認

即日融資「可」とありますが、これはあくまで店頭窓口へ出向いた場合の話です。

前述の通り店舗数は決して多くありませんので、大手消費者金融のと比べると即日融資のハードルは高いと言えるでしょう。

また、最高限度額が300万円と低い点も人によっては気になるかもしれません。

申し込みから審査までの流れ

ここからはより具体的な流れについて説明していきたいと思います。

まずはダイレクトワンの申し込み資格、必要書類について。

●申し込み資格

・20歳から69歳までの方で安定した収入のある方

●必要書類

・本人確認書類

ダイレクトワン 必要書類

●収入証明書

収入証明書(給与明細、源泉徴収票など)については、以下に該当する場合に用意する必要があると公式ページに記載があります。

1.ダイレクトワンでの限度額が50万円を超える場合

2.他社の借入総額とダイレクトワンの限度額が100万円を超える場合

ではこのまま、申し込みから審査、融資までの流れを紹介していきます。

ダイレクトワンの場合はインターネット、電話、店舗窓口と、三つの申し込み方法がありますのでそれぞれを比較しながらチェックしてみてください。

ダイレクトワン 申込方法1
ダイレクトワン 申込方法2
ダイレクトワン 申込方法3

見て分かる通り、WEBと電話の場合、最終的に「自宅にカードが発送される」という流れを踏まなければいけません。

その為、即日融資は不可となり申し込んだタイミングから融資を受けるまでには時間が必要となってしまうのです。

近くに店舗がある人、それでいて融資を早めに受けたい人は店舗窓口での申し込みが時間的にベストであることを覚えておきましょう。

返済金額

キャッシングした後には当然返済が待っています。

お金に余裕がないから当然カードローンを利用するわけで、人によってはこの「返済金額」も気になるところでしょう。

ダイレクトワンの毎月の返済金額について、以下の表を基にチェックしてみましょう。

ダイレクトワン 月々 返済額

10万円以下なら4,000円と、毎月の返済を抑えられる点は評価できるのではないでしょうか。

もちろんこれはあくまで約定返済(契約における「毎月いくら返済する」という取り決め)ですので、約定返済額以上であれば多く返済することも可能になります。

審査にかかる時間や保証会社をチェック

ダイレクトワンの概要や特徴、融資までの流れなどについてはある程度把握できたかと思います。

ただ、カードローンは審査を通過して初めてキャッシングが可能になるもの。またカードローン審査にかかる時間や手間も金融業者によって異なってきます。

ここからはダイレクトワンの審査時間や保証会社について解説していきましょう。

ダイレクトワンの保証会社は?

話を最初に戻しますが、ダイレクトワンはスルガ銀行グループであれど銀行カードローンではありません。消費者金融です。

消費者金融の場合保証会社の審査はないので、ダイレクトワンでのカードローン審査においても保証会社の審査はありません

ちなみにスルガ銀行自体にもカードローンがあるのですが、保証会社はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社(三井住友銀行グループ)になっています。

何故同じグループの会社に任せないのか?と疑問かもしれませんが、スルガ銀行のカードローンはゆうちょ銀行を媒介しているため、貸出額が非常に大きくなっているのです。

となれば保証会社も相当の保証額を用意しておかなければならない為、資金力豊富なSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が保証を行っている訳です。

つまり、ダイレクトワンは保証業務は行わず、消費者金融としての業務に専念していると考えて良いでしょう。

ダイレクトワンの審査時間

審査時間については、店頭窓口の場合最短30分でカード発行が行える、というスピーディなものとなっています。

ただ、「必要書類のチェック」や「在籍確認」など、審査のポイントとなる点がスムーズに進まない場合はカードローン審査にも時間がかかってしまうでしょう。

電話での申し込み、携帯電話(スマートフォン除く)を使った申し込みの場合、必要書類を郵送もしくはFAXでおくる必要がありますので、書類に不備があると融資までの時間が自ずと長くなってしまうことを覚えておいてください。

また、職場が休みなどの場合、在籍確認が取れずカードローン審査に時間がかかってしまうケースも大いに考えられます。

在籍確認があることを念頭に、申し込みのタイミングを調整することもカードローン審査時間短縮においては重要なポイントになるでしょう。

ダイレクトワン審査落ちの原因とその後の対策

ダイレクトワン 審査落ち

ダイレクトワンのみならず、カードローン各社は基本的に審査基準を明示していません

が、当然審査基準は存在し、金融業者ごとに異なります。

ここからはダイレクトワンに審査落ちしてしまう原因を解説していきたいと思います。

審査のポイント

審査において重要なポイントになる点はズバリ、

●信用情報

●借入状況

●収入状況

この3つが主体になると考えて良いでしょう。

信用情報

これは個人個人の「お金に関する経歴をまとめた情報」です。

クレジットカードやカードローン含めたローン各種の、いわゆる信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などをまとめた情報と考えてください。

この信用情報は金融業者に保存されている訳でなく、第三者機関である信用情報機関に保存されています。

日本では三つの信用情報機関があるのですが、ダイレクトワンは以下二つに加盟しています。

・株式会社日本信用情報機構(JICC)

・ 株式会社シー・アイ・シー(CIC)

この信用情報機関に登録されている情報を基に、融資を行っても問題ないかを判断していくことになります。

つまり、「あなたのお金に関する経歴を参考」にして「お金を貸しても問題ないか」を判断すると考えてください。

ですから、過去にローンの長期滞納や度重なる延滞、また債務整理を行っているなどの情報が認められた場合にはカードローン審査を通過することが難しくなってしまいます

信用情報は種別ごとに保存されている期間が異なりますから、過去に事故を起こしているなどの心当たりがある人は該当情報の保存期間が過ぎてからカードローン申し込みを行うのが無難でしょう。

借入状況

目安として3社以上から借入を行っている場合は「お金の管理がうまくない」とカードローン審査で判断されてしまう可能性が高くなります。

また貸金業法で「年収の1/3以上の借入は出来ない」総量規制という取り決めがある為、ダイレクトワン含む消費者金融では他社からの借入金額もカードローン審査の重要なポイントになります。

収入状況

申し込み資格にあるように、「安定した収入がある」と認めらない場合はキャッシング審査に通過する可能性もおのずと低くなるでしょう。

また、前述の総量規制の件を判断する際に年収もチェックされますので、他社から既に借入がある場合は自分の年収と照らし合わせて事前に確認しておくことをおすすめします。

ダイレクトワンでは主に上記3点が審査の柱となることが考えられます。

もちろんその他複数の情報を基にカードローン審査は進む訳ですが、この3つのポイントは必ず審査においても重要視されますので、審査落ちした場合にはまず疑うべきポイントと考えるようにしましょう。

ダイレクトワンで審査落ちしてしまった際の対処法

どのカードローンでも審査落ちする人は必ず出てきます。

ではダイレクトワンで審査落ちしたした場合はどうすれば良いのか?

カードローンでは基本的に「審査落ちの理由は告げられない」為、まずは自分で審査落ちの原因を探ると良いでしょう。

当然まずは前述した審査時の主要ポイント3つのチェックです。

借入状況と収入状況は自分で簡単に確認できますし、実は信用情報についても「本人であれば信用情報の開示が可能」です。

そして信用情報の開示により重大な問題を見つけた場合は、まずその情報の保存期間が過ぎるのを待つのが賢明でしょう。

金融事故などを起こしている場合は、ダイレクトワンに関わらずどんなカードローン審査でも通過する可能性は難しいです。

逆に審査落ちの原因を探ってみても「これだ」という問題が見つからない場合は、他のカードローン審査を検討するのもありです。

A社の審査は通らなかったが、B社の審査には通った、

こういったケースは少なからず存在しますから、ダイレクトワンの審査に落ちたからと言ってキャッシングが不可能とは限りません。

カードローン審査が不安な人におすすめの消費者金融

審査が不安な人でもおすすめのカードローン

ではダイレクトワンで審査落ちした場合も含め、カードローン審査に不安がある場合はどんなカードローンを選べば良いのでしょうか?

審査に通りたいなら消費者金融がおすすめ

銀行カードローンの場合、「契約者が万一返済を延滞した場合に代弁する保証会社」がついています。

そして審査についてもこの保証会社のカードローン審査を受ける必要があります。

その為、当然「貸す側のリスクが高くなる」可能性はアップすると考えるのが自然で、 審査そのものにも影響が出ないとは考えにくいのが正直なところです。

ですから審査に不安がある方には、保証会社のカードローン審査を受けなくても良い消費者金融をおすすめします。

おすすめの消費者金融をデータや概要で比較

おすすめの消費者金融3社として、「プロミス」「アコム」「アイフル」をピックアップしてみましたので、まずはデータとそれぞれの特徴を見ていきましょう。

審査通過率

カードローン審査通過率
プロミス42~45%
アコム45~49%
アイフル44~49%

審査通過率について大きな開きはないものの、やはり金融業者ごとに率の違いはデータにも表れています。

ただ、信用度が低い場合は「限度額10万円」など、ある程度のリスクを考慮した融資となっている例も少なくないようです。

概要

カードローン実質年率最高限度額最短融資無利息期間
プロミス年4.5%~年17.8%500万円最短1時間30日間無利息※③※
アコム年3.0%~年18.0%800万円最短1時間最大30日間無利息
アイフル3.0%~18.0%800万円最短1時間融資初回限定30日間

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

三社とも最短一時間で融資まで、というスピードが魅力です。

また、無人契約機の設置も多いため、近くに店舗がなくとも郵送などの手間をかけずに契約まで終えられるところはダイレクトワンにはない大きなメリットと言えるでしょう。

他にも無利息期間や金利の低さなど、ダイレクトワンと比較して優れているところが多いのがこの三社。

特にプロミスは「早さ」と「安心感」「信頼性」において定評があり、老若男女を問わずおすすめのカードローンと言えるでしょう。

ダイレクトワンの審査落ちまとめ

ダイレクトワンでカードローン審査に落ちた場合でも、人によっては別のカードローンを利用できる可能性は残されています。

重大な問題を抱えている場合は別ですが、ある程度審査落ちに関するセルフチェックは出来るはずですので、今後のために自身の債務状況や借入状況は定期的に把握しておくと良いでしょう。

キャッシング利用はあくまでも計画的に行うのが一番重要。

無理のない範囲内で正しくカードローンを利用できるよう、日頃から心がけておきたいものです。

関連記事