カードローン審査を徹底解説!

審査に通るカードローンキャッシングカードローンキャッシングを徹底比較!!即日融資、多重債務のおまとめ、高金利でつらい…など、あなたのお悩みを即座に解決!

アイフルのカードローンatmを徹底調査!

アイフル イメージ

大手消費者金融として、テレビCMなどでも露出の多いアイフル。

スピーディな対応ときめ細やかなサービスが魅力のカードローンです。

さて、そんな消費気金融を代表するアイフルですが、キャッシング時に多くの人はATMを利用するでしょう。

昔と違って、カードローンも様々な企業と提携を取るようになったおかげで、コンビニや金融機関、各地店舗など、ATMを使ってキャッシングできる場所も増えました。

それでもカードローンごとにATMの数や設置場所、利用手数料などが異なるは確かです。

そこで今回は「アイフルのATMについて、設置場所、利用可能時間、利用手数料」などの情報をまとめました。

なるべくお得にアイフルを使う上での参考情報も盛り込みましたので、すでにアイフルを利用している方もこれから利用を考えている方も、ひととおりチェックしてみてください。 公式サイトはこちら

アイフルのカードローンとは?

各社の競争が激しくなってきたことで、カードローンもそれぞれの明確な違いを見つけるのが難しくなってきました。

実際、「どこを選んでもそんなに変わらないんじゃない?」なんてイメージを持ってる方もいらっしゃるでしょう。

そこで、まずはアイフルに関する基本情報を紹介しつつ、その特徴やメリットをまとめていきたいと思います。

  • アイフル

    アイフル バナー
    実質年率最高限度額審査時間最短融資
    3.0%~18.0%800万円最短30分最短1時間融資
    アルバイト収入証明書不要事前診断無利息期間
    可能50万円まで※①簡単1秒診断初回限定30日間

    大手消費者金融では珍しく大手メガバンク系列に属さず、独自路線を貫いてきたのがアイフルの特徴で、独自のスコアリングシステムによる与信ノウハウを有しています。

    ちなみにアイフル(AIFUL)という社名は、Affection(愛情)、Improvement(努力)、Faithfulness(誠実)、Unity(結束)、Liveliness(活気)のイニシャルをつなげたものとなっており、独自路線を貫きつつも東証一部上場するなど、十分にその実績を証明してきました。 カードローン自体のクオリティも他には負けていません。

    最短30分の審査、即日融資にも対応など、お急ぎの方にとってはぴったりのカードローンであり、なおかつプライベートへの配慮も厚いのが特徴です。

    例えば、「配達時間えらべーる」サービスでは、指定の時間帯にご自宅でカードが受け取れたり、逆に自宅以外での受け取りを希望する際は無人契約でんわBOXでのカード受け取りも可能です。

    さらに契約後の待遇も魅力的で、最大30日間の無利息サービスを用意。

    返済時は、希望するなら支払期日3日前などにメールで知らせてくれるサービスも用意されており、支払い忘れ防止にも役立ちます。

    トータルで見ると、審査、キャッシング、返済と、全体を通して利用者目線に立った細やかなサービスが魅力的なカードローンと言えるでしょう。

    使いやすさに優れたカードローンのため、もちろん初めてカードローンを利用する方にもおすすめです。

    ≪貸付対象者(申し込み条件)≫

    満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
    ※なお、お取引期間中に満70歳になられた時点で新たなご融資を停止させていただきます。

    アイフルの公式サイトでは事前に融資可能かを診断できる「1秒診断」が用意されています。

    年齢、雇用形態、年収、カードローン他社借入状況の4項目を入力するだけで、簡易的な審査診断を受けられます。

    審査に不安のある方は、試しに事前診断を受けて目安を確認しておきましょう。

    公式サイトはこちら

アイフルのカードローン審査はどうなの?

審査基準について、これはどんなカードローンにも言えることですが、「この条件を満たしていれば審査に通る」という明確な条件を案内することは出来ません

なぜならカードローンではすべての金融業者で審査基準が公表されておらず、審査結果の詳細を知ることもできないからです。

しかし、カードローンでは各社審査通過率をIR情報として公表しており、カードローンごとの審査通過率を私たちでも知ることが出来ます。

この審査通過率を見る限り、大手消費者金融は40%台の通過率、銀行カードローンは40%を下回る通過率にある傾向が高く、審査に通りたい人にとっては消費者金融が向いているのがよく分かります。

参考までに大手消費者金融の審査通過率をご覧ください。

カードローン審査通過率
プロミス42~45%
アコム45~49%
アイフル44~49%

アイフルだと申し込み者の4割強が少なくとも融資を受けているのが分かりますね。

ただし、カードローンでは審査だけがすべてではありません。

審査が比較的厳しい銀行カードローンでは「金利が低い」などのメリットが備わっていますので、個人個人で優先したいポイントを基準としてカードローン選びを行うと良いでしょう。

アイフルの審査ポイント
アイフルの審査では独自のスコアリングシステムに基づいて、融資の可否や条件が決定されます。
利用する側としては、「いかにマイナス査定を抑えられるかがポイント」だと考えてください。

その理由として、まず第一にカードローンは=お金の貸し借りに関する契約のため、「信頼性の低い人は融資されにくい」傾向が高まるからです。

実際に自分が他人にお金を貸すとしたらどうでしょうか?

・収入が多い人
・貸したお金をしっかり返す人

上記2点を比較した際、お金を貸しても大丈夫だと判断しやすいのは後者の「貸したお金をしっかり返す人」のはずです。
それも当然の話で、お金を貸す側からすれば「いくら収入があるか?」ではなく、重要なのは「お金を返すかどうか」。
もちろんある程度の収入があるのは最低条件ですが、あくまでアイフルの審査においても「お金を返すかどうか信用性が十分でない人」は審査通過が難しくなると覚えておきましょう。

具体的な例として以下をご覧ください。

・過去に支払いを長期延滞している
・度々支払い期日を遅延している
・自己破産記録がある
・規約違反があり、過去に契約を強制解約されている
・申し込み時に虚偽の申告をした

上記のような記録が信用情報や申告時の内容から発覚すると、「信用性が低い」と判断され、審査通過が難しくなります

また、査定でマイナスと判断されやすいポイントとして以下のような点も挙げられます。

・収入が不安定(日雇いや完全歩合制など)
・勤続年数が極端に短い
・他社借入件数が多い(目安として3件以上は厳しい)

そして最後にもうひとつ。
アイフルは消費者金融ですが、消費者金融は貸金業法という法律に則って運営がなされており、その中の「総量規制」にひっかかり審査に落ちてしまうパターンがあります。

総量規制とは、「年収の1/3以上の融資を規制する取り決め」のことで、アイフルでは年収の1/3を超える融資は行えません
そのため、年収の1/3以上の限度額が設定されないだけでなく、他社からの借り入れがすでに年収の1/3を上回っている場合、アイフルからの融資は受けられません。(おまとめローンなどは例外)

他社借入がある人はこの総量規制にも注意し、事前に年収と借入額のバランスを確認しておくようにしましょう。
公式サイトはこちら

アイフルの提携ATMの設置場所は?

アイフルはメガバンク系列の消費者金融ではありませんが、様々な店舗、金融機関と提携を結んでいるため、各所でATMの利用が可能です。

自社ATMや提携ATMの設置場所をはじめとした詳細情報について、ここから種類別に解説することにしましょう。

アイフルのATMの設置場所

アイフルATMを探す際は基本的に、アイフルの店舗や無人契約ルームを探しましょう。

これらの場所にはATMも併設されており、キャッシングや返済の手続きが可能です。

※ATMが設置されていないところもあります

ちなみにアイフルATMは現時点(2018年3月8日)で、全国に450か所以上存在しています。

提携ATMの設置場所

アイフルの提携ATMについて、利用可能な場所について一覧で記載していきます。

■セブン銀行※1

■E-net※2

■ローソンATM※3

■三菱UFJ銀行

■イオン銀行

■西日本シティ銀行

■福岡銀行

■親和銀行

■熊本銀行

■Famiポート

■Loppi

※1 セブン銀行ATMは、セブンイレブンやイトーヨーカドー等へ設置されているATMです。

※2 E-netはファミリーマート、サークルKサンクス、スリーエフ、デイリーヤマザキ、ポプラ、ミニストップ等に設置されているATMです。

※3 ローソンATMは、ローソンやナチュラルローソン等に設置されているATMです。

提携ATMの注意点

・提携先CD/ATM(マルチメディア端末含む※)にて、お取り引きの都度、手数料が発生します。
※Loppi・Famiポート
・出金時の手数料は、次回入金時にご精算いただきます。
・一部お取り引きの内容により、手数料をご負担いただかない場合もございます。
公式サイトはこちら

アイフルのATMの利用時間は?

ATM利用時には、「時間外で取扱いできなかった」「手数料が高い時間帯だった」などの場面に直面することがありますよね。

利用時間によって機能の制限や手数料が変わるのがATMの特徴ですが、まずアイフルの自社ATMは利用可能時間が7:00~23:00になっているところがほとんどです。

深夜帯は自社ATMではなく、コンビニなどの他の提携ATMを利用するのが無難です。

ただし、提携ATMに関しては、提携先金融機関・ATM設置先店舗などにより利用時間が異なります。

時間を確認したい場合は、各金融機関や設置場所店舗に直接お問い合わせしましょう。

≪ATM検索について≫
アイフルの公式サイトでは、「近くのアイフルATMを探す」機能が用意されています。

地図や住所、駅名で該当場所のATMを検索出来すので必要に応じて活用しましょう。
公式サイトはこちら

ATMでキャッシングしたら手数料はかかるの?

ATM時に多くの方は手数料を気にするのではないでしょうか?

銀行口座から入出金などに関しても、なるべく金融機関のATMを利用するなど、手数料を抑えるための工夫をしている方も多いかと思います。

もちろん手数料については、アイフル利用時にも出来るだけ抑えたいと考えるのが普通です。

アイフルが利用できるATMの手数料について下記にまとめました。

自社ATMの場合

利用手数料は無料でご利用いただけます。

提携ATMの場合

取り引きの都度、手数料が発生します。

※出金時の手数料は、次回入金時に清算

詳細は以下をご覧ください。

取引金額1万円以下:入金・出金時に108円
取引金額1万円超:入金・出金時に216円

ご覧の通り、手数料を抑えたいならアイフルの自社ATMがお得です。

ATMの利用可能時間を確認したうえで、近くにアイフルATMがある場合はキャッシング・返済時に利用すると良いでしょう。

アイフルのATMに関する解説まとめ

ここまで、アイフルのATMに関する情報を中心に紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

最後に改めて、押さえておきたいポイントをまとめておきますので確認しておいてください。

●アイフルの自社ATMを使いたい時は無人契約ルームや店舗を探す
●ATMを検索したい時は公式サイトの検索機能を活用
●自社ATMなら、入金・出金時の手数料が無料

ATMの情報をトータルしてみる限り、アイフルは十分に使い勝手の良いカードローンと言えそうです。

と言ってももちろんATMだけでカードローンの良し悪しを判断するのは難しいでしょうから、審査の特徴や商品そのもののメリットを確認したうえで、自分に合ったカードローン選びの参考にしてみましょう。公式サイトはこちら

関連記事