カードローン審査を徹底解説!

審査に通るカードローンキャッシングカードローンキャッシングを徹底比較!!即日融資、多重債務のおまとめ、高金利でつらい…など、あなたのお悩みを即座に解決!

アコムの店舗はどこにある?営業時間や申し込み方法なども確認!

「は・じ・め・てのアコム♪」のフレーズははテレビコマーシャルでもおなじみ。

消費者金融の中でも指折りの人気と実績を誇るアコムは、審査・融資スピードに優れ、またスマホでも使いやすいカードローンとして若い世代にも人気のカードローンです。

そんなアコムをはじめとしたカードローンに申し込む際や融資を受ける際、直接店舗に出向く方もいらっしゃるでしょう。

最近のカードローンは無人契約機やATMの数も増えてきましたし、誰にも会わずに申し込み手続きやキャッシングを行いやすくなりました。

実際、店舗の数や利用時間などはカードローンの使い勝手にも影響を及ぼすポイントです。

そこで今回は「アコムの店舗がある場所や利用時間、使い方、申込方法詳細」などに関する情報をまとめることにしました。

他のカードローンと比較する意味でも、一通りチェックしてみてはいかがでしょうか。 公式サイトはこちら

アコムの基本情報

アコム 基本情報 審査

知名度自体はかなり高いと予想できるアコムですが、商品そのものの概要やカードローンとしての特徴は良く分からない…という人も多いかもしれません。

実際、カードローン業界全体の競争が激しくなり、総量規制などの法律上の規制が課されるような影響もあり、カードローンごとの明確な違いを見出すのは難しくなってきました

それでも、詳しい部分までそれぞれのカードローンを知っていくと、様々な違いがあることに気づけます。

ここではまず、アコムの基本情報を紹介した上で、特徴や審査情報を解説することにしましょう。

  • アコム

    アコム
    実質年率最高限度額審査時間最短融資
    年3.0%~年18.0%800万円最短30分最短1時間
    アルバイト収入証明書不要事前診断無利息期間
    可能※①簡単3秒診断最大30日間無利息

    アコムの始まりはもともと呉服店にルーツを持ち、1948年に質屋を始めたことをキッカケに貸付事業を開始しました。

    現在のアコムが設立されたのは1978年で、そこから2008年には三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり大きく信頼感をアップさせ、現在では売り上げ規模で、消費者金融業界第2位に位置する大手カードローンに成長を遂げました。

    提供するカードローンの特徴は何と言ってもそのスピード。

    審査は最短30分、融資は最短で1時間と業界トップクラスのスピードを誇り、お急ぎの際にもぴったりのカードローンです。

    また、アコムを初めて利用する方への特典として、30日間の無利息サービスが用意されている点も特徴です。

    【30日間金利0円サービスの概要】
    ■サービス内容
    ご契約から30日間は金利0円でお借入していただくことができるサービスです。
    「ご契約日の翌日」から30日間が金利0円適用期間となります。

    ■サービスの対象条件
    次の条件をすべて満たしたお客さまに適用いたします。
    ・アコムでのご契約がはじめてのお客さま
    ・返済期日「35日ごと」でご契約されたお客さま
    ※アコムが不適当と判断した場合は対象外となる可能性があります。
    ※無担保カードローンが対象です。その他の契約(クレジット・借換えローンなど)は対象外となります

    ■金利0円適用期間について
    「ご契約日の翌日」から30日間が金利0円適用期間となります。「お借入日の翌日」ではございませんのでご注意ください。
    ※金利0円適用期間終了の翌日から通常金利(貸付利率[実質年率]3.0%~18.0%)が適用されます。
    ※金利0円適用期間中のご返済金額は、全額元金のご返済に充てさせていただきます。 ただし、ATM等手数料があった場合は、「ATM等手数料」「元金」の順に充当します。

    スピードに優れ、またカードローンの中でも数少ない無利息サービスを提供していますので、使い方次第では他のカードローンにはないメリットを受けられると言えるでしょう。

    公式サイトはこちら

アコムの審査について

既に紹介した通り、アコムの審査はスピード感に長けており、最短30分で完了するのが魅力です。

しかしながら審査スピードが速いからと言って、審査に通りやすいとは限られません。

どんなカードローンでも明確な審査基準は公開していないと言えど、「最低限の融資のための条件」は存在しているため、重大な問題を抱えている場合はすべてのカードローンで審査に落ちてしまう、ぐらいに考えておいた方が良いでしょう。

ただし、数あるカードローンの中でもアコムは公開されている審査通過率が高いレベルにあるカードローンなのは確かです。 特に銀行カードローンと比較すると、審査通過率が10%以上違う場合もありますので、審

査に不安のある方にとってはおすすめのカードローンと言えるでしょう。

ではこれらの点を踏まえたうえで、アコムの審査基準について解説していきたいと思います。

まずは以下項目に目を通してください。

≪審査に落ちてしまうのはこんな人≫
1.金融事故を起こしている
2.他社からの借入件数が5件以上
3.総量規制に抵触している
4.収入が不安定

上記はアコムの審査で落ちやすい人の特徴をまとめたものですが、順に解説していきましょう。

■1.金融事故を起こしている

お金の貸し借りは信用第一です。

カードローンではその信用性を図るために、外部機関にて保存されている信用情報がチェックされます。

これはクレジット・ローン関係の申し込み履歴や契約内容、支払い記録などがまとめて記録された情報で、お金に関する信頼性を図るうえでは欠かせない判断材料となります。

当然信用情報の中で、マイナス要素が見つかると審査には不利に働くわけですが、以下のような金融事故を起こしている履歴が見つかった場合、審査通過は非常に厳しくなると考えておきましょう。

・長期延滞記録(2、3カ月以上の支払い延滞)

・債務整理記録

・自己破産記録

・代位弁済

・強制解約

これらは「借りたお金、支払うべきお金を返さない」「契約に反した行いをする」利用者だと暗に示した記録と言えますので、審査通過には非常に不利に働きます。

なお、信用情報内の登録内容は一定期間を超えると消える仕様となっていますが、アコムの社内情報はアコム内に長期保存されている可能性がありますので、アコムで何かしらの問題を起こしていた場合は新規契約が難しくなると覚えておきましょう。

■2.他社からの借入件数が5件以上

他社借入そのものには問題ありません。

問題となるのは件数が多すぎる場合、3件以上から審査に不利に働く可能性が増し、5件以上でかなり厳しくなると考えてください。

借り入れ件数が多い場合は、少しでも他社借入を完済した上でのお申し込みがおすすめです。

■3.総量規制に抵触している

こちらも他社借入に該当するのですが、総量規制とは貸金業法内の「年収の1/3を超える融資を行ってはならない」旨の取り決め(他社借入も合算して計算)を指しています。

アコムは貸金業者ですので、上記総量規制が課される対象となり、新規申込者が既に他社から自身の年収の1/3を上回る借入を行っている場合、新たにお金を貸せません。

もちろんこれは借入件数に関わらず判断されますので、アコムに申し込む方は事前に年収と他社借入額の割合を確認しておきましょう。

■4.収入が不安定

アコムの利用にはまず、「働いて収入を得ていること」が絶対条件です。

その為無職ではもちろん融資を受けられず、収入が不安定な場合にも審査に落ちてしまう可能性があります。

例を出すと、日雇い労働のため毎月の収入にばらつきがある、給与が完全歩合制で収入額が不安定、などというパターンでしょうか。

収入形態や収入を得る時期が不安定な場合などは、申し込み前にアコムに直接確認しておくことをおすすめします。

以上が特にアコムの審査で注目しておきたいポイントです。

ただし、あくまでカードローン審査は申込者の自己申告内容を含め、総合的判断の元に行われますので、前述した条件に該当しないからと言って必ずしも審査に通るとは限らないことは覚えておきましょう。 公式サイトはこちら

アコムの店舗・自動契約機・ATMがある場所

アコム 店舗 場所

申し込みや審査時の手続きにあたり、店舗や無人契約機を利用する人はどのようなカードローンでも多いでしょう。

店舗や無人契約機ではその場でカード発行、キャッシング可能なカードローンも少なくない為、スムーズに融資を受けたい人にはおすすめです。

ここではアコムの店舗がある場所の詳細についてまとめていきたいと思います。

店舗窓口

カードローンはその性質上、誰にもバレズに利用したい人が多い商品ですが、直接相談出来てなおかつ各種手続きが可能な有人店舗はやはり便利な存在です。

アコムでも店頭窓口は22店舗設置(2017年3月12日現在)されていますので、必要に応じて利用しても良いでしょう。

≪お客様サービスプラザ一覧≫

・札幌駅前支店
・仙台駅前支店
・宇都宮駅前支店
・大宮西口支店
・津田沼支店
・西新宿支店
・渋谷ハチ公前支店
・池袋西口支店
・立川支店
・相鉄横浜駅前支店
・川崎駅前統括支店
・新潟支店
・静岡駅前支店
・名古屋駅前支店
・京都駅前支店
・天王寺統括支店
・梅田支店
・三宮支店
・八丁堀支店
・松山市駅支店
・福岡天神支店
・小禄支店

北は北海道から南は沖縄まで、全国に店舗窓口は設置されていますが、いずれも都道府県の中心部に店を構えているところが多いようです。

対象者は限られるでしょうが、アクセスが良いのであればスムーズに申し込みや融資契約を進めるために店舗の利用を検討してみてください。

自動契約機(むじんくん)・ATM

■自動契約機(むじんくん)、自社ATMについて

自動契約機はスムーズに申し込みしたい際や誰にも顔を合わせずカードローンに関する手続きを行いたい時に重宝される場所です。

事実、ここ最近ではどのようなカードローンでも、有人店舗より圧倒的に無人契約機のほうがニーズが高く、設置数でも無人契約機がほとんどの割合を占めている状態になります。

アコムの場合、無人契約機である「むじんくん」は現時点で全国に1,000台以上

有人店舗窓口の数が22店舗であることを考慮すると、ほとんどの人がむじんくんを使って申し込みや契約手続きを行っていると言えるでしょう。

また、アコムの自社ATMについてはほとんどがむじんくんや有人店舗に設置されていますので、自社ATMを利用したい場合はアコムの店舗を探すと良いでしょう。

■提携ATMについて

アコムではコンビニや金融機関など、全国各地で提携ATMによるキャッシングや返済が可能です。

提携ATM一覧については、下記をご覧ください。

■三菱UFJ銀行

■セブン銀行※1

■E-net※2

■ローソンATM※3

■ゼロバンク※4

■イオン銀行

■北海道銀行

■北陸銀行

■東京スター銀行

■八十二銀行

■第三銀行

■広島銀行

■西日本シティ銀行

■福岡銀行

■親和銀行

■熊本銀行

■クレディセゾン

※1 セブン銀行ATMは、セブンイレブンやイトーヨーカドー等へ設置されているATMです。

※2 E-netはファミリーマート、サークルKサンクス、スリーエフ、デイリーヤマザキ、ポプラ、ミニストップ等に設置されているATMです。

※3 ローソンATMは、ローソンやナチュラルローソン等に設置されているATMです。

※4 愛知県、岐阜県のゼロバンクATMのみご利用可能です。

提携ATMの注意点

※ATMが設置されていない店舗もありますのでご注意ください。
※提携先金融機関・コンビニエンスストアのATMによって、1回あたりに取引(お借入・ご返済)できる金額・紙幣枚数が異なります。
※毎週月曜日 午前1:00〜5:00の間は定期点検のため、ご利用いただけません。
※セブン銀行のATMは23:50~0:10の間、イオン銀行のATMは23:45~0:10の間は、ご利用いただけません。

ご覧の通り、提携ATMの数は非常に豊富ですが、キャッシング、返済時にはATM利用手数料が発生します。(108円or216円) その反面、自社ATMでは利用手数料が発生しない為、手数料を抑えたいのであれば、アコムの店舗を探すようにしましょう。 公式サイトはこちら

アコムの店舗・自動契約機(むじんくん)・ATMの営業時間は?

アコム 店舗 むじんくん 営業時間

店舗での申し込みや契約手続きは確かに手間や時間を省くうえでは効率的ですが、営業時間によっては利用が向いていない人も出てくるでしょう。

アコムの店舗やむじんくん、またATMの利用時間について、ここからは詳しく紹介したいと思います。

店舗窓口の営業時間

アコムの店舗窓口の営業時間は全国例外なく、「平日09:30~18:00、土日祝日休み」に統一されています。

自動契約機(むじんくん)・ATMの営業時間

アコムの自動契約機「むじんくん」の営業時間は、ほぼすべての場所で「曜日に関係なく08:00~22:00」となっています。

※場所によっては営業時間が若干異なる店舗も存在します。

※年中無休ですが年末年始は除きます。

次にアコムの自社ATMについてです。

現在、アコムでは借り入れ・返済が出来る自社ATMが1036件存在しますが、24時間営業のATMはそのうち931店舗となっています。

※2017年3月16日現在

※毎週月曜日 午前1:00〜5:00の間は定期点検のため、ご利用いただけません。

つまり、自社ATMのうちおよそ9割のATMが24時間利用できる計算になりますね。

ちなみに提携ATMの利用可能時間、営業時間については設置先施設、提携ATMにより異なりますが、気になる場合は直接店舗などにお問い合わせいただくか、各銀行のホームページなどでご確認ください。

毎週月曜日1:00~5:00の間は定期点検のため、アコムATMならびに提携ATMはご利用いただけません。 公式サイトはこちら

お申し込み方法や必要書類について

アコム 申込方法 必要書類

コンビニや金融機関のATM、また振込みでのキャッシングなどが定着した最近のカードローンにおいて、あえて店舗やむじんくん探して利用する人の多くは「申し込みや審査時の手続きのため」に利用するのが目的ではないでしょうか。

店舗やむじんくんでは一から申し込み手続きが可能なだけでなく、その場で必要書類の提出やスムーズにいけば融資契約まで行えるため、急いでいる人、なるべく手間をかけずにキャッシングしたい人からは未だに需要が高いのも事実です。

そこでここからは「アコムの申し込みに関する基本情報」をまとめていきたいと思います。

今後アコムの店舗に出向いて申し込みや審査の手続きを行う際、参考になる情報をまとめましたのでひと通りを通してみてください。

お申し込み資格

お申し込み資格とは簡単に言えば、「融資を受ける為の最低条件」と考えてください。

つまり、カードローン各社が定めているお申し込み資格やお申し込み条件を満たしていなければ、審査動向の前に融資は受けられないと言えます。

ただし、審査基準と異なりお申し込み資格は各社公式情報として公表していますので、事前にチェックしておけば安心でしょう。

アコムではこのお申し込み資格について、「貸付対象者」という名目で条件が融資の最低限条件が公表されています。

貸付対象者:20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

内容はいたってシンプルで、具体的な条件は年齢と収入に関してです。

年齢は見たまんまですが、収入に関してはあくまで「安定」という条件が付いているため、収入面で安定性に欠ける場合は注意が必要です。

例えば、歩合性のため毎月給料が全く異なる、日雇い労働のため収入額が不安定、などというパターンなどですね。

ご自身の収入面の安定性に関して不安のある方は、事前にアコムへ相談してみると良いでしょう。

必要書類

カードローンでは申し込みおよび、審査手続きに際して、いくつかの書類を用意しなければなりません。

もちろんこれはWEBで申し込みをしようと、店舗でしようと郵送でしようと同じことです。

申し込み方法によって必要書類が免除されるなどということはありませんので、事前に確認しておくのが無難でしょう。

ではアコムの必要書類一覧を紹介します。

本人確認書類

お申し込みには、本人確認書類が必要です。運転免許証(交付を受けていないお客さまは個人番号カードや健康保険証等)をご用意ください。

≪顔写真がない書類、または書類の住所が現在お住まいの住所と異なる場合≫

現在お住まいの住所が記載された以下のいずれかの書類もあわせてご用意ください。 ※ただし、確認時に発行日または領収日から6ヵ月以内のものに限ります。

・住民票

・公共料金の「領収書」(電気、ガス、水道、固定電話、NHKのいずれか1つ)

 ※携帯電話の領収書は不可

・「納税証明書」

収入証明書類

以下の証明書より1点をご用意ください。

※入社が前年1月以降の方は、原則直近の給与明細書2ヶ月分をご提出ください。

・源泉徴収票

 ※「最新年度(証明年度が前年度分)」が記載されているもの

 ※ご本人様のフルネームが記載されているもの

 ※支払金額(年収額)が鮮明に記録されているもの

 ※現在のお勤め先が記載されているもの

・給与明細書(直近1ヵ月分(※住民税(地方税)の記載がない場合は直近2ヵ月分))

 ※「直近の年月」のもの

 ※ご本人様のフルネームが記載されているもの

 ※支払総額が鮮明に記録されているもの

 ※現在のお勤め先が記載されているもの

・市民税・県民税額決定通知書

 ※「最新年度(証明年度が前年)」のもの

 ※ご本人様のフルネームが記載されているもの

 ※「収入金額」「所得金額」が鮮明に記録されているもの

 ※「発行日」「発行元」が記載されているもの

・所得証明書

 ※「最新年度(証明年度が前年)」のもの

 ※ご本人様のフルネームが記載されているもの

 ※「収入金額」「所得金額」が鮮明に記録されているもの

 ※「発行日」「発行元」が記載されているもの

・確定申告書・青色申告書・収支内訳書

 ※「最新年度(証明年度が前年)」のもの

 ※ご本人様のフルネームが記載されているもの

 ※「収入金額」と「所得金額」が鮮明に記録されているもの

 ※電子申告(e-tax)の場合は、税務署の受付日時が記載されているもの

 ※税務署受付印の押印または、税理士名が記載されているもの

 ※個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工してご提出ください

書類提出時の注意点
※書類に個人番号(マイナンバー)、本籍地が記載されている場合は、個人番号、本籍地を隠す(塗りつぶす)など、写らない状態にしてご提出ください。
※カメラで書類を撮影される場合は、はっきりと写っているか、今一度ご確認をお願いします。
※預貯金口座振替をご希望されるお客さまは引落口座がわかるものおよび、その口座の届出印をご用意ください。
※ご提供いただいた収入証明書(写し)の記載内容が、判読困難な場合や受信不良等の際は、アコムより確認の連絡や再提供をお願いされる場合があります

なお、収入証明書類は提出の必要がない場合もありますが、審査の進み具合によっては提出を求められる可能性もあります。

様々な状況を想定して、事前に用意できるか確認しておくのが賢明でしょう。

お申し込み方法一覧

ひとりひとりの希望に合わせて、アコムのお申し込み方法は5つの中から選択することが出来ます。

中でも最短での融資を希望するなら、おすすめは自動契約機もしくは店頭窓口での契約

申し込みは事前にWEBなどで済ませておき、その後自動契約機または店頭窓口の営業時間中に「申込み~カード発行」の手続きを完了させられれば、その場でキャッシングが可能です。

少しでも早く融資を受けたい場合は店舗やむじんくんの利用を検討すると良いでしょう。

ではこれを踏まえてアコムでの申し込み方法一覧を見ていきましょう。

スマホ・ケータイ

スマホ・ケータイでお申し込みから契約まで完結する方法も選択できる(あくまで希望次第)ため、来店不要で融資を受けることも可能です。

また専用アプリを使えば、本人確認書類の提出が簡単に行えるため、手軽に申し込み手続きをしたい人、時間や場所を選ばずに申し込みしたい人などに人気の方法です。

パソコン

こちらもお申し込みから契約までWEBで完結する方法を選択できますので、来店不要で契約したい人にはおすすめ。

その際には、ネットから即日振込によるお借入も可能です。

店頭窓口・むじんくん

最短30分でカード発行出来るのが特徴です。

また、申し込み者の疑問やご相談に、その場で担当者が丁寧に答えてくれるで、はじめての人でも安心して申し込みが行えます。

電話

24時間365日対応可能なため、外出先からのお申し込みや急ぎの場合にはおすすめです。

郵送

「近くにアコムがない」「じっくり検討して申し込みたい」といった方には郵送もおすすめです。

ただし、書類のやり取りに郵送を用いるため、申し込みから融資まである程度の時間がかかるのは前もって把握しておきましょう。

店舗・むじんくん利用時の注意点
曜日に関わらず、店舗・むじんくんは夜間営業していません。
その他の申し込み方法とは違い、営業時間を計算した上で申し込みの手続きを行いましょう。
公式サイトはこちら

アコムの店舗に関する情報まとめ

ここまで、アコムの店舗に関する情報をまとめてきましたがある程度把握できたでしょうか?

むじんくんやATMの数が豊富なアコムは、利便性の面において数あるカードローンの中でもトップレベルにあることは確かです。

特に早めに融資を受けたい人の場合、店舗やむじんくんを活用することで即日融資も可能ですから、まずはお近くの店舗・むじんくんを探してみてはいかがでしょうか?

申し込みのポイントを予め抑えたうえで、スムーズに申し込み、審査を進められるよう備えておきましょう。 公式サイトはこちら

関連記事