カードローン審査を徹底解説!

審査に通るカードローンキャッシングカードローンキャッシングを徹底比較!!即日融資、多重債務のおまとめ、高金利でつらい…など、あなたのお悩みを即座に解決!

アコム申し込み時の必要書類は?収入証明書の有無も合わせてチェック!


「は・じ・め・てのアコム♪」

誰でも一度は耳にしたことがあろう、このフレーズで有名なアコム。

三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融カードローンであり、当然安心感にも定評があります。

ただ、アコムでキャッシングを利用するには審査に通過しなければいけません。

当然審査には必要となる書類もあったりと、こちら側の準備も必要になります。

今回はアコムに申し込む際の必要書類の詳細、また収入証明書に関する詳しい情報をまとめてみました。アコムのカードローンを検討している方は、ぜひ事前にチェックし準備を整えておくようにしましょう。


公式サイトはこちら

アコムのお申し込み資格を事前にチェック

ではまず、基本の基本からです。

キャッシングは昔と比べて確かに手間も簡素化され、利便性も格段に向上しました。

しかし、少なくとも「誰でも利用できる」ものではありません。

審査云々の話ではなく…まず大前提としてカードローン各社が設ける「申し込み資格」を満たしている必要があるのです。

この資格を有していない場合は、審査どころかお申し込みすること自体が出来ませんので必ず事前にチェックしておくべきポイントと言えるでしょう。

アコムのお申込み条件について

アコムの公式ページには以下のQ&Aが記載されています。



端的にまとめると、「20歳以上であり、安定した収入と返済能力を有する方」がお申し込み資格を有していることになります。

ちなみに「年金に関するQ&A」を見ても分かりますが、「ただ単に収入があるか」ではなく、基本的には「働いて毎月一定額の収入を得ているかどうか」が申込資格の基準になっていると言えるでしょう。

投資による不定期な収入。日雇い労働などによる単発的な収入。

こういったパターンについても、安定した収入とはみなされない可能性が大いに考えられるということです。

理由は簡単。

例えばアコムから50万円をキャッシングしたとしましょう。

しかし、初回の返済時に全額を一括返済するのはなかなか簡単ではありませんよね?

もちろん分割で返済することがアコムでは可能ですし、利用者としても分割払いを選択する人の方が多いことでしょう。

となれば貸す側として重要になるのは、「毎月の返済日に確実に返済できるかどうか?」です。

返済の元手は当然毎月の収入が基本になる訳ですから、貸す側としては「安定した一定収入が継続的にあるか」重要視するのは当然の発想と言えるかもしれません。

このように、「安定した収入」はアコムでのカードローン申し込み人に重要なポイントとなりますので、不安がある人は事前に相談しておくと良いでしょう。
公式サイトはこちら

お申し込み時の必要書類は?

キャッシング申し込みの最低条件であるお申し込み資格には問題ありませんでしたか?

お申し込み資格を満たしている場合、次は必要書類のチェックを行いましょう。

それこそお申し込み資格を満たしていても、必要書類を用意できなければ審査を受けられない可能性もあります。

各々、用意できるもの・出来ないものはバラバラでしょうから、申し込み前に確認しておくのが賢明です。

アコム申込時の本人確認書類

いたって当然の話ではありますが、「お金を貸す」という行為をする以上は、どこのだれかも分からない人間に融資することなど出来ません

申込者本人の身分を明らかにし、また間違いなく本人が自分で申し込みしている確証を得る必要があるのです。

銀行で口座を開く場合やクレジットカードに申し込む際と同様ですね。

本人確認書類にて、本人であることの整合が取れなければ当然融資は成立しない訳です。

では早速、アコム申し込み時に用意すべき本人確認書類を見ていきましょう。

以下は本人確認書類について、アコムの公式サイトに記載されている内容です。

上記を見ても分かる通り、ベストなのは運転免許証です。

正確に言えば、本人確認書類では「顔写真付きの身分証明証」が最も重宝されると考えてください。

これはアコム独自の基準ではなく、2016年10月1日以降、犯罪収益移転防止法の改正に伴い顔写真がない本人確認書類(健康保険証等)の取り扱いが一部変更になったからです。

つまり法改正に伴い、本人確認のチェックがより一層厳しくなったと考えれば良いでしょう。

消費者金融側だけでなく、あくまで「なりすまし被害」などを防ぎ、利用者を守る上でも重要なこの決定。

具体的に、顔写真がない本人確認書類にてアコムで本人確認を行う際は、「現住所が記載された以下いずれかの書類の提出」等、追加での対応を求められることがあるのを覚えておいてください。

■住民票

■公共料金の領収書:電気、ガス、水道、固定電話(携帯電話を除く)、NHK等

■納税証明書

※確認時に発行日または領収日から6ヵ月以内のものに限ります。

面倒と感じるかもしれませんが、法に則った上での対応ですので求められた場合は素直に応じるようにしましょう。

もちろん運転免許証を始めとした顔写真付きの本人確認書類を用意できる場合は、そちら用意だけしておけば構いません。

なお、運転免許証以外の顔写真付き本人確認書類で認められるかどうか不明な場合は、事前に問い合わせしておくことをおすすめします。
公式サイトはこちら

アコムでの収入証明書類の有無を確認

本人確認書類が用意できるなら、それでカードローン申し込み時の最低限の準備は整いました。

ただ、「最低限」と記載したのにはもちろん訳があり、人によっては追加で用意しなければいけない書類があります。

タイトルになっている「収入証明書類」ですね。

こちらに関して、提出が必要となるケースは金融業者ごとに異なりますが、アコムの場合はどうなのでしょうか?

具体的にチェックしていきたいと思います。

アコムにおける収入証明書類

アコムの収入証明書類に関しては、公式サイトに以下の記載が明示されています。
以下に該当するお客様は収入証明書が必要です。

●当社のご利用において50万円を超えるご契約を行うお客さま

●他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま

●既にご提出済みの収入証明書が3年以上経過している場合

3番目のケースについては、すでにアコムを利用している人に関するないようになりますので、新たに申し込むを行う際は関係ありません。

重要なのは上の2つ。

限度額(他社からの借入金額を合わせた場合含め)が一定の金額を超えると、収入証明書が必要になると分かります。

ちなみに自分が上記のケースに該当する場合、収入証明書類は原則「必ず提出しなければなりません」。

何故か?

法律で定められているからです。

アコムは消費者金融であり、貸金業法という法律に則って業務を行わなければなりません。

そしてこの貸金業法は2010年6月に改正され、「総量規制」を含む重要な取り決めが施行されるようになりました。

総量規制とは、「個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組み」のこと。

この取り決めは要するに、利用者がお金を借り過ぎて苦境に陥らないよう保護するための重要な取り決めになります。

ですから総量規制を遵守すべき消費者金融であるアコムは、融資額が「申し込み者の年収の1/3を上回らないように調査」しなければなりません。

その為、特定のケースに申込者が該当する場合は収入証明書類のチェックが必須なのです。

アコムの独断と偏見でなく、

●当社のご利用において50万円を超えるご契約を行うお客さま

●他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま

上記2点は金額も含め、貸金業法で「収入証明書類の提出を義務付ける条件」であることを覚えておきましょう。

どんなものが収入証明書類として認められる?

では具体的に、どのような書類が収入証明書類として認められるのでしょうか?

こちらについても、アコムの公式サイトに記載がありますので以下を参照してください。

雇用形態に限らず、会社や店舗に所属して働いている人の場合、最も身近なのが給与明細書でしょうか。

基本的に毎月受け取っているはずですし、たとえ紛失していたとして再発行してくれるケースも少なくありません。

ただ、給与明細を提出する場合でも以下の点には注意してください。

■「住民税(地方税)」の記載がない場合は直近2ヵ月分が必要です。(賞与明細書がある場合は直近1年分も提出)

■給与明細書に「ご本人の氏名」「発行年月」「勤務先名(発行元)」「月収」が明記されていることを確認してください。記載内容が手書きの場合、勤務先の社判または社印が必要となります。(担当印のみでは受付け不可)

■入社が前年1月以降の方は、原則直近の給与明細書2ヵ月分を提出してください

逆に自営業や個人事業主の場合は所得証明書が必要となります。

役所での手続きが必要な人は、事前に余裕を持って準備しておくようにしましょう。

なお、収入証明書類が用意できない、何をどうやって用意すれば良いか分からない、などと言った場合は遠慮せずアコムの相談窓口に聞いてみるのがベストです。
公式サイトはこちら

カードローン審査と収入証明書類の関係性

収入証明書類が必要になるケース、また必要とされる理由についてはある程度理解できたかと思います。

では前述したケース以外で、アコムにて収入証明書類を求められることはないのでしょうか?

実は・・・そうとも限りません。

審査が影響する場合も

カードローン審査の場合、申し込みのありとあらゆる情報が審査の判断材料に用いられます。

主だったものを挙げると、

属性

年齢や年収、勤務先、勤務年数、雇用形態、家族構成、他社からの借入額、住居情報など、申込者本人の基本的な情報。

返済能力や信用性を図る上で欠かせない判断材料になる。

信用情報

クレジットカード、ローン類の申し込み履歴・契約内容・支払い状況・残高など、お金に関する経歴をまとめた情報。

第三者機関である個人信用情報機関に登録されており、キャッシング審査時においても重要な判断材料となる。

返済の長期延滞、度重なる支払いの遅延、自己破産、債務整理など、いわゆる「ブラック」な情報があると審査通過は非常に難しくなる。

このようにいくつもの情報を基に審査は進んでいく為、時には申込者の収入に対するチェックが厳しくなる場合もあります。

例えば、信用情報にいくつかの問題がある人物がいたとしましょう。

ではその人物の年収について、「本人の自己申告だけで十分に信用できる」と判断するでしょうか?

場合によっては、念押しで収入の確認を行うケースが出てきても何もおかしな話ではありません。

つまり、審査状況や申込者の情報次第では、最低限の取り決め(前述した融資額の基準)とは関係なく、収入証明書類の提出を求められることもあるのです。

当然提出を拒めば審査に良い影響は与えないでしょう。自ら審査のハードルをあげてしまうと言っても過言ではありません。

カードローン審査のスピードを気にするなら尚更、素直に応じるのが得策です。

前もって自分の中で、アコムが明記している「収入証明書類が必要なパターン以外」でも、提出を求められる可能性は頭に入れておくと良いでしょう。

仮に提出を求められて疑問がある場合でも、独断で決めてしまうのではなく、窓口に問い合わせてから考えるのが最善の選択かと思います。
公式サイトはこちら

アコム申し込み時の必要書類まとめ

アコム申し込み時の必要書類の中において、収入証明書類の扱いは人によって大きく変わります。

条件に該当する場合はもちろんのこと、アコム側の判断で収入証明書類を求められることもあるでしょう。

しかし、人によっては収入証明書類の用意が難しい、何を用意すれば良いのか分らない、などというケースが出てきてもおかしくありません。

例えそんな状況になっても、大切なのは自分だけの考えで判断しないこと

事情を正直に説明すれば、解決策や今後の対応についてアコム側も親身に相談に乗ってくれるはずです。

相談すること自体にデメリットはまったくありませんから、疑問がある時、困った時は遠慮せず問い合わせてみるようにしましょう。

関連記事