カードローン審査を徹底解説!

審査に通るカードローンキャッシングカードローンキャッシングを徹底比較!!即日融資、多重債務のおまとめ、高金利でつらい…など、あなたのお悩みを即座に解決!

アコムのカードローンatmを徹底調査!

アコムはメガバンクの三菱UFJ銀行が展開するカードローンで、高い安心感はもちろんのこと、使い勝手の良さでも幅広く支持を集めています。

「は・じ・め・ての・アコム♪」のフレーズは、皆さん一度は耳にしたことがあるでしょうし、知名度も抜群です。

さて、そんなアコムを含むカードローンは時代の流れに伴い、次々と便利なサービスが提供されるようになってきました。

来店不要で契約できるだけでなく、WEB手続きのみで申し込みから融資までを完結できたり、スマホを使って必要な時に振込キャッシング依頼を行えるサービスも定着してきた印象を受けます。

特に消費者金融は素早い審査対応と、高い利便性により幅広い世代から重宝され続けるカードローンで、その中でもトップクラスの人気を誇るのがアコムです。

そこで今回は、実際にアコムと契約した後のキャッシングに関する解説記事を用意しました。

キャッシング時によく使われる「ATMの設置場所、利用可能時間、利用手数料」などについて、詳しく解説していきたいと思います。

使い勝手の良さはカードローン選びでも重要なポイントになりますので、アコムのATM関連情報について一通りチェックしてみてください。 公式サイトはこちら

アコムのカードローンとは?

数あるカードローンの中でも指折りの人気を誇るアコムですが、他社との違いとその特徴はいったいどのような点にあるのか?

基本的な商品スペックを踏まえたうえで、特に押さえておきたいポイントをまとめました。

アコムについて詳しくご存じない、という方は特にここから確認してみると良いでしょう。

  • アコム

    アコム
    実質年率最高限度額審査時間最短融資
    年3.0%~年18.0%800万円最短30分最短1時間
    アルバイト収入証明書不要事前診断無利息期間
    可能※①簡単3秒診断最大30日間無利息

    審査は最短30分、審査まで最短1時間と即日融資を希望する人に人気のあカードローン。

    30日間の無利息期間が用意されているため、短期的に利用し利息ゼロでキャッシングすることも可能です。

    契約そのものについては、誰にも会わずに手続きすることも可能。

    最短で融資を受けたい場合は事前にインターネットから申し込んでおき、店頭窓口・むじんくん(自動契約機)へ来店カード受取するか、直接店頭窓口・むじんくんにて申し込みし、そのまま契約する方法がおすすめです。

    ちなみにアコムは、消費者金融系で唯一、クレジット機能が付いたカードローンを発行しているため、クレジットカードとカードローン、両方を利用したいという人には特に人気です。

    ≪貸付対象者(申し込み条件)≫

    20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

    アコムの公式サイトでは事前診断機能として「3秒診断」が用意されています。

    年齢、年収、カードローン他社借入状況の3項目を入力するだけで、簡易的な審査診断を受けられます。

    申し込み前に審査の目安を知りたいという人は試しに受けてみるのもアリでしょう。

    公式サイトはこちら

アコムのカードローン審査はどうなの?

審査については、カードローン全体を通して各社基準を公表していないため、はっきりした目安をお伝えすることは出来ません。

ネット上を中心に、いろいろなところで「消費者金融の審査はゆるい、通りやすい」といった記載を目にするようになりましたが、どんなカードローンでも申込者のおよそ半数以上は審査に通過することが出来ていないのを覚えておいてください。

ただ、それでも審査の難易度に違いがあるのも確かです。

例えば銀行カードローンと消費者金融を比べると、全体的に銀行カードローンのほうが審査通過率が低い傾向にあります。

もちろんその分銀行カードローンは金利が低く設定されているなど利点も存在しますが、審査に不安があるのなら消費者金融を選択することをおすすめします。

その理由として、以下のデータをご覧ください。

カードローン審査通過率
プロミス42~45%
アコム45~49%
アイフル44~49%
実はカードローン会社は、カードローン審査の通過率をIR情報として公表しており、中でもアコムは審査通過率が高いのが特徴的です。 ※銀行カードローンになると、審査通過率が30%台になるところも少なくない 従って、金利や限度額より、まずは審査に通ることを優先するのであれば、アコムはうってつけのカードローンと言えます。
アコムの審査ポイント

アコムの審査で重視されるのは、以下3点になります。

属性
信用情報
他社からの借り入れ状況

まず属性についてですが、属性とは申し込み時に自己申告する、住所、年齢、勤務先情報、収入、家族構成、住居情報などの個人情報を総称したものです。
これらひとつひとつが信用性や返済能力を図る判断材料とされ、総合的に採点されるような形で審査されます。

属性の良し悪しについてですが、基本的には「お金をちゃんと返せるだけの能力と信用性があるか」が基準になり、属性を見られていると考えてください。

例えば、

・勤続年数が短いと、すぐにやめてしまう可能性もあると判断されマイナス査定
・実家で家族と同居しているともしも働けなくなっても、家族の収入が見込めるからプラス査定

こういった具合にひとつひとつの要素を前述した基準に沿って考えてみると、イメージしやすいかもしれません。

次に信用情報です。
これは簡単に言えば、過去のクレジット・ローン関連の契約や支払い履歴だと考えてください。
過去に支払いを延滞した記録などがあれば審査では当然マイナス。また、債務整理や自己破産などの事故情報も記載されますので、これら事故情報が確認された場合は審査通過が非常に厳しくなります

ただし、登録されている記載内容にはそれぞれ保存期間が設定されていますので、一定期間たつと信用情報内からは消えます。
ご自身の信用情報が気になる方は、管理している信用情報機関(信用情報機関とネット検索すれば出てきます)に自分の情報を開示するよう求めましょう。本人であれば開示手続きが可能です。
最後に他社からの借り入れ状況ですが、アコムでは借入額と借入件数、どちらもポイントになります。
というのもアコムでは、消費者金融に課された総量規制という法律上の取り決めがあり、年収の1/3以上の融資を行えない決まりがあるのです。
従って、すでに他社からの借り入れがある場合、この総量規制に抵触している限りアコムでの融資は受けられません。

また借入件数についても、総量規制とは無関係ですが、目安として3件以上の他社借入は審査に不利に働きます。 あまりにも借入件数が多いと、自分のお金を自分で管理するのが下手とみなされやすくなりますので、借入件数そのものにも注意しましょう。
公式サイトはこちら

アコムの提携ATMの設置場所は?

アコムは、メガバンク系列である三菱UFJフィナンシャル・グループに属していることもあり、提携ATMが非常に多いのが特徴です。

もちろん自社ATMも用意されていますが、金融機関のATM、コンビニ、ショッピングセンターなど、街中のいたるところでキャッシングできる点は非常に大きなメリットと言えるでしょう。

ではATMに関する詳細情報について、種類別にさらに詳しく解説していきたいと思います。

アコムのATMの設置場所

自社ATMの設置場所は基本的に無人契約機「むじんくん」やアコムの店舗がある場所になります。

こちらは全国各地に設定されており、例えば東京都内だけでも100か所以上のATMが設置されています。

ちなみにむじんくんの営業時間は8:00~22:00、店舗窓口は平日平日9:30~18:00ですが、ATM自体は24時間利用できるところも多いため、深夜や早朝のキャッシングにも対応可能です。

提携ATMの設置場所

アコムは自社ATM以外にも各所に提携ATMが設定されているため、場所を選ばずにキャッシングしたい時にはピッタリ。

以下提携ATMの詳細になりますので一通り目を通してみてください。

■三菱UFJ銀行

■セブン銀行※1

■E-net※2

■ローソンATM※3

■ゼロバンク※4

■イオン銀行

■北海道銀行

■北陸銀行

■東京スター銀行

■八十二銀行

■第三銀行

■広島銀行

■西日本シティ銀行

■福岡銀行

■親和銀行

■熊本銀行

■クレディセゾン

※1 セブン銀行ATMは、セブンイレブンやイトーヨーカドー等へ設置されているATMです。

※2 E-netはファミリーマート、サークルKサンクス、スリーエフ、デイリーヤマザキ、ポプラ、ミニストップ等に設置されているATMです。

※3 ローソンATMは、ローソンやナチュラルローソン等に設置されているATMです。

※4 愛知県、岐阜県のゼロバンクATMのみご利用可能です。

提携ATMの注意点

※ATMが設置されていない店舗もありますのでご注意ください。
※提携先金融機関・コンビニエンスストアのATMによって、1回あたりに取引(お借入・ご返済)できる金額・紙幣枚数が異なります。
※毎週月曜日 午前1:00〜5:00の間は定期点検のため、ご利用いただけません。
※セブン銀行のATMは23:50~0:10の間、イオン銀行のATMは23:45~0:10の間は、ご利用いただけません。
公式サイトはこちら

アコムのATMの利用時間は?

通常のATMでもよくある話ですが、利用時間外で取引できなかった…なんてこともキャッシングでは少なくありません。

ではアコムのATMの利用可能時間についてですが…

まず自社ATMは24時間利用可能なものが多いのが、アコムの特徴です。 またコンビニであれば、24時間利用できるところも多いため、深夜や早朝にキャッシングしたい際はこれらのATM利用を優先的に考えると良いでしょう。

ただし、提携ATMに関しては、提携先金融機関・コンビニエンスストアなどの設置先により利用時間が異なります。

気になる場合は各金融機関や設置場所店舗に直接お問い合わせしましょう。

≪ATM検索について≫

アコムの公式サイトでは、店舗・ATM検索機能が用意されています。

住所や店舗名などのフリーワード検索だけでなく、現在周辺からの検索、路線図からの検索にも対応しているため必要に応じて活用しましょう。

※24時間可能ATMや駐車場有無など、オプションを追加しての検索も可能
公式サイトはこちら

ATMでキャッシングしたら手数料はかかるの?

キャッシングにしても、通常の銀行口座からの出金にしても、ATMを使う際に気になるのが手数料

手数料が高いなら、また別の機会にしようか…、手数料が安いATMを探そうか…、なんて考える方も多いんじゃないでしょうか。

そこでアコムが利用できるATMの利用手数料に関する情報をまとめました。

自社ATMの場合

利用手数料は発生しません。

提携ATMの場合

ATM等手数料として、「契約の際に必要な印紙代」、「提携ATMをご利用された場合の利用料」、「カード再発行手数料」などが発生します。

詳細は以下のとおり。

取引金額1万円以下:借り入れ・返済時に108円
取引金額1万円超:借り入れ・返済時に216円

見てもわかる通り、自社ATMの利用であれば借り入れ及び返済時に手数料は発生しません。

時と場合によりますが、使いたい時に近くに自社ATMがあるなら、手数料を考慮して積極的に利用するのもアリでしょう。

アコムのATMに関する解説まとめ

ここまで、アコムのATMに関する情報を中心に紹介してきましたが、参考になりましたでしょうか?

最後におさらいとして、押さえておきたいポイントをまとめておきましょう。

  • 銀行、コンビニなどアコムは提携ATMが多いのも特徴
  • アコムの自社ATMを使いたい時はむじんくんや店舗を探す
  • ATMを検索したい時は公式サイトもしくはアプリ(アコムナビ)から可能
  • 手数料を抑えたいなら手数料無料の自社ATMがおすすめ
  • キャッシング時に便利なATMですが、設置数の多いアコムなら必要な時に十分対応できるカードローンと言えるでしょう。

    審査や商品そのものの特徴も踏まえたうえで、カードローン選びの参考にしてみてください。 公式サイトはこちら

    関連記事